ギフテッドアスペルガー受動型なっさんのブログ

アスペルガーとギフテッド(高IQ)の2E。mensa、ピアカウンセラー。重度の不眠症、自律神経失調症など、様々な精神的症状を独学と分析により克服。大人のアスペルガーで悩んでいたり、生きにくいと感じていたり、もっと色々知りたいって方の為の体験談ブログです。

広告

自己把握をする方法、ジョハリの窓とセルフコーチングと孫子兵法の法則

f:id:uver-growup0511:20170713210308j:plain

 

自己把握とは自分を知る事で、

一番重要な事の一つですよね。

 

 

いや〜、これがなかなか

難しいんですよねw

 

 

なっさんは元々、

アスペルガー症候群の受動型だったので、

自己把握するのにだいぶ苦労しましたw

 

出口の見えない漆黒のトンネルを

進み続けて

出口を探し当てるようなもんですよ笑

 

 

出口は見つからなかったので、

トンネルを壊して無理やり

出口に出てやりましたケドねっ!

 

 

わからない事自体がわからないという

重症人でしたので笑

 

 

しかし、今は自己把握をして

道を切り開いていってます。

 

 

そこで!

どうやったら自己把握ができるのかを

ご紹介していきますよー!

 

参考にしていただけたらと思います。

 

目次

 

 

なぜ自己把握が重要か

 

そもそも

なぜ自己把握が重要なのかですが、

必要ではなく、重要です。

必要ではないので、自己把握が

できなくても生きていけます笑

 

 

ただし、自己把握ができると自分の

道が明確になり、充実します。

だから重要なんです。

 

 

全ての物事には

孫子兵法の法則が適用できます。

己を知り敵を知れば勝てるみたいなやつです。

人間関係の構築、仕事、趣味、

何にでも適用できます。

 

自分の充実にも繋がります。

 

その為にまず、己を知る、

自己把握をするのです。

 

 

これはねぇ、

論語という本を読んで学びました。

論語の本はたくさんありますが、

なっさんはこれを読みましたよ。

 

 

 

自己把握のコツ

①セルフコーチン

 

自己把握のためには

セルフコーチングをしていきます。

自分で自分にコーチングを施す事です。

 

 

では、コーチングとは何か、

これは、自分の道しるべになるように

軸になるように、

自分を導いていく事です。

 

 

どうやるのかというと、

簡単にいうと、自問自答です。

根本的なところから

自問自答をしていくのです。

 

 

例えば、

 

Q,あなたの人生目的はなんですか?

A,幸せになる事or快適な生活を送る事

 

Q,あなたにとっての幸せ、快適な生活とは

 具体的にどういう事ですか?

 定義はなんですか?

A,人と金と時間に恵まれた人生

 

Q,それは具体的にどれくらいですか?

A,根本的な部分が似てる仲間10人以上、

 月収50万〜100万、

 一日あたりの仕事時間2〜4時間

 

Q,それはどうやって達成させるんですか?

A,人と接するのが苦手で、文章表現が得意、

 心理系、精神系が得意、根本的解決が得意、

 会社勤めが苦手。

 こういった特徴を活かしてブロガーになり、

 目的を達成する

 

 

こんな感じですねー。

 

こう自問自答して、答えを見つけていく事で

自分の軸(信念)ができ、ブレなくなります。

 

漫画ワンピースの麦わら海賊団の人たちを

イメージするとわかりやすいですね。

 

これはねぇ、なかなか大切な事に

気づかせてくれる漫画ですよね。

 

 

社会的成功者の方でも

ワンピースを愛読書にしてる人は

多いと聞きます。

人生の教科書だというくらいで、

至るところに感動場面もあって、

よくできてますよね。

 

 

もし、まだ読んでない方は

まず読んだ方がいいかもしれないです。

自己把握のイメージになります。

成功イメージがないと、

どう進んでいいかわからないですもんね。

 

 

 

ジョハリの窓

 

ジョハリの窓というのは

心理学用語で、自己把握する事を

表にしたようなものです。

 

こちらです。

 

f:id:uver-growup0511:20170815180438j:plain

 

窓が4つありますよね。

 

自分の事を自他共に

知っている部分を

開放の窓

 

自分は気付いてるけど

他人が知らない部分を

秘密の窓

 

自分が気付いていなくて、

他人が気付いてる部分を

盲点の窓

 

自分の事を自他共に

気づいていない部分を

未知の窓と言います。

 

 

開放の窓の部分の領域を広げていき、

未知の窓の部分をできるだけ

無くしていく事が自己把握になります。

 

 

なので、自分と向き合う作業と

人と向き合う作業が重要に

なってくるので、

自己把握をするためには

人と出会い、人と向き合う事も

重要になってきます。

 

気づいたところを人に言ってもらうんです。

 

 

自分には長所がない

 

自己把握をしようとしていると、

ひょっとしたら自分には長所がないと

思ってくるかもしれませんが、

そんな事はないはずです。

 

なぜなら、

長所と短所は表裏一体だからです。

 

 

例えば、なっさんの事を短所しかないように

説明してみると、こうなります。

 

会話が苦手、癖が強い、頑固、

人の気持ちが感覚でわからない。

 

 

これを長所しかないように説明してみると、

こうなります。

 

文章表現力が高い、得意分野が素晴らしい、

芯がある、

人の気持ちを頭で理解する事ができる。

 

 

これが

長所と短所は表裏一体だという事なんです。

なので、短所を把握できていれば、

長所を把握できてるようなものです。

という事で、

長所or短所の把握をしていきましょう!

 

 

まとめ

 

自己把握は全ての基本となるものと

言っても過言ではないくらい

大事なものです。

 

 

自己把握はすぐにできるようなものでは

ないので、時間をかけてでも

やっていった方がいいものだと

思います。