ギフテッドアスペルガー受動型なっさんのブログ

アスペルガーとギフテッド(高IQ)の2E。mensa、ピアカウンセラー。重度の不眠症、自律神経失調症など、様々な精神的症状を独学と分析により克服。大人のアスペルガーで悩んでいたり、生きにくいと感じていたり、もっと色々知りたいって方の為の体験談ブログです。

広告

セロトニン不足、セロトニン効果、セロトニン欠乏脳

アスペルガーの状態

 

アスペルガーの症状は

よく知られてると思いますが、

状態はあまり知られていないように感じます。

どんな状態かといいますと、

慢性的なセロトニン不足と栄養不足

だそうです。

 

 

そして、アスペルガーは脳機能障害

言われています。

 

 

f:id:uver-growup0511:20170714121450p:plain

 

 

 

セロトニン不足

 

セロトニンとは脳内伝達物質の一つで

脳内や心に平穏をもたらすものです。

これが不足するとイライラしたり、

やる気が起きなかったり、

ネガティブになったり、

感情の起伏が激しくなったりします。

 

 

特によく嫌なことが脳裏に焼付いたり、

ネガティブな思考になり、

思考癖がついたりすると思いますが、

これは脳機能障害による

慢性的なセロトニン不足が

関係していると考えられます。

 

 

 

セロトニン不足による症状の対処

 

これはセロトニンを分泌させる行動と、

イライラなどの症状を和らげる行動を

とっていく事になります。

 

 

 

セロトニンを分泌させる行動

 

  • 日光を眼球から取り入れる(太陽直視はダメですよー、日差しで十分です)
  • 思考を忘れる程の好きな感覚を見つけ、その感覚に没頭する。(なっさんの場合は天日干しした布団の匂いと、夜の静寂な海の雰囲気)(感覚と思考、どちらかしか没頭できない)
  • 普段の動きや仕草を緩やかにする。(アスペの人は急行動を取りやすい)(立ち上がり、歩行、呼吸など)
  • 音楽、映画、アニメ鑑賞をする時は音量をできるだけ小さくする。

 

 

 

イライラなどの症状を和らげる行動

 

なっさんの場合は

カルシウムのサプリメントを摂取しています。

人工物はあまりよくないかもしれないという

認識はあったんですが、

それでも摂取しないより摂取した方が

落ち着いていられます。

 

 

そして

できるだけ糖分の摂取を控えてください。 

糖分の摂取量が多いと

イライラしやすくなります。

糖分は百害あって一利なしと言います。

 

 

あと、ネガティブスパイラルに陥った時は、

真上を見上げると思考が止まります。

どういうわけか人体の仕組み上、

真上を見ながら思考はできないようです。

 

 

ポイントとしては、

首と目線を真上にあげていても

少しずつ目線だけが下がってきがちなので、

特に目線を真上に向ける事を

意識すると良いです。

 

 

 

 

栄養不足

 

アスペルガーの人は生まれつき

体中の粘膜が弱いそうです。

そのため腸内の粘膜も弱く、

栄養吸収がしづらいそうです。

 

 

 

栄養不足改善方法

 

これもカルシウム同様、

サプリメントの摂取をします。

種類はビタミンB群です。

ビタミンB群は

栄養吸収を補助してくれる役割があります。

 

 

食べ物を食べた時よりも

サプリメントを飲んだ時の方が

即効性が感じられるので、

サプリメントに頼るのも

ありのような気がします。

 

 

カルシウムを摂取した時は

なんか楽になった気分がし、

ビタミンB群を摂取した時は

なんか元気になった気分になります。

 

 

 

是非、お試しください。