背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

アスペルガーの完璧主義の克服方法は「禁煙」と同じ?体験談から特徴・原因・改善方法を公開

アスペルガーの人は完璧主義の人が多いが、なっさんも昔そうだった。

しかし、すでに克服してるので、それをまとめてみる。

 

完璧主義ってなにかとしんどい。。。

 

なんでも完璧にしないと気がすまないし、すぐに結果を求めてしまうのでなにかとしんどいし、何をするにしてもハードルが上がってしまうし、なかなかうまくいかない。

 

ハードルが高いと行動をとるのにエネルギーをたくさん使う。

 

そして、それが続くと行動をとるのが億劫になってきて、行動が取りづらくなる。

それでも無理に行動を取り続けると鬱にもなりかねないから、しんどい。

 

で、どれくらいの完璧主義だったのかと言うと、通常の完璧主義ではなく、病的な完璧主義だった笑

 

明らかに死が近づいていたw

イヤ、コレは大げさじゃなく、マジなヤツだw

 

目次

完璧主義・潔癖症・強迫観念の中学生時代

中学生の時が一番ヒドかったのだが、どんな完璧主義だったかというと、

 

  • 部屋では1㎜単位で物を揃えて置いてるので、少しでもずれるとキレていた。
    誰かが触ったらすぐに気づき、相手を問い詰め、キレまくっていた。

  • 自分の物を人に触られたり貸したりする事にかなり抵抗を感じる。

  • 世の中の左右非対称の物が許せなかったので、学校の授業で絵を描く時は定規とコンパスを使って左右対称に描いていた。
    字を書く時は納得するような綺麗な字が書けないと、不満で泣きながら納得するまで修正していた。

  • 自分の体を人に触られると、汚い!とキレていた。

 

こんな感じだw

すげぇ、ハイレベルだ笑

 

アスペルガーの完璧主義が原因で死にかける! 

これらが災いして、中3の時に風邪の菌が脳に回って急性脳炎にかかり、3日間昏睡状態に陥り、文字通り死にかけた笑

 

それがあったから治そうかなぁみたいな緩い意志は芽生えた。

 

アスペルガーの完璧主義克服のために実践した方法!

それで治そうと思ったのだが、治すに当たって難しい事は何もしていないw

というのも、完璧主義っていうのは一つの思考の「癖」みたいなところがある。

 

なので、思考と行動の癖をやめるだけなのだが、これがなかなか難しい!

 

完璧主義に関係してる事ではなくても、なにかしらの思考や行動の癖を見つめ直すようにするのがとっつきやすい。

 

例えば、決まった時間にコーヒーを飲む習慣があるのならば、飲む時間をずらしてみるとか、 普段使ってる生活用品のメーカーや種類を変えてみるとか、普段の生活の中で変えやすいところから変えていくと、とっつきやすいハズだ。

 

なので、完璧主義を「完璧に治す」心構え自体が落とし穴になる。

 

そういうのを繰り返していくと、気がついたら治っていた。

しかし、完璧主義の人はすぐに結果を求めてしまうと思う。

なので、まずスパンを決めた方がいい。

 

どうしても数日で治そうとしてしまうと思うが、そこは理論で納得してほしい。

数年は完璧主義をやってきたのだから数日で治るわけがないと。

 

これを頭に入れた上で、できなくても気にしない。

こういう意識は前提として必要になる。

 

アスペルガーの完璧主義を克服してからの気づき 

で、克服してから気づいた事がある。

それは基本は不完全な方がいいという事。

 

どういう事かというと、人は完全な人より不完全な人、弱点のある人を好む。

 

なので、人に自分の事を話す時、失敗談や弱点やコンプレックスをさらけ出すようにすると好かれ、人間関係が円滑になりやすいのだ。

 

克服させたら楽観主義になったw

という事で、今は超適当、超楽観主義だ笑

だって、完璧にしたらしんどいじゃん!

 

肩の力抜いた方がうまくいきやすいじゃん!みたいな感じに仕上がってしまったw

やっぱりこの状態は楽なので、是非目指して欲しいところだ。

 

なっさんの体感としては、完璧主義を治すのは禁煙よりは少しカンタンだw

だって、未だに禁煙は成功していないから笑

 

同じ癖をやめる行動でも、完璧主義を治す方が少しカンタンなので、それこそ完璧に考えるのではなく、ある程度のんきに考えながら改善に取り組んだ方がいい。

 

アスペルガーの完璧主義の克服方法、まとめ

  • 完璧主義は思考の「癖」
  • 完璧主義を「完璧に治す」心構えは落とし穴
  • 完璧主義は「長期的」に治す
  • 人は完全な人より「不完全な人」を好む

 

アスペルガーの関連記事一覧紹介

アスペルガーの関連記事一覧はコチラ

www.himawari0511.com

以上。