背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【体験談】睡眠障害不眠症が改善解消した独自の5つの方法。原因は自律神経にあった!

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170929/20170929055634.jpg?1506632203

幼少期の頃から重度の不眠症を患っていたが、自力で治したので、順番にまとめていく。

 

不眠症は辛い。

不眠症が重症の場合は、はっきり言って死活問題だ。

 

投薬で睡眠がとれればまだいいが、投薬でも睡眠がとれない人もいるかと思う。

 

そういう時って生きた心地がしないので、なんせ大変だ。

 

なっさんは小さい頃から重度の不眠症を患っていて、投薬でも睡眠をとる事ができなかった。

 

ハルシオン2錠とかベゲタミンA錠とか飲んでも眠れなかったし、寝たら寝たで、夢の中で殺されていた。

 

ここまでくるともう、笑うしかないw

 

そんな最悪な状態だったのだが、なんとか自力で治す事に成功した。

 

目次

【不眠症改善解消体験談】不眠症の原因 

原因は、ほとんどの場合が自律神経にある。

自律神経についてはこの記事に詳しく書いてるので、是非、参考にしてみて欲しい。

 

【不眠症改善解消体験談】不眠症の改善方法 

不眠症の改善方法は、上記の自律神経の改善をした上で、下の対策を取っていくと良くなっていった。

 

  • アロマセラピー
  • 不眠ストレッチ
  • 裸睡眠
  • 晩御飯
  • マットレス

 

アロマセラピー 

これは寝る時にする。

寝てる時も匂いが漂ってくるようにする。

アロマセラピーと言っても専用のアロマを使う必要はない。

 

なっさんの場合は天日干しした布団の匂いが大好きなのでそれを活用したが、思考が止まるくらい好きな匂いがある人はその匂いでも大丈夫だ。

 

匂いを嗅いだ時に、天にも昇るような気分になる匂いにして欲しい。

その場合は枕の横などに置く。

 

では、寝る時にいい匂いを嗅ぐと具体的にどんな効果があるかだが、いい匂いを嗅ぐ事で脳内が興奮からリラックスに変わっていき、眠りやすい状態を作る事ができる。

 

どの感覚よりも、嗅覚が一番効区のだ!

これは科学的にも証明されている!

 

そしてその匂いを楽しむ事に意識を集中させる。

すると、思考が止まり、興奮する原因を取り払う事ができる。

 

それと、寝る前には儀式的な事を行うといいとよく言われる。

 

例えば、深呼吸などだ。

これを繰り返していくと、深呼吸した時に脳が、寝る時間だ!と思い、眠る準備に入ろうとするためだ。

 

ただ、なっさんから言わすと、深呼吸ではあまり効果が期待できない。

呼吸法にはコツがいるので、すぐに満足した効果が得られないからだ。

 

リラックス兼、儀式の意味合いで、思考が止まるくらいのいい匂いを寝る時に嗅ぐ。

人間、感じている時は考えないようになる。

考えると興奮する。

 

これをうまく利用すると、ネガティブスパイラルにハマった時の対処としても使う事ができる。

 

不眠ストレッチ 

これは、5秒で済むストレッチだ。

寝る時、布団の上で伸びをするだけだ。

 

やり方はまず、布団に寝転ぶ。

仰向け、うつ伏せ、どっちでも大丈夫だ。

その状態で、両手は頭よりも上に伸ばす。

 

めいいっぱい伸ばす。

足も伸ばす。

手先から足先までピン!と伸ばす。

 

この状態を5秒維持してから力を抜く。

そうすると、なんか力が抜けた感じになると思う。

 

これをする事で、リラックスして眠りやすくなる。

そして、このストレッチも寝る前の儀式としての効果がある。

 

裸睡眠 

裸睡眠とは、服を全部脱いで裸の状態で布団を被って睡眠をとる事だ。

裸で寝る事でシーツの感触が肌にダイレクトに伝わり、心地よさを感じる。

 

そのため、リラックス効果を生み、安眠効果が期待できる。

  

なっさんは裸睡眠で慣れてからは、服を着て寝ようとしても、うまく眠れなくなってしまった。

 

コレはめっちゃ気持ちいいのでオススメだ!

 

ただ、お腹を冷やさないようにしっかりと布団を被って欲しい。

 

晩御飯

晩御飯も気をつけないといけないのだが、これは食べ過ぎはよくないという事だ。

 

食べ過ぎると、睡眠時にエネルギーが消化吸収に使われてしまい、エネルギーが脳に使われなくなってしまうため、質のいい睡眠が取れなくなってしまう。

 

なので、寝る前のご飯の量は減らす。

どれくらい減らすのかと言うと、万能くでこれ以上食べられない状態を100%とするなら、最低でも60%くらいに減らす。

 

でも、できるだけ減らし、食べる時間も早めた方がいい。

できるだけ、お腹に食べ物がない状態を作ると言う事だ。

 

なっさんも朝、たまにスッキリしない事があり、思い出してみると、前の日の

晩御飯は少し食べ過ぎたなと感じる事がある。

 

マットレス  

寝ている時はどんなマットレスを使っているだろうか?

 

寝る時は床で寝るのはもちろんタブーだが、寝転んだ時に沈みこみすぎるマットレスも睡眠の妨げになり、朝起きても体がだるくなりやすい。

 

よくホテルにあるようなベッドで、スプリングが入ってるタイプのマットレスがあるかと思うが、あのベッドの弾力がちょうどいいかと思う。

 

 

【不眠症改善解消体験談】最後に 

今更だが、睡眠は超大事だ!

なっさんは不眠症を治してから、かなり元気になった。

昔は、覇気が全くない人だった。

 

よく漫画に出てくるような幸の薄ーい感じのキャラみたいな、そんな雰囲気だった。

だが、今はうざいくらいハキハキしている笑

20歳の時より35歳の今の方が体力あるのだ笑

 

結果的に老化に抵抗できている笑

普段、あまりご飯を食べないので、栄養面はよくないが、睡眠がバッチリ取れてるので、めっちゃ元気だ!

 

それくらい睡眠は大事だという事だ。

不眠症が重度であれば、不眠症が治った時は人生が変わるような勢いだ。

 

いや、コレ、ホントに。

 

睡眠を取るときは頑張ってはいけないが、頑張って睡眠をとって欲しい笑

以上。