認知療法と脳への刷り込み!あなたも脳に騙されてる!

認知

 

 

認知療法とは 間違った認知を思考、論理によって矯正していき、

正しい認知に変える事で、歪んだ認知が原因起こっている

心の健康を改善させる療法です。

 

 

目的は心の健康改善ですが、心を直接的に改善させるのはかなり難しいので、

その原因になっている事がある認知を変える事で、心の改善を目指します。

 

 

認知が歪む理由としては、3つあると考えています。

 

 

1つ目は先天性要因。

発達障害、特にアスペルガー特有の言葉の解釈によるもの。

 

 

2つ目は後天性要因。

心の不健康による影響、特にアダルトチルドレン(AC)、

各パーソナリティー障害、うつなどが代表例。

 

 

3つ目は洗脳要因。

悪い事や嫌な事と出来事や行動が紐づいてしまった場合。

 

目次

認知療法の仕組み〜脳を騙す、脳内情報の書き換え〜

 

洗脳や催眠やコントロールとも言いますが、普段から脳は騙されています。

なので、騙し返すのです。騙すか騙されるかです。

例えば、池のほとりに立った人に群がる鯉をイメージして下さい。

 

 

その人が手を叩くと鯉が集まってきます。

 

手を叩く→餌を与える事を続けていると、

手を叩く=餌がもらえるという認知になり、

手を叩くと集まるという行動をとるようになります。

 

 

これが脳を騙すという事です。

そして、これは人間にも適用されます。トラウマがそれに当たります。

トラウマがあると特定の行動がとれなくなります。

 

 

認知療法の方法

 

例えば、昔大人に騙された、男に騙されたという経験があると、

それがトラウマになる事があります。

そうすると、大人や男に恐怖を抱くようになり、うまく関係が築けなくなります。

 

 

その場合に冷静に考えてみてほしいんです。

世の中に大人や男はどれ程の数がいて、そのうち何人に騙されたのかと。

1%にも満たないでしょう。

 

 

という事は1度や2度騙されても、気にする事自体がおかしいんです。

ただし、騙されやすい人は騙す人が寄ってきやすいので注意が必要ですが。

そうは言ってもこういう事をほとんどの人が正論だと受け取るかと思います。

 

 

そんな事、頭ではわかっている。

わかっているけど怖いものは怖い、という風になるでしょう。

 

 

恐怖と向き合う為の思考論理

 

そんな時でも、やはり自分の内側にある恐怖と向き合わずには

なかなか解消されません。

なので、もう少し考えを掘っていきます。

 

 

トラウマになるのはいつも失敗体験と紐付いている為です。

なので、成功体験と紐付けていけばいいのです。

 

 

身の周りの大人や男だけでなく、知人の周りにいる大人や男で

まともな人というか、ちゃんとした関係が築けそうな人はいるかと思います。

 

 

そういう難易度が低い人たちを対象にして、成功体験を積めばいいんです。

そうすると、

脳内情報が行動=失敗ではなく、行動=成功という情報に書き換わります。

 

 

これで、脱トラウマになり、認知変えも成功になります。

 

 

ただし、失敗した原因を把握しないと失敗する可能性が

高くなって、さらに失敗し、トラウマが強くなります。

トラウマが強くなってる人は原因の把握と解消ができていないものと思われます。

 

 

原因と要因の違い〜影響力の違い〜

 

何にでも応用できますが、原因は正しく把握しないと、解消されません。

そもそも、原因と要因の違いがわかっていない事が多いです。

違いは、その問題に対しての影響力の強さの違いです。

 

 

影響力が一番強いものが原因で、影響力が強くないものが要因です。

 

 

原因と要因の考え方〜ラテラルシンキング〜

 

まず、その問題が起きた理由を考えます。

考えられるもの全てを挙げます。

コツは、できるだけ先入観を抜いて挙げていく事です。

 

 

これをラテラルシンキング(水平思考)と言います。

 

 

そして、挙げた理由たちが要因です。

この中で一番影響力が強そうな理由、

直接的に影響してそうな理由が原因になります。

 

 

そして、その原因に対策を打って解消していきます。

 

 

認知療法と脳への刷り込みのまとめ

 

認知療法とは

 

  • 心を改善させるのが目的
  • そのために認知を変える
  • 認知の歪み要因は3つ。先天性要因、後天性要因、洗脳要因
  • 認知の歪みの解消は、脳を騙す、脳内情報の書き換え作業
  • 成功体験を積む
  • 原因と要因を一緒にしない
  • 原因に対策を打ち、失敗体験をストップさせる

 

 

関連記事

www.himawari0511.com