行動療法と潜在意識!まさかのマザーテレサ式!

行動療法

 

行動を意図的に変える事によって心、意識、言葉、性格、人格、運命

までも変えていくような療法です。

 

 

例えば、心が病んでいるとして、心を直接的に治す事はかなり難しいと思います。

では、心はどうやって治していくかを考えた場合、

心とはというものかというところを考えていくようになります。

 

 

そうすると、言葉や行動や意識と繋がっている事がわかります。

なので、比較的改善させやすいと思われる行動面にアプローチを

かけていくようになります。

 

 

そうすると、このマザーテレサの名言にも繋がっていきます。

 

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

目次

行動療法の方法〜心の中と外のリンク〜

 

方法の種類は挙げたらキリがないですが、

簡単でわかりやすいものを3つほど挙げてみます。

 

  • 言葉を変える
  • 片付けをする
  • 外出する

 

 

各方法を具体的に紹介する前に、

心の中と外(物理面と心理面、潜在意識と顕在意識)は

リンクしているという法則性がある

事を覚えておいてください。

 

 

言葉を変える

 

普段使っている言葉を良い言葉に変える、良い言葉の回数を増やすとどうなるか。

例えば、ありがとうという言葉を言うようにする、回数を増やす。

 

 

言葉(心の外、物理面、顕在意識)に出すと

心(心の中、心理面、潜在意識)に良いです。

 

 

潜在意識で説明すると、潜在意識は1人称や2二人称を区別しない

と言う特徴があるので、相手にありがとうと言うと、

自分の心にもありがとうと言っている事になります。

 

 

普段から良い言葉を受けている人と毒親などから悪い言葉を受けている人を

比較した場合、心の健康に差が出てる事はわかりきった事だと思います。

なので、言葉を変える事には効果があると言う事になります。

 

 

片付けをする〜断捨離効果〜

 

部屋の片付けをする事で物理面が整理されます。

と言う事は心の中も整理されると言う事になります。

片付けをしたら心の中がスッキリした事はないですか?

 

 

部屋を片付ける(いらないものを捨てる)

事で心をスッキリさせて、健康や開運に効果をもたらす。

 

 

そうです。これが断捨離というやつです。

 

 

外出する

 

外出すると、セロトニン効果も期待できますが、心の中と外のリンクと

いう法則性からみた場合、違う効果も期待できます。

 

 

少し飛躍した話に感じるかもしれませんが、外に出るという行為は

解放する、脱出する、殻を破る、出発する、という意味を含みます。

 

 

潜在意識は1人称2人称を区別しませんが、

それは、物事を抽象的に捉えてるという事が実態になります。

なので、外に出るという行為を潜在意識がそういう風に抽象的に捉えます。

 

 

そのため外に出ると、気分転換になると言われますが、実態としては、

心の中のしがらみ、固まった思考をほぐすという事になり、

効果が期待できるという事になります。

 

 

行動療法と潜在意識のまとめ

 

普段、何気なくとっている行動に意識をフォーカスし、

(無意識を意識化する)無意識の行動に気づきましょう。

そして、行動という行動を変化させていきましょう。

 

 

関連記事

www.himawari0511.com