負の感情の種類と向き合い方、理論派推奨!

感情

 

今回は困ったネガティブ感情の取り扱いについてまとめました。

今回参考にさせて頂いた本はこちらの本です。

 

 

なっさんは最近というか、結婚当初からよく嫁と喧嘩をしています笑

もうすぐ結婚5ヶ月を迎える新婚ですが、月3回喧嘩です笑

新婚でこれはヤバいでしょw

 

 

この前はついつい感情的になってしまって、プチ家出をされてしまいましたw

久しぶりに一人で考える時間ができたので、いろんな事を一人で考えました。

 

 

うん、やっぱり離婚したくない!と思ったので、

プチ家出、これはマズイ!!離婚の危機か!?なんとかせねば!!

という事で読書を通じて勉強をしました。

 

 

で、この本を読んで考え方や習慣が少し変わったのでだいぶ落ち着きました。

本の内容を一部抜粋して、感想や参考になったコトを中心に話します。

ネタバレ注意です。

 

目次

怒り

 

怒りとは

 

怒りという感情の本来の役割は、「何かがうまくいっていない」事を

知らせてくれるという事です。

怒っている時というのは困っている時という事です。

 

 

自分の予定が狂って困った、自分の中のルールや常識を破られたから困る、

こうなるはずだった、など、思い当たる事も多いかと思います。

 

 

接客業界でのクレームなんかも元々は困っている事が

エスカレートして怒りになっている事が多いです。

 

 

確かに言われて見ればそうだ!

 


怒っている人を見かけた時は、何かに困っているんだなと考えれば、
感情的にならずになんでかなぁと、考える事ができる!

そう考える事ができたら自分のストレス軽減になる! 

 

 

怒りの活用例

 

相手を自分の領域に踏み込ませない。

 

例)

「正社員じゃないと」「公務員じゃないと」と介入してくる母に腹が立つ。

 

これは、領域侵害はなかったという結果にする方法です。

上記のように言われたら、「へぇ、お母さんはそう思うんだ」や

「お母さんの立場からしたらそう思うんだろうね」と流す。

 

 

自分が決めつけられたのではなく、お母さんがそう考えた

というところに焦点を当てるのです。

 

 

今まではずっと、まに受けてたw
自分が侵害されたと感じてしまったら、確かにイラっとするよね笑

 

 

相手から怒られないコツ

 

しょっちゅうキレる(ひどく困っている)人の近くにいると、

ムカつく事も多いと思います。

 

 

そんな時は「ムカつく人」ではなく、「不安が強い人」「気の毒な人」

という風に認識を転換する事。

 

 

相手の事を理解していると、自分もストレスから解放されやすくなるって事か!

 

 

「お前が子供を産め!」というセクハラヤジが許せない

 

これはなかなかの問題発言ですよね。

 

 

こんな時は権利ではなく、困る人の存在をアピールします。

ヤジを飛ばした議員は辞職すべきだ、と権利の主張をするよりも、

 

子供が欲しいのにできない人が今のヤジを聞いたら悲しいでしょうね、

と、それによって困る人がいるという側面をアピールした方が、

ことんどの人がかわいそうと思ってくれ、支持されやすくなります。

 

 

これはねぇ、盲点でした。ネガティブ感情が湧いてきたら
いろんな人を味方につけるようにすればいいんですね!

 

 

不安

 

不安とは

 

不安という感情の本来の役割は安全が確保されていないと知らせてくれるい事です。

不安を減らすためにはどうすればいいかと、考える事が不安の正しい用い方です。

なので、不安を感じるなんて、人間として弱い証拠だと思う事だと思うのは変な話し。

 

 

安全が確保されていない事を知らせる感情なのに、

そこに価値判断を加えるのはおかしい話しなのです。

 

 

あらゆる活動を停止させる感情ではなくて、

慎重になりましょうという程度の感情です。

 

 

不安だからやめるという思考パターンを

持っている限り、有意義な人生は送れないそうです。

 

 

そして、不安は化けて怒りになる事もよくあります。

「あなた、今夜も遅いの?それで父親と言えるの?」

これをそのまま受け取ると、責められたと感じるでしょう。

 

 

しかし、この時の妻の心境としては、不安だから怒っているのです。

そのため、不安という感情はそのまま伝えるとうまくいきます。

 

 

「一人で子供を見ていると、とても不安になる時があって、あなたと話すと、

安心できるのよ。だから、そんな時は電話していい?」

と言った方が相手の優しさを引き出す事ができるでしょう。

 

 

感情の伝え方って、難しいようですごくシンプルだ。
不安を怒りに変えて伝えるのではなくて、不安な事を理由をつけて
伝えるとうまくいくんですね。

 

 

解消できる不安と解消できない不安

 

解消できる不安

 

例えば、初めての人とデートする時なんかそうでしょうねぇ。

でも、その人の知り合いからとても誠実な人だから大丈夫と

聞いていると、不安が和らぎます。

 

 

これは未知が既知になっているからです。

 

 

何もわからない状態(未知)では安全が確保されていないという警報は

鳴りっぱなしですが、ある程度わかった状態(既知)では

警報はあまり鳴らずに済むのです。

 

 

なので、人に話を聞いてみる、実際に見に行ってみるというのは

不安を解消させる有効な手段だという事ですね。

 

 

知らないから安全が確保されていないという事は、

知れば確保されていくという事なんですね。

 

 

解消できない不安

 

新しい土地に移ったり、新しい学校に入学したりする場合など、

いくら調べておいても、その場で出会う人やその時の状況次第で

何が起こるかわからないという事もあります。

 

 

こんな時は人に話すと良いです。

不安は人に話すと縮みます。

不安は人類の誰もが持つ、普遍的な感情。

 

 

「なんでこの人はこんな事が不安なんだろ」

というところは相手にわかってもらえなくても、

 

「不安という気持ちはわかる。不安に

なった時に萎縮してしまうのもわかる」

 

というレベルで理解してもらう事ができるはずです。

 

 

共感というやつですね。
気持ちを理解するという事が相手の負担を減らすのですね。

 

 

寂しさ

 

寂しさとは

 

寂しさという感情の本来の役割は内面的な繋がりが途絶えているというサインです。

ポイントは、外面的(物理的)ではなくて、内面的。

 

 

例えば、家族やパートナーもいない天涯孤独であっても、

繋がりは日々感じる事ができます。

少額の匿名寄付をして、恵まれない子供に思いを馳せる。

 

 

あるいは、毎日の自分の生活を支えてくれる

アパートを「いつもありがとう」と思いながら、優しく掃除してみる。

 

近所の人には必ずにこやかに挨拶する。

 

太陽を見て、それがくれる暖かさに感謝する。

 

 

こんな風に人や物に対しても、自分から心を開いて与える気持ちで優しく接すると、

寂しさはなくなっていきます。

 

 

「繋がりが欲しい」ではなく、「繋がりは自分で作る」に意識が

変わると、寂しさを手放す事ができます。

 

 

寂しさは「疎外」と関係の深い感情。

 

 

自分はなんらかの必然性があって、ここにいる、

という感覚を持って寂しさを超越してる人もいるようです。

 

 

なので、ポイントは繋がる対象があるか

ないかではなく、自分の心が開いてるかどうかという事です。

自分の心が開いている限り、本物の疎外感を味わう事はできないんです。

 

 

なるほど! 
お年寄りの人は人に優しい人が多いのは、寂しいからというよりも、
繋がりを作ろうとしているんだね!

 

 

罪悪感

 

罪悪感とは

 

罪悪感という感情の本来の役割は相手を思いやれていない

という事を知らせるサインです。

 

 

そして、罪悪感とは自己中心的な感情。

相手に対して申し訳ないと思う事は相手の役に立っていない。

行きたくない飲み会を「仕事」だと嘘をついてドタキャンして罪悪感でモヤモヤする。

 

 

この場合も相手に対して申し訳ないと思ってはいるものの、

思いやりがあるわけではなく、役に立ってないですよね。

 

 

かと言って、「行きたくないからドタキャンするね」

と言ってしまうと相手を傷つけてしまいます。

 

 

なので、ここで嘘をついてるのは、相手を傷つけないための「方便」。

「罪」ではないはずなのです。

 

 

翌日に「楽しかった?」と連絡するなど、相手に暖かい気持ちを

向けていけば、思いやりになります。

 

 

自分が責められるのがイヤでつくのは「嘘」、相手のためを考え、

相手を傷つけないようにと使うのが「方便」。

 

 

嘘と方便。

これには思い知らされました。
そこまで具体的に考えた事はなかったので、すごく納得しました。

 

 

こんなとき、どうする?

 

悟りを開きたい

 

できるだけ平常心でいるために最も役に立つのは「与える姿勢」です。

「他人」に与える姿勢になると、「自分」という概念が消えます。

これは悟りを開く事に限りなく近いものだと思います。

 

 

一方、「なんで自分はいちいち悩むのだろう」などと

「自分」を中心に据えて考えている限り悟りは開けないと思います。

 

 

闇をいくら分析しても光にはならない。でも光を当ててしまえば、闇は消える。

「自分」と「他人への温かい心」はそういう関係にあるのだと思います。

 

 

これは深い!

自分と他人、光と闇、陽と陰、そういう事なんですね!

 

 

まとめ

 

久しぶりにこういう系の本を読みました。

 

今までいろんな本を読んだ中でも、この本は読みやすくて役に立つ事が

載っていて色々と驚かされました。

理論派のなっさんはすごく共感したので、特に理論派の方にはオススメしたいです!

 

 

おかげで、感情的になりそうな時に考える習慣がついて、結果的に

イライラしたり喧嘩してりする事も減ったように感じます。

 

 

これで、離婚せずに済みそうです!笑

 

 

この本は文字も比較的小さくなく、およそ190ページほどあります。

そして、ここで抜粋した内容は文字数計算的におよそ8ページ分です。

なので、ほとんどの内容に触れていないのと同じような意味になります。

 

 

他にも、不機嫌、悲しみ、悔しさといった感情の章もありましたので、

気になる方はどうぞ!