背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

痛みに鈍い・強いアスペルガーの理由は「アレキシソミア」(失体感症)。原因は「アレキシサイミア」(失感情症)だった。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171110/20171110175301.jpg?1510303991

痛みに鈍い・強いアスペルガーの理由は「アレキシソミア」(失体感症)

原因は「アレキシサイミア」(失感情症)だった。

 

アスペルガーの中でも、痛みに鈍かったり強かったりする人もいると思うが、それは普通ではない場合も多いそうだ。

 

普通ではない場合は、「アレキシソミア」(失体感症)というものに該当する可能性が高い。

 

「アレキシソミア」(失体感症)は、通常では考えられないくらい痛みに鈍かったり強かったりする。

 

なっさんの場合でいうと、「肩こり」がそれに該当する。

肩なんか凝った事がない、体の不調も感じた事がないのだが、別件で整体に行った時に、「衝撃的」な事を言われたのだ。

 

整体院にいくと、整体師に「背中」「肩」を触られた。

 

肩に触られたら、とにかくこそばかった。

こそばすぎて、「アンガールズ」ばりに「クネクネ」してしまいそうなくらいこそばかった。

 

すると、整体師が、

 

 

え、、、これ、痛くないんですか???

 

 

と。

 

 

いやいや、、、こそばいんだが。。。

 

 

え、、、肩の奥が凝りすぎてるから、痛みを感じないとおかしいんですケド。。。

 

 

!?

 

 

なんじゃそりゃー!?

 

 

で、調べたら「アレキシソミア」だと。

 

目次

アレキシソミアはとにかく痛みに鈍い?強い?

他にも、通常大人でも「泣くくらい痛い」と言われている、骨髄から髄液を注射針で抜き取った時も痛くなかった。

 

その他にも、部分麻酔だけで「親知らず」を引っこ抜いてもらった時も大丈夫だった。

その「親知らず事件」の詳細はコチラに書いてあるので、興味のある人は見るといいだろう。

www.himawari0511.com

 

アレキシソミアの原因は「アレキシサイミア」

で、原因は「アレキシサイミア」(失感情症)だという事だ。

「自分の感情がよくわからない」みたいな症状なのだが、詳しくはコチラの記事を見て欲しい。

www.himawari0511.com

その「アレキシサイミア」がずっと続くと、「アレキシソミア」になるのだと。

 

健康なのか不健康なのか不明

なんか、他にも調子の悪い部分がたくさんありそうな気がしてきたのだが、全然心当たりがない。。。

 

痛みなんぞ、どこにも感じない。。。

 

もう30歳はとうにすぎてるが、「超健康体」としか思っていなかった。

年齢とともに「心」は元気になってきているので、多分「体」の方も問題ないだろうと。

 

まぁ、なんとかなるっしょー。

以上。