背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

アスペルガー「積極奇異型」の特徴〜感情と積極性〜。

アスペルガー「積極奇異型」の特徴についての話し。

 

アスペルガー積極奇異型は、唯一の外交型で、よく「感情型」と言われる。

 

アスペルガーの実態は、「感覚が特殊」であるために自他の感情に気づきにくい。

そこに「積極的」な性格が加わると、積極奇異型特有の特徴・特性が出てくる。

 

アスペルガーの積極奇異型は、積極的に人に接して愛着が強いということから

「愛着型」とも呼ばれているが、それは人によって賛否両論あるようだ。

 

目次

アスペルガーのタイプ変化

アスペルガーのタイプは、成長過程において変化する事がある。

病院にもよるが、成長過程におけるタイプの変化も診断基準にしている病院もあるくらいだ。

 

なっさんの場合は幼少期の頃は「積極奇異型」だったが、途中で「受動型」に変化した。

経験上言える事は、アスペルガーの実態は変化せずに性格が変化すると、タイプが変化するという事だ。

 

元々積極的だったのだが、お調子者のような一面があり、ちょっとした事でも傷つきやすかった。

そして、傷ついた経験から臆病性が出てくると、自粛するようになる。

 

これが積極奇異型から受動型への変化だ。

タイプが変化すると、全面に出てくる特徴が変わる。

 

アスペルガー積極奇異型の特徴

積極奇異型の特徴や他のタイプよりも目立つ特徴をまとめてみた。

 

  • どことなく子供っぽく見える人が多い

  • 人に対して積極的に接する

  • 人との物理的・心理的距離感がわからない事が多く、特に積極奇異男性は女性から近い近い!と言われる事も多い

  • このタイプは感情型のせいか、思考による気づきが一番少ないように感じる

  • 相手の人が自分の話しに興味があるかどうかがわからないことが多く、一方的に話し続けてしまう

  • 自分に興味のある話し限定でコミュニケーションをとるのが好き

  • 人が困っていたり悲しんでいたりなど 、表情や雰囲気から感情が読めない

  • 体の一部が人に触れるようなボディタッチが多い

  • トラブルになることが多いが、自分が悪いという認識がない

  • ストーカーになることがある

 

アスペルガーの記事一覧紹介

www.himawari0511.com

以上、

アスペルガー「積極奇異型」の特徴についての話し、でした〜。