アスペルGUYクエスト〜高IQ(知能指数)発達障害アスペルガーの改善系ブログ〜

高IQアスペルガー当事者の改善系ブログ。ちょっぴり高度な視点からのココだけの具体的な内容が割と満載です。

アスペルガーは頭は良い人が多いが賢くない?〜自閉症スペクトラムアスペルガー(ASD)孤立型・受動型の特徴〜

発達障害の中にアスペルガー症候群があり、その中に様々なタイプがあるが、孤立型と受動型には頭の良い人が多い。

 

あのAppleの創設者のS氏も孤立型といわれている。

歴史上の偉人には多いタイプだ。

 

しかし、「頭が良い」と言ってもそれには種類がいくつかある。

  • 勉強ができる
  • 頭がキレる
  • 頭の回転が早い
  • かしこい
  • IQが高い

など。

 

その中でもアスペルガーの孤立型・受動型に多いのが、「IQが高い」人たちだ。

そして、こういう人たちには「かしこくない」人たちが多い。

 

この2つがどう違うのかを解説していこう。

 

目次

IQが高いのと視野の広さは比例する

頭のいい人たちの中でも、IQが高い人はどんな人なのか。

以下の特徴の中でも、基本的により多くの項目に当てはまった人が、IQの高い人と言っていいだろう。

  • 視野が広い
  • 他の人ほど思い込みが強くない
  • 「人の立場」より、「人」に興味がある
  • テレビやネットの情報を疑う
  • 本質・実態・共通点・法則性などを把握するのが早い
  • 問題解決能力が高い
  • 伝えたい事が多くの人に伝わらないと感じる

 

かしこい人は有利に立てる人

では、かしこい人とはどんな人なのか。

それは、自分の立場が有利になるように頭を使う事のできる人だ。

 

先ほどのIQが高い人は、問題が起きた時には「原因」に対して対策を打つ事を考えるが、そうじゃない人は「結果」に対して対策を打とうと考えるのだ。

 

なぜなら、原因に対して対策を打つことが「解決」に繋がるからだ。

だから、解決能力が高くなるのだ。

 

例)子供AとBがケンカをして、AがBを軽く叩いたからBがAのおもちゃを壊した。

 

上記の例の、おもちゃを壊したところだけを目撃した場合、普通の人はおもちゃを壊した事について考えるが、IQが高い人は、まず、両者に事情を聞いて原因を探し、叩いたという事について考えようとする。

 

おもちゃを壊した事だけを注意しても、何の解決にもならないだろう。

 

さらに、IQの高いアスペルガーは原因に対して対策を打つ事に固執する。

解決させないと意味がないと考えるからだ。

 

しかし、解決にはいろんな意味で時間がかかる。

だから、結果に対して対策を打つ。

結果に対して対策を打った方が、すぐに状況を変えることができるからだ。

 

かしこい人というのは、解決するとかしないとかではなく、自分の立場を有利になるように頭を使う事のできる人なのだ。

 

アスペルガーの記事一覧紹介

アスペルガーの記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上。