アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラムアスペルガー症候群の2Eによる超専門的な当事者ブログ。他にも精神障害やADHDの事も書いている。少し高度な視点からの具体的で超専門的なここだけの内容が満載。きっと役に立つだろう。そして同じような人と繋がっていきたいから、多くのコメントを寄せて欲しい。

なぜ発達障害アスペルガーの人は頭がいいと言われるのか

 

⬇Select the langage⬇︎

 

発達障害のアスペルガーの人は頭がいいと言われている。

もちろん、みんながみんな頭がいいのではなく、だいぶ個人差がある。

 

では、なぜその個人差が生まれるのだろう。

なぜ頭がいい人は頭がよくなり、なぜそうではない人は良くなっていかないのだろう。

 

そもそも、アスペルガーの人が頭がいいと言われているのはどういう頭のよさなのか。

頭の良さにも種類がある。

  • 勉強ができる
  • 賢い
  • 頭がキレる
  • 頭の回転が早い
  • IQが高い

こういった頭の良さの種類がある。

 

では、このあたりを紐解いていこう。

 

目次

アスペルガーの人の場合の頭がいいとはIQが高いということ

そもそも頭がいい人はどういう風にいいのか。

ズバリ、上記の種類の中の「IQが高い」ということだ。

 

もちろん頭がいい人の中には、勉強ができる人もいるしできない人もいる。

そして、「賢い」人はほとんどいない。

基本頭はキレるが、根本的に言える部分はそこではない。

 

頭のいい人に一貫して言えることは、「IQが高い」ということなのだ。

 

特にアスペルガーの人の場合のIQが高いということは、物事の根本的な原因を捉え、そこに対策を打つことで解決させるような考え方をするということ。

 

そして、そこに執着するあまり、解決こそしないがすぐに結果が出るような短期的対策やいたちごっこのような対策を嫌い、根本的対策にのみこだわるので、賢くない。

 

自分にとって、手っ取り早く有益になるための方法を取ろうとしないということだ。

 

頭がいい人(IQが高い人)は一部の受動型と孤立型・一部の尊大型と大仰型

頭がいい人はどういう人なのか。

それはアスペルガーのタイプによって変わる。

 

アスペルガー症候群は、発達障害の中の自閉症スペクトラムの中に分類され、

さらに、そんなアスペルガーにはいくつかタイプがあるのだ。

  • 孤立型
  • 受動型
  • 積極奇異型
  • 尊大型
  • 大仰型

この5つがある。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20180119/20180119224731.png

その中で頭がいいと言われているのは、

  • 一部の受動型
  • 孤立型
  • 一部の尊大型
  • 大仰型

 

大仰型や半数ほどの尊大型は孤立型の派生タイプになるので、IQに関しては、この二つのタイプは孤立型と同じと捉えても差し支えない。

 

特徴でいうと以下のような特徴があるタイプだ。

  • 人に対してよく「なんで?」と質問をする
  • 自分ルールやこだわりが強い
  • 自分の得意分野ではかなりの才能を発揮する
  • 人と関わるのが苦手
  • 分析力に長けている

 

なぜ頭がいい人(IQが高い人)とそうではない人に別れるのか

では、なぜ頭がいい人とそうではない人に別れるのか。

なぜ、「積極奇異型」は頭がいい人が少ないのか。

 

これは、「感情型」「思考型」の違いだ。

積極奇異型は「感情型」で、孤立型は「思考型」で、受動型はその中間に位置する。

 

アスペルガーの人は、「自分の感情を自分の感覚で捉えることが苦手」というのが根本的に言えるところだ。

 

自分の感情がわからないのだ。

だから相手の感情や気持ちや空気がわからないのだ。

 

なので、感覚ではわからないと気づいてなんとかしようとして、頭で考えて理解しようとする。

 

この傾向が強くなるほど頭が良くなっていって、難しい考え方をするようになって、孤立して人間関係を拒むようになる。

 

これが孤立型だ。

 

感情を頭で理解しようとして、自分特有の哲学を生み出すようになるのは、彼らの処世術なのだ。

 

人の感情や気持ちのことを「わからないけどわかる」と表現する人もいるが、これは「感覚ではわからないが、頭の中や理屈では理解している」という表現に変えることができる。

 

さらに、このタイプは一般的にいう「正論」というものをよく言う。

彼らは正論だと思っていないので、「一般的に」という言葉が使われる。

 

処世術として感情を頭で理解するということを覚えているため、「共感」「感情の理論」よりも「解決のための理論」を優先する。

 

なので、それが一般的に「正論」に聞こえるのだ。

 

なぜ発達障害アスペルガーの人は頭がいいと言われるのか、まとめ

  • アスペルガーの人には頭がいい人とそうではない人がいる
  • アスペルガーの人の頭がいいとはIQが高いということ
  • ほとんどのアスペルガーの人は賢くない
  • 頭がいいアスペルガーのタイプの多くは孤立型