背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【体験談】アスペルガーの6つの「向いてる職業」と2つの「ストレスな仕事」を考えた。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170922/20170922100745.jpg?1506042479

アスペルガーの人って自分にあった職場や仕事がなかなか見つからず、自分に合わない職場でしょうがなく仕事をして苦しむ事も多いと思うが、独断と偏見で、アスペルガーの人に向いていると思われる職場、仕事をまとめてみた。

 

参考に見ていただけたらと思う。

 

目次

アスペルガー症候群の向いてる仕事・職場 

個人的な独断と偏見も入った順位になる。

 

第6位 データアナリスト

第5位 工場

第4位 交通量調査

第3位 研究者

第2位 漫画喫茶(ネットカフェ)

第1位 ブロガー

 

データアナリスト 

この職業にはついた事はないが、特定のアスペルガーの方に向いてると思われる。

就職口は多くなさそうだが、データを分析して問題点を探していく職業だそうだ。

 

ハマるタイプにはとことんハマりそうな気がする。

 

工場

この職業は実際10年ほどやっていた。

仕事内容は単純作業の繰り返しだ

 

工場によっては音がうるさかったりもするが、そういうところは耳栓着用義務があるので、ある程度は大丈夫かと思う。

 

問題点として1つ目は、休憩時間はみんなと同じなので、世間話しをしているその場の空気が少しいづらいという事だ。

 

2つ目は、手袋着用義務があるところがほとんどだと思うので、そのあたりの感覚過敏がある人には厳しいかもしれない。

 

3つ目は、工場によって立ち作業の工場と座り作業の工場があるという事なので、ずっと立ちっぱなしが辛いという方は座り作業の工場を選んだ方が良さそうだ。

 

車やバイクの工場は立ち作業で、足腰がかなり悲鳴をあげていた。

 

4つ目は、工場によっては、空調がほとんど意味をなさないので、夏と冬は辛い

 

なので、面接や電話での問い合わせの時に上記の内容の確認をとった方がいいかと思う。

 

交通量調査 

この職業にはついた事はないが、単調作業だそうだ。

っていうか、見るだけだそう。

 

よく、道端に椅子を置いて、そこに座って交通状況をみているおじさんがいると思うが、アレがそうだ。

ただ、夏と冬は厳しそうだ笑

 

研究者

好きな事に没頭できるので、かなりアスペルガー向きだと思うが、なんせ敷居が高く、高学歴や成績優秀でないとなるのは難しいかと思う。

 

漫画喫茶(ネットカフェ)

この職業にはついた事はないが、アスペルガーが好きな事が多い漫画を扱っている事と、環境が静かで、屋内業務なので夏や冬でも快適に業務ができそうだ。

 

なので、なかなか向いているのではないかと思う。

 

ブロガー

なっさんが今真剣に取り組んでるものだ。

ブログを書く事で収入を得る個人の職業だ。

Youtuberと同じで、Googleからお金をもらうようになる。

 

ネット検索などでの独学の勉強やセミナー参加による勉強をメインとして、自ら勉強をする姿勢が要求される。

 

結果が出るまで最低でも半年かかると言われているので、時間がかかるが、PCさえあれば、家でもカフェでも旅行先でもどこでも一人でできる。

 

リアルで人と関わらなくて済み、文字を使った表現を使い、自分の好きな事や得意な事をそのまま仕事にできるので、一番向いているのではないかと思う。

 

 

アスペルガー症候群の向いてない仕事・職場 

コレ!向いてない!ってヤツだ!

 

土方、鳶職 

これ、少しだけやっていた。

何が向いてないかというと、この職業の人はせっかちな人が多いのだ。

そして、そういう人たちの指示の出し方や教え方は抽象的な事が多い。

 

 

それ、そこ!

 

 

ソレ、ソコ!?

 

 

ソレ、何語ですか!?

 

 

ってか、どこですか!?

 

 

ってなってしまう笑

 

しかも、怒りやすい人が多いというw

 

飲食店 

飲食店は忙しい。

そして、そんな時の指示は抽象的な言い方が多く、イマイチよくわからないw

 

そして、多タスク処理。

仕事の同時進行だ。

パニック必至だったw

 

 

もうやりたくない笑

 

 

特に居酒屋など、酒を提供するところは地獄だ!!

 

アスペルガーの仕事、職場。最後に

なっさんはかつてから感じていた事があった。

普通の企業と作業所のいいとこ取りをしたような職場があればいいなぁと。

 

というのは、

 

普通の企業だと給料は人並みもらえるが、理解がないので、ストレス。

作業所だと理解はあるが、給料が少ないのでストレス。

この二つのいいとこ取りが理想だと感じていた。

 

で、それに近い職場探しをサポートしてくれる、職業訓練・求人紹介企業っていうのを最近発見した。

 

 

障害者に特化した企業、

 

 

ラルゴ高田馬場!!

 

 

なんか強そうな名前なんだがw

 

 

障害者手帳を持っている人を対象に、多数の求人情報の中から、その人に合った企業を紹介してくれるそうだ。

 

さらに、バーチャルオフィスとして実践的・実務的なトレーニングを経験する事ができるようだ。

 

内容は、PCスキル、就活講座ノウハウ、コミュニケーショントレーニング、

体幹トレーニングなど。

 

仮に障害者手帳がなくても、未就業でも、相談する価値はありそうだ。

 

ちなみに、このラルゴ高田馬場さん、登録は無料だそうだ。

           

という事で、自分に合った仕事や職場を見つける為に参考にして頂けたらと思う。

以上。