アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラムアスペルガー症候群の2Eによる超専門的な当事者ブログ。他にも精神障害やADHDの事も書いている。少し高度な視点からの具体的で超専門的なここだけの内容が満載。きっと役に立つだろう。そして同じような人と繋がっていきたいから、多くのコメントを寄せて欲しい。

発達障害アスペルガーが恋愛が続かない5つの理由

 

⬇Select the langage⬇︎

 

発達障害の自閉症スペクトラムのアスペルガー症候群の人は恋愛が続かないことが多い。

 

定型発達の人とは全く違う考え方、感じ方、価値観を持っているため、特に定型発達の人と恋愛をすると、より続かないように感じる。

 

なっさん自身も定型発達の人としか恋愛をしたことがないが、続いた試しはなかった。

では、なぜ恋愛が続かないのだろうか。

 

目次

【連絡】メールが続かない

発達障害アスペルガーの人は、

  • 異性に依存しやすく
  • 不安にもなりやすく
  • 相手との距離感を掴むのも苦手

なので、相手からのメールの返信が遅かったら不安になってまたメールを送ってしまうことも多い。

 

そうすると、相手は

  • 重いとか
  • 求めてる関係性の距離感じゃない

と感じてしまい、メール連絡が続かなくなる。

 

なので、精神的な余裕があった方がいい。

 

【距離感】男友達から迫られたり恋愛対象や恋人から嫌われる

発達障害アスペルガーの人は、友達と恋愛対象や恋人との適正な距離感や境界線が把握しにくい人が多い。

 

だから、男友達に馴れ馴れしくしてしまったりすることで、男友達に迫られたり恋愛対象や恋人から嫌われることもある。

 

そのため、異性トラブルを招きがち。

 

他の人がどうやって異性に接しているかを観察した方がいい。

 

【人間関係】ずっと誰かと一緒にいることが苦痛、一人になりたい

発達障害アスペルガーの人は、基本的に一人でいる時間が好き。

 

だから、他の人とずっと一緒にいると疲れてしまうので、恋人や恋愛対象とずっと一緒にいることがなかなか難しい。

 

そのため、特に同棲する時には自分の時間を作るように気をつけた方がいい。

 

【空気】相手の感情や気持ちが読めず自分がして嬉しいことやされて嬉しいことを勧める

発達障害アスペルガーの人は、基本的に相手の気持ちや感情を把握することが苦手。

 

だから、自分がされて嬉しいことや嫌なことをそのまま相手に適用させてしまいがち。

 

そのため、自分の好きなことやされて嬉しいことを相手にもするが、だいたい裏目に出てしまう。

 

相手の性格や考え方から、どういうことをしたら喜んでくれるだろうか?と考えて、そのために相手のことを知るなどの工夫があった方がいい。

 

【共感】恋愛や相手の気持ちも理論的に考えてしまう

これはなっさん自身がよく失敗した例だ。

発達障害アスペルガーの人は、共感するのが苦手だ。

 

感情把握機能が先天的に低下しているために、どうしても感情や気持ちも理論的に考えてしまう。

 

恋愛は感情で楽しむものだとはわかってはいるが、どうしてもわからなくて具体的な説明を求めてしまっていた。

 

相手が悲しんだり落ち込んだり怒ったりしても、理解ができず納得がいかないので、そういう感情になった理由を求めるばかりで共感ができないでいた。

 

いくら聞いても質問に対する答えとは全然違う答えが返ってくることがよくあり、その都度イラっとして、理詰めをして言い負かしていた。

 

一般的に女性の方が口がたつとかよく言われるが、なっさんよりも口がたつ女性は見たことがない。

 

男はそれではダメらしいが。

納得いかないことでも柔軟に対応する能力が男には求められるようだ。

 

全然柔軟に対応ができずに理詰めをしていたこともあって「心がない」とかいう心無いことを言われたこともあった。

 

今は結婚してうまく関係を築けているが、そういう風になったやり方は、ひたすら相手の感情に意識をおく。

 

相手がどういう感情になっているのかだけに意識を置いて、理由などはとりあえず考えない。

 

そして、相手と同じ感情になった自分の過去を思い出して、その感情になった時の気持ちを思い出す。

 

それをそのまま相手に投影する。

そうすることで、一応共感ができるようになる。

 

そして、こうやって相手の感情や気持ちを意識して理解しようとするのが、

「寄り添うように」というやつだと実感した。

 

発達障害アスペルガーは恋愛が続かない5つの理由の関連記事

発達障害アスペルガーに関する記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上。