背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

アスペルガー症候群の症状の治療・改善「ローカーボ療法」。ダイエット効果も?

アスペルガー症候群の症状の治療・改善「ローカーボ療法」についての話し。

 

発達障害の一つであるアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)は、先天的に特有のマイナス症状を持っている。

 

そのマイナス症状のせいで、人間関係・仕事・学校生活・私生活などに悪影響を及ぼす事が多い。

 

こういったところが、アスペルガー症候群の人の最大の悩みと言えるだろう。

 

そして、その特有のマイナス症状は訓練により改善できるもので、食事や薬では改善できないと思っていた。

 

しかし、発達障害専門家が、アスペルガー特有のマイナス症状を食事により改善する事ができる方法を書籍で紹介しているので、紹介しよう。

 

目次

アスペルガー症候群特有のマイナス症状の食事改善方法「ローカーボ療法」

その食事改善方法とは、「ローカーボ療法」

 

ローカーボ療法とは、糖分や炭水化物を抜いて肉中心の食生活を送る事で、アスペルガー特有のマイナス症状を改善することができるというもので、ダイエット効果もあるようだ。

 

食事の量を減らすわけではないので、かなり現実的な方法ではないだろうか。

 

本格的にローカーボ療法をしてみたいという人は、「発達障害専門家」のセッションを受けるか、兵庫県加古川市にある「崇高クリニック」に行くと、ローカーボ療法を体験できるようになっている。

 

発達障害専門家のセッションはコチラから。

吉濱ツトム公式ウェブサイト

 

崇高クリニックのホームページはコチラから。

クリニック紹介【崇高クリニック】

 

ローカーボ療法に関する引用記事

アスペルガーの人は、脳の損壊や変形によって、情緒の安定をつかさどる神経伝達物質であるセロトニンの産出や受容量が少ない。

そこで、本書では「ローカーボ」と名付けた療法を推奨している。

「ローカーボ」を簡単に説明すると、炭水化物を極力抑える食事療法だ。

炭水化物に含まれる糖質を制限することで、セロトニンシステムの機能不全を改善し、セロトニン不足による「やる気がない」「体がだるい」「情緒が不安定」といったアスペルガー特有のマイナス症状を緩和する。

 

引用元はコチラ。

日本人の20人に1人…アスペルガー症候群のグレーゾーンに位置する「隠れアスペルガー」の人々 | ダ・ヴィンチニュース

 

アスペルガーの記事一覧紹介

アスペルガーの記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上、

アスペルガー症候群の症状の治療・改善「ローカーボ療法」についての話し、でした〜。