背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

東大生に発達障害アスペルガーの人が多い理由は「カテゴリ分け」?

東大生とアスペルガーについての話し。

 

アスペルガー症候群は発達障害の一つだが、実は東大生に多いのではないかという記事を見つけた。

 

アスペルガー症候群は発達障害のひとつになります。最近では『アスペ』という短縮した言葉で、空気が読めなかったり、意図が掴めなかったりするときの、からかうような言葉として使われることもあります。

約4,000人にひとりといわれるアスペルガー症候群ですが、東大は「東京アスペ大学」と呼ばれても仕方がない。

という東京大学の大学院に在籍していたという男性が寄せたこんな趣旨のツイートが、ネットで波紋を広げています。

彼によれば、東大生の25%に「発達障害の疑いがある」というのです。

〇〇症候群もまた個性

人間は、自由を欲する割には、『不安定な状態』が嫌いです。ですから、血液型でどんな人か決めたがったり、朝の星座占いが無くなることもないのです。
ある意味、「〇〇症候群」の人というのも『不安定な状態』に陥っている人に近いものがあると私は感じます。

 

引用元はコチラ。

東大生の4人に1人がアスペルガー症候群? - エキサイトニュース(1/2)

 

目次

人は人の事を肩書きなどのカテゴリで見る

この記事では、「元東大生」が個人的な見解で、「東大生にアスペルガーが多い」と言っているのを別の人が記事にしたようだが、この記事を書いた人は「人はカテゴリ分け」をしたいものだと主張している

 

しかし、おそらくこの元東大生はただ「カテゴリ分け」をしたいのではなく、

「見抜いた」のではないかと思う。

 

人は通常「カテゴリ分け」をしたいものだという部分には賛成だが、これは「したい」のではなく、一つの結果論の形にすぎないと考える。

 

というのは、通常「カテゴリ分け」をしてしまうのだと考える。

 

人は人の事を見るときに「立場」「役職」「肩書き」で見る。

その人が1人の人間としてどういう人かより、そういうもので見る。

 

IQの低い人ほど人の事を「カテゴリ」で見る。

IQの高い人ほど人の事を「人間」として見る。

 

IQの高い人は「人間」として見るために、上司や目上の人に対しての態度がおろそかになる事がある。

 

基本的に東大生は普通の人よりIQが高めだ。

そんなIQが高めの人が、ただカテゴリ分けをしたかったとは考えにくい。

 

通常、IQ高めの人が主張する時は、「解決」「真実」といったニュアンスを含む。

 

わかりやすくするため、他の「カテゴリ分け」の例を書いていこう。

 

①お兄ちゃんなんだから、お姉ちゃんなんだから

幼少期のころ親に育てられたときに、「お兄ちゃんなんだから」とか「お姉ちゃんなんだから」とか言われて育てられた記憶はないだろうか?

 

もちろん、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」じゃなかった人には当てはまらないが。

 

そんな接し方をされた時は嬉しかっただろうか?

嬉しくないはずだ。

 

なぜなら、その時は「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」という「肩書き」でしか扱われていないからだ。

1人の人間として、1人の子供として接してもらうと嬉しいはずだ。

 

②有名人を街中で発見したらどう感じるか?

例えば、ファンの有名人を街中に発見したら、興奮しないだろうか?

その人の内面のどんな部分を知っていてファンになっているのだろうか?

 

もし、その人が不祥事を起こしたら好きじゃなくなれば、それはその人をみて見ていないという事になる。

もし、ただの熱狂的なファンであれば、ただの洗脳である可能性も十分ある。

 

逆にその有名人からすると、1人のファンにしか映らない。

その有名人と仲良くなりたければ、その有名人の事を1人の人間として接する事だ。

 

③医者に指示されれば黙って従うか?

もし、体調が悪くなって病院に行ったときに、医者から処方された薬を飲むだろうか?

 

飲むだろう。

 

理由は「医者」だから。

「医者」という肩書きを持っている人だから。

一言で医者と言ってもピンキリだ。

 

もし、その医者が、「医者」という肩書きを持った悪魔のような人間だとしたら、その処方された薬を飲むだろうか?

 

飲まないだろう。

理由は「悪い人」だから。

 

医者という肩書きを持っていても、その人が悪い人ならダメなようだ。

 

肩書きの前に1人の人格者

という事で、人のことを「肩書き」で見ると、解決しない。

しかし、通常の人はそこがわからないために肩書きに翻弄されている。

 

そのため、「資格」「肩書き」を入手しないと誰も認めようとしない。

大事なのは「資格」「肩書き」「結果」ではなく、その結果を出せる実力を持っているかどうかだ。

 

先ほどピンキリという表現を使ったが、「資格」「肩書き」があるからと言って実力があるとは限らない。

 

実力があるかもしれないし、実力がないかもしれない。

 

そして、その実力を判断するためにテストなどを受けるわけだが、そのテストも実力を判断しにくいものが多く、何のためのテストかわからず、本末転倒状態になっている。

 

テストを出してる側もそんな事に気づかずに出してると思う。

 

なので、何でもそうだが、結果だけを見るのではなく、由来・理由・経緯・仕組みなどを見ていかないと、何も解決しない。

 

アスペルガーの記事一覧紹介

アスペルガーの記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上、

東大生とアスペルガーについての話し、でした〜。