背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【SEO】はてなブログで「記事タイトルリライト」をした結果・・・サーチコンソールアクセス数解析の方法と効果

ブログを始めてやっと半年ほどがたった。

3ヶ月〜半年でやめてしまう人が多いという噂をよく聞いていたが、なんとかここまでこれた。

 

元々ブログをやり始めたのは、会社勤めのめんどくささと人間関係が嫌になったから自分で金を稼いで生活していこう、と思ったのがきっかけだった。

 

わからない事だらけの中、「グーグル先生」を頼りに頭が痛くなりながらも一から必死で調べながらやってきたのが思い出される。

 

だって元々PC戦闘力はたったの「5」で、「ゴミ」と呼ばれるレベルだったんだからw

 

で、調べながら闇雲に記事を書いてきたのだが、最近記事を書くのがだるくなってきた。

 

だから、記事タイトルのリライト(編集)でもしようと思って実施してみた結果、なかなかすごい事になったので、その効果と方法を書いていこう。

 

目次

記事タイトルリライトの効果

まず、「リライト前」までのアクセス数は「350前後」だった。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124234.png?1512099802

それに対し、「リライト後」のアクセス数は「およそ600〜700」になった。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124224.png?1512099981

およそ「2倍」になった。

 

タイトルのリライトは以前にも実施した事があり、効果があったので、今では2回/月くらいの頻度で実施しているが、今回のリライトが一番効果があった。

 

記事内容のリライトもたまにするが、めんどくさいので、基本的にリライトする場合は「タイトル」だけだ。

 

めんどくさいのはキライ!!!

 

サーチコンソールを使ったアクセス数解析方法

タイトルリライトをする時は、「サーチコンソール」を使って「アクセス数の解析」をして、そのデータを参考にしながら行う。

 

「サーチコンソール」の登録方法や設定方法は、もうあまり覚えてないので、検索で調べながらやって欲しい。

 

見慣れない画面を見ると難しいと感じてしまうが、一回一通りやってみると割とすぐに覚えられるので、そんなに難しくはない。

 

アクセス数の解析の方法は、まず、サーチコンソールの最初の画面を開いて、

「検索アナリティクス」をクリックする。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124017.jpg

次に、「表示回数」「CTR」「掲載順位」クリックして「レ点」を入れる。

「クエリ」「・」マークが入ったままで、ページの「フィルタなし」をクリック。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124023.jpg

「ページをフィルタ」をクリック。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124028.jpg

アクセス数の解析をしたい記事のURLをコピペし、「フィルタ」をクリック。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124033.jpg

記事のURLのコピペ元は、左上の「ダッシュボード」から。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201131208.jpg?1512101537

ココ!

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124245.jpg

で、先ほどのサーチコンソールの「フィルタ」をクリックすると、こんな画面になる。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171201/20171201124241.jpg

左上の「クエリ」の下は黒く塗りつぶしてあるが、ここには実際に検索されたキーワードが記載されている。

 

そして、順番に右に見ていく。

 

次は「クリック数」

検索されたあと、実際にクリックされてブログのページに飛んできた回数。

 

次は「表示回数」

検索されてクリックされてはいないが、検索結果に表示された回数。

 

次は「CTR」

検索結果に表示された回数のうち、何%が実際にクリックされたか。

 

目安のパーセンテージは、「10コ/ページ」表示されるうち、

第1位:30%

第2位:25%

第3位:20%

第4位:15%

第5位:10%

第6位〜第10位まで:5%

が目安になる。

 

次が、「掲載順位」

検索結果の平均順位。

 

これらのデータを元に、記事タイトルのリライトをしていく。

 

記事タイトルのリライト方法

記事タイトルから「人気のないキーワード」を消していきつつ、「人気のあるキーワード」を残したり足したり、「クリックされやすくなるキーワード」を入れる。

 

これを応用すると、こんな方法もできる。

 

記事を書き始めた時は、SEOを重視したキーワードをたくさん入れて、わざと長ったらしい記事タイトルにしておく。

そして、1ヶ月後に記事タイトルのリライトをする事によってSEOの適正化をはかるという方法。

 

なので、そう考えれば「ゴミ記事」だと思っていた記事も、データを集めるという役割をしてくれる。

ゴミ記事も使いようだ。

 

ちなみに、記事タイトル文字数は27〜28文字を目安にとか言われているが、実際は25〜35文字が目安なので、MAX35文字で計算してタイトルを決めるといい。

 

25文字というのは、PCでのヤフー検索結果での表示で、

35文字というのは、スマホでのグーグルクローム・サファリ検索結果の表示だ。

 

スマホで検索する人の方が多いはずなので、35文字を基準にしていくといいと思われる。

 

はてなブログ記事タイトルリライト、まとめ

  • サーチコンソールを登録・設定し、使用できるようにしておく
  • 検索結果1位の記事でも、クリック率30%が目安
  • 人気のないキーワードを消す
  • 人気のキーワードを入れる
  • クリックされやすいキーワードを入れる
  • ゴミ記事もデータを集める役割をしてくれる
  • 記事タイトルの文字数の目安は35文字

以上。