背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【注意】「カジノ解禁法」で遊戯障害やギャンブル依存症の人が増える?!

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171102/20171102164604.jpg?1509608773

「カジノ解禁法」遊戯障害ギャンブル依存症の人が増える?!

 

遊戯障害とは、日常生活の支障をきたしているのにも関わらず、「プレイ」をやめられないもので、その中の1つにギャンブル依存症がある。

 

まず、コチラを見ていただきたい。

www.facebook.com

パチンコ・パチスロに過度にのめり込む「遊技障害」が疑われる状態になったことのある人が国内に約90万人いることが24日、お茶の水女子大のワーキンググループと精神科医や研究者らによる「パチンコ依存問題研究会」の初めての全国調査で分かった。

調査結果を公表した牧野暢男・日本女子大名誉教授(社会学)は「社会的に対策を講じるべきだ」と訴えた。

今年1~2月、無作為抽出した18~79歳の男女9000人に調査票を送り、5060人(56.2%)から回答を得た。

過去に精神面や家計、仕事、人間関係などのいずれかに支障が出ている「遊技障害」の疑われる状態になったことがある人は47人で、全国では約90万人と推計された。

直近1年に限ると21人で、全国推計は約40万人。

21人の特性を分析すると、離婚経験がある人や預貯金のない人が多かった。

一方、男女や年代、学歴、職業、居住地、店舗の遠近との関連は見られなかった。

 グループはパチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)を独自に開発し、日常生活に表れる症状や思考、行動を27項目挙げて数値化。

一定点数以上の人を遊技障害の恐れがあると判断し、医学的な審査を経て調査を実施した。

 競馬・競輪・競艇なども含む「ギャンブル依存」は行動障害で、精神疾患の一種と考えられている。

今回の全国調査とは尺度が異なるが、厚生労働省の研究班による2013年の調査では、依存が疑われる状態になったことがあるのは成人人口の4.8%に当たる約536万人と推計している。

牧野名誉教授は「障害を引き起こす要因の特定や、障害の予防や治療法の検討に取り組んでいきたい」と話した。【稲田佳代】

 

目次

最も身近な遊戯障害とは

最も身近な遊戯障害は、「スマホゲームアプリの課金」だろう。

 

なっさんはギャンブルはやらないが、スマホゲームアプリの課金がやめられなくて、すごく家計が苦しかった。

 

体験した事のある人はわかると思うが、

 

 

あ・れ・は・マジにヤバい!!

 

 

あの中毒性の高さと、課金がやめられず貧乏になっていくあの状況!!

 

 

あれは反則レベルだろ!

 

 

でも、あれは思い切って1回やめたら普通にやめる事はできた。

ログインボーナスが途切れてしまうからね。

 

遊戯障害は精神疾患

ギャンブルにはハマらないが、もしギャンブルにハマってしまったら抜け出せるかどうかはわからない。

 

遊戯障害は精神疾患と言われているので、治療が必要なのだろう。

という事で、まずは病院に行った方がいいのかもしれない。

以上。