背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

離人症の原因はストレスからの「アンモニア」?!治療方法や対策は薬ではなくサプリ?!

「離人症」の原因や理由はストレスからの「アンモニア」?!治療方法は薬ではなくサプリ?!

 

「離人症」とは、頭がボーッとする症状がある精神疾患だ。

 

目次

離人症の症状

厳密にいうと、当事者によって表現の方法は変わるが次のような表現になる。

 

  • 季節感や「実感」がないため、常に生きてる実感がない
  • 自分の体が「他人の体」のように感じるため、自分の事が自分じゃないと感じる
  • 頭の中に霧がかかったような感じがする
  • 頭の中にレースカーテンがかかってるような感じがする
  • 目の前の景色を映画館のスクリーン越しに見ているような感じがする

 

離人症の治療方法

これらの症状は、脳内に「アンモニア」が溜まった時に見られる典型の症状だそうだ。

そのアンモニアはストレスにより発生する。

そして、そのアンモニアは「BCAA」というサプリメントによって除去できるらしい。

 

離人症の発症原因

そんな離人症だが、発生原因は逃げたくなるようなレベルのストレスによるもので、

「多重人格」で有名な「解離性障害」の一歩手前の状態と言われる。

逆にいうと「離人症」が悪化すると「解離性障害」になりかねない。

 

離人症の対策

離人症当事者は、だいたいの人は自ら症状を悪化させる。

離人症当事者は、生きてる実感が感じられないので、生きているのに生きていないみたいに感じるため、自殺願望が強い人も多い。

 

そのため、当然その症状が気になってしまう。

しかし、離人症当事者にとって、この「気にする」というものが症状を悪化させる原因になる。

 

この精神疾患は特に「気にしない」のが一番だ。

いくら気にしなかったとしても治る事はないが、よほどの事がない限り悪化することもないだろう。

以上。