背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【当事者】言葉を額面通りに受け取る人の対応対策方法は具体性のある指示や説明。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170923/20170923102511.jpg?1506129923

言葉を額面通りに受け取る人は少なからずいると思うが、その対策を考えてみたのでまとめていく。

 

言葉を額面通りに受け取るというのは、

 

例えば、

 

以前社交辞令で「今度遊ぼ」って言ったのに、「いつ遊ぶの?」って連絡がきたとか、買い物を頼まれて行ったけど、なかったから代用品すら買わなかったとか、持ち物全てに名前を書いてって言われたから、ティッシュ一枚一枚に名前を書いたとか

 

そのような感じだ。

 

そもそもなぜ額面通りに受け取るようになってしまうのか。

 

これは、その言葉の裏に隠れている意図や暗黙の了解などの感情面に気づけないために起こってしまうのだ。

 

こういう人は、発達障害のアスペルガー症候群である可能性が高い。

もしそうであれば、生まれつきのものなので治す事は不可能に近い。

 

こういう人は、生まれつきの特殊感覚者なので、感覚としての捉え方が特殊なのだ。

言葉の捉え方や感情の捉え方、感覚過敏など、特殊な感覚の持ち主なのだ。

 

目次

【額面通り】言葉を額面通りに受け取る人の対策 

じゃどうすればいいかというと、当事者に具体的に伝えてあげる。

当事者は相手に具体的な質問をするという事が対策として使える。

 

質問をするというのは、理解姿勢をとるという事だ。

 

理解できなくてもいい、理解姿勢を取る事自体がすごく重要だ

何でもそうだが、相手を理解する時は郷に入れたければ郷に従うという事だと思う。

 

どういう事かというと、額面通りに受け取る当事者の言動を真似すればいいのだ。

そういう人ってよく、「何で?」って聞いてくると思う。

 

それを真似するのだ。

 

そういう人が何か言ったら、「何で?」とか、「何でそう思うの?」とか、何かした時でも、「何でそういう事をしたの?」と聞いてあげればいいのだ。

 

これは、一般的な人に対してとか、職場での上司が部下に対しても同様の事が言えるはずだ。

同じなのだ。

 

ただ、そういう人には特に言える事、ただそれだけなのだ。

なので、その逆の事は絶対にやってはいけない。

 

それは、理解姿勢を取らないという事だ。

 

理由も聞かずに一方的に決めつけて、いきなり怒るという事は絶対避けなければいけない。

 

これを継続的にしてしまうと、自己肯定感が低くなり(自己否定感が強くなり)高確率で自責や他責をするようになる。

 

頭が良く、プライドの高いタイプは他責をするようになり、そうでないタイプは自責をするようになる。

 

他責タイプは人を責め、場合によっては人に危害を加え、

自責タイプは自分を責め、場合によってはリストカットなど、自分に危害を加える。

 

逆に認めてあげたり味方になってあげると、定型発達の人よりも強い絆で結ばれる。

根が真面目で素直であるためだ。

 

そうなると、自分の為によく動いてくれたり、言う事を聞いてくれるようになる。

これはハーパーラポールと言われる、上下関係での強い信頼関係だ。

 

その関係性を築いた上で、言いたい事がある時の言い方のポイントとしては、アイメッセージで伝えると効果的だ。

 

アイメッセージとは、自分が感じた事を相手に伝える方法だ。

例えば、あなたが〇〇をしてくれなかったから私はすごく困った、などという言い方だ。

 

 

【額面通り】言葉を額面通りに受け取る人のエピソード

聞いた話しとして、こんなエピソードがあった。

 

仕事中に、花に適当に水をやってほしいと言われたAさんは、鉢植えに水が溢れるほど水を注いでしまったようだ。

 

で、後日、コップ2杯分の水をやってほしいというとその通りにできたようだ。

 

具体的に伝えないとよくわからないが、逆にいうと、指示を精密なまでに全うする細かさを持っているとも言えるだろう。

 

言ってしまえば、当事者も適当って具体的にはどれくらいですか?と質問した方がよかっただろう。

 

少々めんどくさいと感じるかもしれないが、こういう人にはすごくいいところもあるので、それを次の章で伝えていく。

 

【額面通り】言葉を額面通りに受け取る人は根が素直

そして、こういう人って想像以上に根が素直だ

 

なので、一から十まで具体的に教えてあげるとその通りにするので、

言ってしまえば、こんな育てがいのある人はいないと思う。

 

なぜなら、具体的に指示を出すとその通りにできてしまうからだ。

言い方が少し悪いかもしれないが、こんなに自分の色に染めやすい人はいない。

 

誰しもが、自分と似た人や自分と同じやり方をする人に共感するはずだ。

 

素直というのは誰からも好かれる要素の一つだ。

なので、そこを知るとめんどくさいと感じる事も少なくなるのではないだろうか。

 

【額面通り】言葉を額面通りに受け取れる人を育てるのは一つの喜び 

そんな人を一から自分で育てる事ができるのは一つの喜びだ。

 

なのでめんどくさいかもしれないが、こういう人には具体的に伝える必要があるし、具体的に質問をされた時も、めんどくさがらず伝える必要があると思う。

以上。