言葉を額面通りに受け取る人の王道対策

言葉

 

言葉を額面通りに受け取る人は少なからずいると思いますが、

その対策を考えてみたのでまとめます。

 

 

言葉を額面通りに受け取るというのは、

 

例えば、

 

 

以前、社交辞令で今度遊ぼって言ったのに、いつ遊ぶの?って連絡がきたとか、

買い物を頼まれて行ったけど、なかったから代用品すら買わなかったとか、

持ち物全てに名前を書いてって言われたから、ティッシュ一枚一枚に名前を書いたとか

 

そんな感じですね。

 

 

そもそもなぜ額面通りに受け取るようになってしまうのか。

これは、その言葉の裏に隠れている意図とか

暗黙の了解に気づけないために起こってしまうのです。

 

 

こういう人は、発達障害のアスペルガー症候群である可能性がありますね。

もしそうであれば、生まれつきのものなので治す事は不可能に近いです。

 

 

こういう人は、生まれつきの特殊感覚者なので、感覚としての捉え方が特殊なのです。

言葉の捉え方や感情の捉え方、感覚過敏など、特殊な感覚の持ち主なのです。

 

目次

言葉を額面通りに受け取る人の対策

 

じゃどうすればいいかというと、他者は具体的に伝えてあげる。

当人は具体的な質問をするという事が対策として使えます。

 

 

言葉を額面通りに受け取る人のエピソード

 

聞いた話しとして、こんなエピソードがありました。

 

仕事中に、花に適当に水をやってほしいと言われたAさんは、

鉢植えに水が溢れるほど水を注いでしまったようです。

で、後日、コップ2杯分の水をやってほしいというとその通りにできたようです。

 

 

具体的に伝えないとよくわからないですが、

逆にいうと、指示を精密なまでに全うする細かさを持っているとも言えるでしょう。

 

 

言ってしまうと、当人も適当って具体的にはどれくらいですか?と

質問した方がよかったですね。

 

 

言葉を額面通りに受け取る人は根が素直

 

そして、こういう人って想像以上に根が素直です。

なので、一から十まで具体的に教えてあげるとその通りにするので、

言ってしまえば、こんな育てがいのある人はいないと思います。

 

 

だって、具体的に伝えたらその通りにできるんですよ?

言い方が少し悪いかもしれませんが、こんなに自分の色に染めやすい人っていますか?

誰しもが、自分と似た人や自分と同じやり方をする人に共感するはずです。

 

 

言葉を額面通りに受け取れる人を育てるのは一つの喜び

 

そんな人を一から自分で育てる事ができるのは一つの喜びですよ。

なのでめんどくさいかもしれませんが、こういう人には具体的に伝える必要があるし、

具体的に質問をされた時も、めんどくさがらず伝える必要があると思います。