アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラムアスペルガー症候群の2Eによる超専門的な当事者ブログ。他にも精神障害やADHDの事も書いている。少し高度な視点からの具体的で超専門的なここだけの内容が満載。きっと役に立つだろう。そして同じような人と繋がっていきたいから、多くのコメントを寄せて欲しい。

高IQギフテッドアスペルガー2E(受動型)の高校生時代の体験談

 

⬇Select the langage⬇︎

 

なっさんは高IQでギフテッドと発達障害のアスペルガー症候群を持っている。

 

高校生時代のアスペルガーのタイプは受動型だった。

 

生まれつき特殊なパターンで生まれてきたせいか、高校生時代も少し変わっていたのを覚えている。

 

目次

ギフテッドとは

ギフテッドとは、

  • WAISなどの知能テストで点数が高い低いに限らず本質的にIQ(知能指数)が高く
  • 問題解決能力も高く
  • 様々な分野での上達スピードが早く
  • エネルギッシュで
  • 知的好奇心から行動をとる

などの特徴をもつタイプの事をさす。

 

その中でも、全般的に能力が高いタイプではなく、得意苦手の凹凸の激しいタイプのことを「2E」という。

 

発達障害アスペルガー受動型とは

発達障害アスペルガー症候群受動型とは、

  • 自己主張が少ない
  • わからないこと自体がよくわからない
  • 人によく流される、押しに弱い
  • 会話をする時に単発の返事が多い
  • 自分が大丈夫なのかそうじゃないのかがよくわからない
  • 自分の事を話すのが一番困る
  • 「あれ」「あそこ」と言われてもピンとこない
  • 素直で真面目
  • 言葉を額面通りに受け取る、真に受ける、冗談が通じない
  • 基本、人の気持ちはわからないし空気も読めないが観察力の高さから読もうとする
  • 「ん〜」「う〜ん」とよくいう(言葉が出てこない)
  • 人に騙されやすい
  • 文句や口をほとんど言わない
  • 何があっても大抵ケロッとしている
  • わからない事を言われてもわからないフリをすることが多い
  • 人の話しはよく聞く
  • ぼーっとしている

などの特徴をもつタイプのことをさす。

 

高校生時代の体験談 

自分が誰なのか何者なのかを考えるようになった

周りの人と比べて、明らかに自分とは違うと思い始めた。

 

その正体がなんなのかが全然わからなかったが、自分が誰なのか、何者なのかを考えるようになった。

 

人間嫌い、強迫観念がマシになった

人間嫌い、強迫観念が落ち着いてきてマシになってきた。

 

少なからず人と関わるようになってきたし、人間のことを汚いと思うことは少なくなってきた。

 

自分から接することはあまりなかったが、なんとか友達の輪の中には入れるようになった。

集団の最後尾を歩いてはいたがw

 

不良少年たちと一緒にいることが増えてきたが悪いことはしなかった

普通の人より不良少年と一緒にいることが増えてきたが、悪いことはしなかった。

なんちゃってというヤツだw

 

通学カバンもぺったんこで両手は後ろポケットにつっこんで歩いていた。

が、喧嘩は怖いw

 

アルバイトが怖くて続かなかった

接客のアルバイトを初めてしたが、「いらっしゃいませ」を言うのが恥ずかしくて、それすら言えなかった。

初めて経験することも怖かった。

 

アルバイト前は気分が憂鬱で不意に休んでしまったりもして、1ヶ月くらいしか続かなかった。

 

アルバイトをしている人をすごいと思っていた

アルバイトをするのがとにかく怖かったので、アルバイトを継続できている人がすごいと尊敬していた。

 

なんでそんな怖いことが継続できるのだろうと思っていた。

 

高IQギフテッドアスペルガー2E(受動型)の高校生時代の体験談の関連記事

発達障害アスペルガーに関する記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上。