アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラムアスペルガー症候群の2Eによる超専門的な当事者ブログ。他にも精神障害やADHDの事も書いている。少し高度な視点からの具体的で超専門的なここだけの内容が満載。きっと役に立つだろう。そして同じような人と繋がっていきたいから、多くのコメントを寄せて欲しい。

高IQギフテッドアスペルガー2E(積極奇異型)の乳児〜幼児時代の体験談

 

⬇Select the langage⬇︎

 

なっさんは高IQでギフテッドと発達障害のアスペルガー症候群を持っている。

 

幼児の頃のアスペルガーのタイプは積極奇異型だった。

 

生まれつき特殊なパターンで生まれてきたせいか、乳児〜幼児時代も少し変わっていたのを覚えている。

 

目次

ギフテッドとは

ギフテッドとは、

  • WAISなどの知能テストで点数が高い低いに限らず本質的にIQ(知能指数)が高く
  • 問題解決能力も高く
  • 様々な分野での上達スピードが早く
  • エネルギッシュで
  • 知的好奇心から行動をとる

などの特徴を持つタイプの事をさす。

 

その中でも、全般的に能力が高いタイプではなく、得意苦手の凹凸の激しいタイプのことを「2E」という。

 

発達障害アスペルガー積極奇異型とは

発達障害アスペルガー症候群積極奇異型とは、

  • 人と積極的に関わろうとする
  • 自分の喋りたいことを一方的に喋り続ける
  • 人との心理的距離感や物理的距離感がわからず馴れ馴れしくしてしまう
  • 思ったことを口に出す
  • 会話の中で相槌をほとんどしない
  • 仕切り屋、目立ちたがり屋
  • ストイック
  • 行動力がある
  • 特に子供時代、暴力を振るうことがある(暴れる)

などの特徴をもつタイプのことをさす。

 

乳児〜幼児時代の体験談

授乳時の出来事

通常、乳児時代の記憶というものは覚えていないものだと思うが、なっさんは乳児時代の記憶がある。

 

母の母乳を嫌って飲まなかったという記憶だ。

 

なぜ覚えているのかというと、記憶というのは感情が強く紐づいた物事をよく覚えているという性質がある。

 

思い出してもらうとわかると思うのだが、今までの出来事でよく覚えているのは、良かったことや悪かったことが多いのではないだろうか。

 

なので、乳児時代のこの出来事は相当嫌がっていたということだ。

もう、とにかく嫌だったのをよく覚えている。

 

生まれつきプライドが高くこだわりが強かったために、

「なんで俺がおかんの乳を吸わなあかんねん!」と思っていたのだ。

 

もちろん、当時の湧き上がった感情を今言語化しているだけなので、当時にそんな言葉を言ったわけではない。

 

保育所での出来事

両親は共働きだったため、なっさんは日中は保育所に預けられていた。

 

母親から離れることに激しい不安と寂しさを覚え、その極度のストレスで熱が出て泣きじゃくっていた。

 

甘えたいのに甘えるのが下手だった。

淋しいのに淋しいと言えなかった。

 

高IQギフテッドアスペルガー2E(積極奇異型)の乳児〜幼児時代の体験談の関連記事

発達障害アスペルガーに関する記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上。