アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラムアスペルガー症候群の2Eによる超専門的な当事者ブログ。他にも精神障害やADHDの事も書いている。少し高度な視点からの具体的で超専門的なここだけの内容が満載。きっと役に立つだろう。そして同じような人と繋がっていきたいから、多くのコメントを寄せて欲しい。

高IQギフテッドアスペルガー2E(混合型)の社会人35歳〜の体験談

 

⬇Select the langage⬇︎

 

なっさんは高IQでギフテッドと発達障害のアスペルガー症候群を持っている。

 

社会人35歳までのアスペルガーのタイプは混合型だった。

 

生まれつき特殊なパターンで生まれてきたせいか、社会人35歳になっても少し変わっていた。

 

目次

ギフテッドとは

ギフテッドとは、

  • WAISなどの知能テストで点数が高い低いに限らず本質的にIQ(知能指数)が高く
  • 問題解決能力も高く
  • 様々な分野での上達スピードが早く
  • エネルギッシュで
  • 知的好奇心から行動をとる

などの特徴をもつタイプの事をさす。

 

その中でも、全般的に能力が高いタイプではなく、得意苦手の凹凸の激しいタイプのことを「2E」という。

 

発達障害アスペルガー混合型とは

発達障害アスペルガー症候群混合型とは、なっさんの造語でいろんなタイプの特徴がミックスしているタイプのことをさす。

 

なっさんの場合は、下記のような特徴がある。

  • 基本的に人との関わりを避けるが、自分が関わりたい人とは積極的に関わり、コミュニケーションもとれる、意図的に笑いもとれる
  • 具体的に言われないとわからないことがたびたびある
  • 人のせいにすることがぼちぼちある
  • 頭がよくてこだわりが強く、特定の分野で能力が発揮できる
  • 人との距離感、空気を読むことはそこそこわかる

 

社会人35歳〜の頃の体験談

客に嫌気がさして業務に支障をきたし始めた

なっさんがいた接客業界は「携帯ショップ」だ。

この業界はクレーム業界で、なんせ理不尽なクレームが多い。

 

何年もこの業界にいると人間嫌いに陥る人も多い。

なっさんも客に嫌気がさして業務に支障をきたし始めた。

 

接客業から工場に戻った

携帯ショップの客に嫌気がさしていたのと、給料が安かったという理由で工場の仕事に戻った。

 

ストレスも少なく給料もいいので、若干天国のように感じた。

 

夢の生活を手に入れるため脱サラする

自分が幸せになる条件について考えるようになった。

その条件の一部は「時間」「金」

 

その両方とも手に入れることができる仕事をしようと思い、ブログを書いてその収入で生活をするようにした。

 

ベトナム人女性と結婚してベトナムホーチミンに移住

ベトナム人女性と結婚して、ベトナムホーチミンに移住した。

生活に慣れるまではストレスが多かったが、なんとか落ち着いた。

 

ベトナムはうるさいので、聴覚過敏がある人にとってはストレスだが、慣れた。

ベトナム語は全然わからないので、何かあったらと考えると不安でしょうがなかったが、あまり考えないようにして、なんとか落ち着いた。

 

超女脳の妻と喧嘩ばかり

なっさんは超がつくほどの男脳で、嫁は超がつくほどの女脳なので、相性が悪い。

2回/週くらい喧嘩をしていたが、今ではほとんど喧嘩しなくなった。

 

自分がどういう時にどういう感情になったかをお互い何回も何回も話しあった。

それで関係がよくなった。

 

こういうのを「すれ違い」というのだろう。

 

高IQギフテッドアスペルガー2E(混合型)の社会人35歳〜の体験談の関連記事

発達障害アスペルガーに関する記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上。