背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

子供のスポーツや運動は「胸への衝撃」に注意!「心臓震盪」は心停止死亡する可能性もある

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171106/20171106183517.jpg?1509960972

子供のスポーツや運動は「胸への衝撃」に注意!「心臓震盪」(しんぞうしんとう)は心臓が急停止し死亡する可能性もある。

 

小学生の時にグラウンドでドッジボールをしていたら、不意に心臓が止まった事があったなぁと、呑気に思い出していたら、それが心臓震盪だったという事を最近知ったw

 

強肩の小学生が放った強烈な一発を胸で受け止めた瞬間、後頭部に激痛が走り、悶絶していた事があったのを思い出したのだww

 

どういうことかというと、その強烈な一発が胸に当たった瞬間に心臓が止まり、学校のグラウンドに後頭部から落ちて、その時の激痛により心臓が動き出し、悶絶していたという事だwww

 

心臓震盪を具体的に説明した情報を引用してみた。

それとネタ元のリンク。

心臓震盪は胸部に衝撃が加わったことにより心臓が停止してしまう状態です。


多くはスポーツ中に、健康な子供や若い人の胸部に比較的弱い衝撃が加わることにより起こるのですが、あまりよく知られていません。

 

  • 比較的弱い衝撃:胸骨や肋骨が折れるとか、心臓の筋肉が損傷するような強い衝撃ではありません。子供が投げた野球のボールが当たる程度の衝撃で起こります。
  • 心臓の真上あたりが危険な部位です。

 

心臓震盪は衝撃の力によって心臓が停止するのではなく、心臓の動きの中で、あるタイミングで衝撃が加わったときに、致死的不整脈が発生することが原因と考えられています。
  • あるタイミング:心臓の収縮のための筋肉の興奮が終わり始める時で、心電図上でT波の頂上から15-30msec(ミリ秒:15-30/1000秒)前のタイミングです。
  • 致死的不整脈:心室細動といって、心臓の筋肉が痙攣している状態となり、心臓は収縮できず血液を送り出せません。つまり心臓が停止している状態です。

心臓震盪から子供を救う会 心臓震とうとは何か?

 

目次

実際にあった心臓震盪の事件のニュース

実際にあった心臓震盪の事件のニュースだ。

headlines.yahoo.co.jp

 

実際にあった心臓震盪の事件の動画

実際にあった心臓震盪の事件の動画だ。


「バットが直撃した少年」ザ!世界仰天ニュース

 

死にかけた事件の関連記事

なっさんは運がいい。

この事件を含め、15歳までに2回も死にかけているが、今は生きている。

 

15歳の頃に死にかけた事件が気になる人はコチラを見ていただくといいだろう。 

www.himawari0511.com

以上。