ハードル(敷居)の高さによる影響と下げる事の効果

ハードル

 

ハードルが高いとか低いって考えた事ありますか?

なっさんは最近よく考えますねぇ。

これはなかなか大事な事だと気づいたんです。

 

 

ハードルが高いとか低いとかって、別の言葉で言い換えるなら、

物事に対してのとっつきやすさ、めんどくささ、敷居と言い換える事ができます。

 

 

ココを工夫していくだけで、普段の生活から将来の事に対してまで

いい影響を与えるようになるはずです。

 

 

なので、今日はハードルの事を考察していきます。

 

目次

ハードル(敷居)を気にしたきっかけ

 

きっかけは通勤中の駅の構内での事。

普段のように何気なく通勤していました。

すると、駅の構内にコンビニがありました。

 

 

コンビニって、道沿いや駅の構内にあると思うんですが、

構内のコンビニは入った事なかったんですが、とりあえず入ってみました。

 

 

あら!?めっちゃ楽〜<丶`∀´>クックックッ

出入り口の扉がなく、シームレスに行き来できるのでなんか楽でした。

これがハードルが低いって事なんだなぁと感じました。

 

 

利用者にとっても楽だし、運営側にとっても利益がある、

これは両者共にウハウハな方法だ!

 

 

という事で自分の私生活に応用をしてみたわけです。

 

 

ハードル(敷居)の私生活での応用、ブログ

 

応用させたのはブログの記事を書く時と読書する時です。

 

 

ブログを書く時って、テーマや読者を絞るのが定石なんですが、

これをしてしまうと、書くネタがなくなって書くのが苦痛になってしまいます。

 

 

ハードルが高いんですね。

なのでハードルを下げるために、そこまで絞らずに書くようにしました。

雑記ブログというやつですね。

 

 

ハードル(敷居)の私生活での応用、読書

 

本屋さんに行って、気になった本があって帰って読もうと思って買っても、

読まずにずっと放置してある本ってないですか?

なっさんはあるんですよ。。。

 

 

ってか、誰しもがあるはずです!!

あってほしいです!!w

これもハードルが高いからですね。

 

 

本を手に取って開き、小さい文字が詰め込まれてるものを読むんですよ。

コレ、意外とハードルが高いんですねぇ。

そして、このハードルを下げるためにする事は、

 

 

電子書籍を利用するのです!!

 

 

読書のハードルを下げる方法

 

電子書籍、、、使った事ありますかぁ?

ないですかぁ?

どっちでもないですかぁ?

 

 

最初はやっぱり紙で読みたい!と思うんですが、

慣れてくるとそうは感じなくなってきました。

 

しかも電子書籍で読む方がメリットが多いので、

もうほとんど紙の本は読んでないです。

 

 

当然、デメリットもあるんですが、

メリットとデメリットをまとめてみました。

 

 

電子書籍のメリット

 

  • ハードルが低い
  • 紙の本より安価
  • スマホやタブレットの中にあるので持ち運びがカンタン
  • スクショで簡単引用

 

ハードルが低い

 

これは先ほどの通りですが、ハードルが低いので、購入したものの

読まなかったという事は少なくなりました。

 

 

普段手に持ってるスマホでそのまま本が読めるんですよ!

これは予想以上に効果がありました!

 

 

そして!さらに!!

 

 

小さい文字が詰め込まれてると読みたくなくなりますが、

電子書籍であれば、文字の大きさをカンタンに変える事ができるので、

読みやすさが向上します。

 

 

この二つの効果は絶大ですね(`・ω・´)ドヤァァァ

 

 

紙の本より安価

 

これも大きな利点ですね。

紙の本を購入するより、だいたい10%引きくらいで購入できます。

 

そして、Amazonや楽天ならポイントが予想以上につくので、

次回、また本を買うときにさらに安く購入できます。

 

 

先ほどAmazonで購入した本は元々1300円なんですが、

電子書籍という事で1170円ほどで購入できて、

ポイントが300ポイント以上つきました!

 

ポイント還元も含めると、相当安いですよ!

 

 

スマホやタブレットの中にあるので持ち運びが簡単

 

これも大きな利点ですね。

とにかくかさばらないので引っ越しの時に楽!

 

スマホやタブレットの中にあるので、ちょっとした待ち合わせ時間や

電車などの移動時間に手軽に読む事ができる!

 

 

さらに!

 

 

購入した電子書籍は通信を使わずに読む事ができるので、

飛行機の中でも読む事ができるんです!

 

 

スクショで簡単引用

 

これはブログなんかをしている人には朗報ですね。

本の内容を引用したい時、本を見ながらキーボードを叩く事になるので、

 

しんどい!めんどくさい!許してください!状態になってしまいますが、

電子書籍ならスクショができるので、スクショで撮った写真を載せるだけ!

 

 

なんてお手軽なんだろう(∀)ww

 

 

電子書籍のデメリット

 

  • 購入する時に、本の内容の確認ができない
  • スマホで読むと文字が小さい

 

 

購入する時に、本の内容の確認ができない

 

これがなかなか不便です。

しかし!これの変わった対処法を見つけてしまいました!

今日、実践してきましたよ〜。。

 

 

その方法とは本屋にいき、立ち読みして購入したいと思った本を

電子書籍で購入する!

本屋の店員さんに申し訳ないですが、この方法しか思いつきません。。。

 

 

スマホで読むと文字が小さい

 

これは問題ないですね。

まず、慣れます!

 

そして、最近のスマホが画面が大きいものが多いので、

意外と文字は小さいとは感じません。

 

そして、繰り返しますが、文字の大きさはカンタンに変更する事ができます。

さらに、タブレットで読むともっと読みやすいので問題なしです!

 

 

ハイ、という事で、ハードルについてでした〜。

 

auの電子書籍ストア ブックパス。
月額562円(税抜)で5万冊以上のコミック、小説、実用書、写真集が
読み放題でお楽しみいただける、au公式の電子書籍サービス!
★ポイント1 初回30日間無料
★ポイント2 ダウンロードでいつでもどこでも楽しめる

 

関連記事

www.himawari0511.com