【実録】携帯ショップの理不尽なあるあるクレーム体験談。ログイン

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170918/20170918123802.jpg

 

携帯屋に勤務して3ヶ月くらいの時、変わった客がやってきた。

作業服を着たおじさんだ。

多分派遣だろうか、そんな雰囲気だった。

 

 

顔がクリス松村さんに似ている。。。

何やら慌てた様子で、女性スタッフに話しかけた。

 

 

ちょっとぉ!あなたたちぃ!教えなさいよぉ!

 

 

!?

 

 

口調と声までクリス松村さんじゃねーか!!

 

 

全員が顔を見合わせて、その女性スタッフが半笑いでそのまま接客を続ける。

そして、クリスさんがフィーチャーフォン(ガラケー)と紙を

取り出して続けて口を開いた。

 

 

今、ログインっていうのが流行ってるんでしょ!?

それくらいはわかってんの!

でもやり方がわからないから教えなさいよぉ!

 

 

!?

 

 

ログインだと!?

当時はスマホが十分普及していた時代なのに、ログインが流行りだと!?

 

 

どうやら会社のサイトか何かに登録しないといけないようで、

その手順が記載してある紙を見ながらやって見たがわからないという事だった。

 

 

女性スタッフが笑顔で教えていたが、

クリスさんはずっとわからないと言い張っていた。

 

 

バスに乗らないといけないんだからぁ、

早く教えなさいよぉ!

 

 

!?

 

 

そんな事言われても、人に何かを教える時というのは、

教える側の伝える能力と教わる側の理解能力が重要になる。

こんな感じなのに、すぐに終わるわけがない。

 

目次

携帯ショップクレーム体験談!自己都合を押し付ける

 

まぁ、こういう自分の都合上の理由で早くしろとか、

順番を先にしろというのはよくある事だ。

駅近くの店舗は移動の合間の時間を使って来客する人も珍しくない。

 

 

携帯ショップクレーム体験談!親切はクレームになる

 

当然、ログインの方法自体は教える事ができるし、

その紙に書いてある事なら誘導する事はできる。

 

 

しかし、少しでもその紙に記載されていない内容が携帯の画面に出てきた場合、

教える事はできない。

 

 

冷たいと思われるかもしれないが、もし、間違った事を教えた場合、

クレームになるし責任が取れないから、そういった場合は通常断るのだ。

 

 

わからない事を安請け合いして、親切にすると、クレームになる事がよくある。

親切が通用しないというのはなんともヤリキレナイが。

 

 

携帯ショップクレーム体験談!バスが到着した

 

で、どうやらバスが到着したようで、クリスさんは何やら捨て台詞を吐いて

バスの方に向かっていった。

 

 

携帯ショップクレーム体験談!新あだ名

 

そして、接客した女性スタッフはクリス担当と呼ばれるようになったのは

言うまでもない。