【実録】携帯ショップの理不尽なあるあるクレーム体験談。盗聴

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170918/20170918123629.jpg

 

とある店舗に移動になってからの出来事。

新しい店舗にもそろそろ慣れてきたなぁと、思っていた矢先、珍クレームが発生。

30代後半〜40代後半くらいの女性が来店したので、要件を聞くために話しかけた。

 

 

バン!!(テーブル席に持ち物を叩きつける音)

いい加減にしてくださいっ!!

 

 

!?

 

 

何がどう言う事なのかわからない。

その人は怒りすぎてるせいか、涙ぐんでいる。

今にも涙がこぼれ落ちそうで、口元もワナワナ震えている。

 

 

ただ事ではないようだ。

落ち着いて話しを聞こうと席に座ってもらった。

それで、改めて話しを聞く事にした。

 

 

わたしの事を盗聴するのはもうやめてくださいっ!!

 

 

whats!?

 

 

全く身に覚えがない。

もちろん他のスタッフもそうだろう。

 

 

具体的にどう言う事なのか聞いたんだが、どうも話しの辻褄があっていない。

その人の言葉と様子からピンときた。

 

 

この人統合失調症だろう。

 

 

精神病理学に詳しいなっさんはこういうのにはワリとピンとくる。

一般的には幻聴幻覚妄想の症状が伴う精神疾患とされる。

 

 

相手がこういうタイプで、かつ、自分の立場を考えると、

話しを聞いてなだめて帰ってもらうしかないと判断した。

 

 

ワリとすぐに帰ってもらえたので、大事には至らなかったが、

外向き(他責)の当事者と接したのは初めてだったので、少しびっくりした。

以前、内向き(自責)の当事者とは接した事があったが。

 

目次

携帯ショップクレーム体験談!不思議な能力

 

その内向きの人は30代女性で、統合失調症だと自分で言っていたのだが、

自分には人を癒す不思議な能力があるとかで、接客中、なっさんの手を

ずっとニギニギしてきたのだ。

 

 

さらには、ただの輪ゴムを癒し効果のあるアイテムと言って、

なっさんの手首にはめてきた。

全然いいのだが、知識が全然ない人がされたらビックリするだろう。

 

 

携帯ショップクレーム体験談!家族は迷惑

 

まぁ、その人は入退院を繰り返しているそうで、

ショップで勝手に何かを申し込んでは母親に怒られてるらしい。

母親と一緒に来店して怒っていた事もある。

 

 

携帯ショップクレーム体験談!受付基準

 

ただ、携帯ショップのルールとしては、仮に知的障害を持っていたとしても、

成人で身分証明書があれば、その人の希望する受付をしないと

いけない決まりになっている。

 

 

携帯ショップクレーム体験談!人権侵害

 

家族の方からしたら迷惑な事もあるかもしれないが、それで断ってしまうと、

障害があるという理由で人権侵害をしたという事になるので、

法律上、受付をしないといけないのだ。

 

 

なんともまぁ、難しい問題だ。