背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

牛乳を飲むと危険で体に悪い根拠は「放射能内部被曝」〜カルシウムとストロンチウム〜

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171108/20171108132835.jpg?1510115324

牛乳を飲むと危険で体に悪い根拠は「放射能内部被曝」〜カルシウムとストロンチウム〜。

 

すごく胸に突き刺さった内容の記事があったので引用。

「セシウム被曝」は心臓の筋肉に蓄積されて心筋梗塞などですぐに現れるのだが、「ストロンチウム」となるとすぐには現れない。

 

だんだんとおかしくなってくる。

だから誰も気が付かないのでだ。

ストロンチウムは核分裂して「カルシウム」になる。

 

もちろん、カルシウムになっても有害な放射線を出し続ける。

そのために、カルシウムと間違えて人間の体は有害なストロンチウムを蓄積するのだ。

 

骨に入ると、排出は困難を極める。

その分、影響はじわじわと来るのだ。 

 

ストロンチウムに被曝すると最初は「甲状腺」に異常が出る。

のう胞あると言われた方は100パーセントストロンチウム被ばくしている。 

 

甲状腺が異常になるのでホルモンバランスが崩れて情緒不安定になる。

その後脳に蓄積されてだんだんと脳が侵されてくる。

 

性格が変わってくる。

怒りっぽくなってくる。

それに伴いいろいろと気配りができなくなると共に決断ができなくなる。

 

いつまでもごたごたしてなかなか決まらない。

買い物ができなくなる。

「あれがいい」「これがいい」と言いながら、結局何も買えない。 

 

以前NHKで、チェルノブイリ事故でストロンチウム被ばくの人を放送していた。

決断ができないので、買い物をメモに書いて渡して出かけた。 

帰って来たら頼んでもない牛乳を買ってきた。

 

「なんで牛乳なんて買ってきたの。そんなものは頼んでないでしょう。メモを渡したではないですか」というと。

 

「牛乳は私が飲みたかったからだ」と。

 

メモなど忘れてしまったのだ。

追及すると自分のおかしさに気づくのだが。

そして数年後その方は亡くなった。 

 

ここでわかるのは買い物をするとよくわかる。

買い物は事前に買うものを決めてあるはずなのだが、それが分からなくなる。

 

そして自分のほしいものをあれこれいじるのだが結局は何も買えない。

「意思決定」ができないのでだ。

買うべきものを買わないで、買う必要の無いものを買ってくるのが特徴。 

 

もちろん昔からこのような人はいた。

「気のきかない人」として。 

 

しかし、そうではなく以前はもっと気が利いたのである。

それが最近全くダメになった。

 

しかしその変化に自分が気が付かないのだ。 

こちらが注意すると「あなたはいつもそういう。あなたに言わせればみんなおかしいのではないですか。おかしいのはあなたでしょう」とこうなる。

 

私はおかしいことを言ってない。

昔と違ってきたことを指摘して、被曝に気づくように話しているのだ。 

こうなるともうその人は聞く耳を持たない。

 

被曝対策など打つことは無いだろう。

そして数年後に後悔して死んでいく。 

最後はトドメの「白血病」が襲ってくる。 

 

目次

原因不明の病気の原因はストロンチウム被曝

最近テレビで医療番組をやっている。

先日もNHKで被曝による頭痛の解析をやっていた。

 

若いインターンが症状から病名を当てるクイズみたいなものだ。

そして感染性髄膜炎などと病名を当てる。

あとはそれの処方が製薬会社から出てるのでそれに従うだけ。 

 

こんなの医療ではない。

ごまかしだ。

なぜそうなったかの原因究明ができてないので治らない。

 

原因はストロンチウム被ばくだ。

 

それが脳に蓄えられて脳の免疫力を著しく損なう。

それでウィルスに感染したのだ。 

 

しかし医者にはそんなこと全く分からない。

症状から病名を出し、それをごまかすだけなのだ。

 

ストロンチウム被ばくによって脳や骨髄のあらゆる病気が発生する。

最近多い原因不明の病は全て被曝が原因ととらえると分かりやすい。

 

放射能被曝の対策

そこで対策だが、これは排出をまずしなくてはならない。

簡単だ。

「カルシウム錠剤」を飲めばいい。

 

放射能防護委員会の「バズビー教授」もそういっていた。 

排出が済んだところであとは異常になった細胞の修復だ。

 

自然治癒力なので放っておいても治ることはあるのだが、「ラジウム石」を使えば早く回復する。

癌化していても治る。

 

しかしこの排出をしないでいくらラジウム石で頑張っても被曝は進んでしまう。

だからカルシウムが先だ。 

 

気が利いた病院では「骨粗鬆症」と診断してカルシウム注射をして治療してくれる病院もある。

これが一番効く。

 

カルシウム錠剤はアメリカ製がいいだろう。 

 

特に今の子供たちはストロンチウムの混ざった牛乳を毎日飲まされている。

政府が牛乳業者と結託しているからだ。

 

その子供たちを救いたいのならば今すぐカルシウム錠剤を飲ませるべきだ。 

 

セシウムにはタウリン。

ストロンチウムにはカルシウム。

共に副作用の無い安全なサプリメントだ。 

 

 

東京を含む関東地方の人たちも放射能被曝をしている

いまだに東京に住んでいる方。

無事なわけはないのだ。

 

水道、空気から汚染は進んでいるのだ。

だんだんとおかしくなっても気が付かない。 

 

最近なぜかミスが多くうっかりが多い。

性格が変わった。

怒りっぽくなった。

 

これら全て被曝の証拠なのだ。

 

素直にそれに気が付き対策を行って欲しい。

そうしないと将来数千万人の死亡が約束されているのだ。

 

自分を助けるのは自分だ。

そのためには自分の気づきが重要なのだ。

 

牛乳を飲むと放射能内部被曝する情報の引用元の記事

この情報は全て引用だ。

そしてネタ元はコチラ。

open.mixi.jp

以上。