背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【考察】雨の日の意外な楽しい過ごし方の解釈

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170928/20170928103257.jpg?1506562387

雨の日は好きだ。

晴れの日も好きだ。

両方好きだー!笑

 

雨の日は苦手な方もいると思いますが、なっさんは好きだ。

 

人によっては頭が痛くなってきたり、気分が落ち込んだりすると思う。

 

そういう人は雨の日は苦痛でしかないと思うので、スルーして欲しい泣

 

で、ここでは雨の日の楽しみ方の「解釈」という、ちょっとした変化球を投げていくようになる。

 

雨の日はこういう風に遊んだら楽しいぞー!みたいなものはここにはないw

 

という事で、頭の中にクエスチョンマークを発生させながら読み進めていくようになると思うw

 

目次

【雨の日の楽しみ方】風情

雨の日の醍醐味というのは何と言っても独特の風情だろう。

 

雨の匂い、雨が地面に落ちる音、雨が傘に当たる音、高い湿気、薄暗さ、どこか淋しい感じもするが、どこか落ち着く感じもする。

 

【雨の日の楽しみ方】陽の気と陰の気

陰の気の集合体だ。

 

気には陽の気陰の気がある。

陽の気とは活力を与えてくれるようなエネルギー、

陰の気とは休息を与えてくれるようなエネルギー。

 

陽の気が宿るもの。

動・光・明・剛・火・夏・昼・動物・男・太陽

 

陰の気が宿るもの。

静・闇・暗・柔・水・冬・夜・植物・女・月

 

【雨の日の楽しみ方】陰の気はリラックス

陰の気が集まるとリラックスできる。

 

そう!このリラックスを楽しむ事が、雨の日を楽しむという解釈になる。

 

普段のせわしない日常から少し遠のいて、黄昏れる。

 

【雨の日の楽しみ方】大事な事

なにか、大事な事を思い出させてくれそうな気にすらさせてくれる。

 

みんなが元々持ってる感性で感じる事はできるが、普段の日常が当たり前だと感じてる人は、この感覚を忘れてしまってるかもしれない。

 

普段のせわしない日常から少し遠のいて、自分という一人の人間の事を見つめ直す一つのきっかけとなる場合もあるだろう。

 

もっと大事な事ってあるだろう?

忘れてしまったのかな?

 

子供の時の事を思い出す事ができれば、その大事な感覚は蘇って来るのかもしれない。

 

その当時の思い出の品に触れれば、当時の心境を思い出せるかもしれない。

 

この感覚を忘れてしまった人は、良くも悪くも大人になってしまった人だろう。

 

この感覚を忘れてしまった人は大事なものを無くしてしまった事にも、なかなか気づく事はできないだろう。

 

それはすごく悲しい事だ。

 

雨だから涙が出るのではなくて、そんな人に対して涙が出てしまう。

 

かわいそうなのだ。

以上。