背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

5ヶ月「250PV/日」で関連コンテンツユニット広告が解禁した条件と効果。〜グーグルアドセンス〜

5ヶ月「250PV/日」でアドセンス関連コンテンツユニット広告が解禁した条件とその効果。

 

ブログで収入を得るためにはほぼ必須である「アドセンス広告」

 

広告をクリックしてもらうだけで収益が発生する「アドセンス広告」だが、広告には「大きさ」「タイプ」などたくさんの種類がある。

 

その数ある広告の中でも「クリック率」が高く、もっとも収益に貢献してくれる広告の1つが「関連コンテンツユニット広告」だ。

 

この広告は、関連記事たちの中に広告がしのぶように貼られるもので、ユーザーたちの間で人気が高い広告だ。

 

しかし、人類を天国へいざなってくれるこの広告は、誰しもが利用できるワケではなく、選ばれし者にしか利用する事ができない

 

選ばれるためには条件を満たす必要があるのだが、その条件は明らかにされていないので、多くのユーザーたちが様々な予想をしている。

 

そして、その条件は2017年1月から緩くはなったそうだが、相変わらず条件は不明。

 

人によって幅はあるが、1日「数千〜数万PV」必要だとか、記事数が「数百」必要とか、ブログ運営年数が「数年」必要とか言われている事が多いが、なっさんは5ヶ月「250PV/日」で解禁した。

 

なので、その時の思い当たる条件とその効果をまとめていくので、まだ解禁していない人はぜひ参考にして欲しい。

 

目次

関連コンテンツユニット広告とは

まず、関連コンテンツユニット広告とは、関連記事たちの中に広告が混ざっているようなものだ。

 

コレ。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171117/20171117121906.png?1510888763

左上とその2つ隣と左下が広告になっている。

この関連コンテンツユニット広告をPC表示とスマホ表示の記事下などに貼っておくのだ。

 

関連コンテンツユニット広告の効果

以下は、関連コンテンツについてのアドセンスサイトの一部を引用したものだ。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めす。おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上します。関連コンテンツ ユニットで、おすすめの関連コンテンツを表示するページを選択すると、ページを閲覧しているユーザーにサイト内の最も関連性の高いコンテンツを宣伝できます。また、サイトによっては、おすすめの関連コンテンツの間に広告を表示することができます。こうすることで、サイトの収益化をさらに促進できます。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

なんか難しい事が色々書いてあるが、要は「利用しない人は損だぜ、グッドラック!」という意味だ。

 

で、なっさんの場合はどうだったかというと、関連コンテンツユニット広告をサイトに貼ってから、クリック単価は変わらず、クリック率が「1.5倍」になった。

 

人によっては「2倍」になったという人もいる。

という事は、単純に考えて収益も「1.5〜2倍」になるという事だ。

 

そして、収益の内訳はこんな感じ。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171117/20171117123806.png?1510889905

およそ25%が関連コンテンツユニット広告の恩恵!!

 

 

とても美味しい!

 

 

美味しすぎるううぅぅぅ!!

 

関連コンテンツユニット広告の解放条件

以下、関連コンテンツ解放条件についての、アドセンスサイトの一部を引用したものだ。

関連コンテンツを利用できるのは特定のサイト運営者様だけです。ご利用いただくには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。関連コンテンツによってユーザーに優れたエクスペリエンスを提供していただくために、この要件を設定しています。関連コンテンツ ユニットを作成できるかどうかは、AdSense アカウントの [広告の設定] ページでご確認いただけます。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

これも、なんか難しい事が色々書いてあるが、要は「結果を出せた者にしか許可は出さないぜ、ハニー」という事だろう。

 

じゃ、どれくらいの結果を出さないといけないのかというと、冒頭でも話した通り、明確な事は発表されていない。

 

で、なっさんの場合は、サイトに「ある変化」が起きてから解禁されたので、それが原因だと感じた。

 

その「ある変化」とは、

 

 

クリック率だ。

 

 

ある事をしたら、「クリック率」が飛躍的に伸びた。

「2倍」くらいになった。

そこから急に解禁されたのだ。

 

関連コンテンツユニット広告が解禁した方法

そして、「クリック率」が飛躍的に伸びた、そのある事とは

 

 

アルコールとギャンブルのカテゴリの許可だ。

 

 

アドセンスサイトのこのページの

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171117/20171117125156.png?1510890747

 

一番下の「制限付きのカテゴリ」の2項目を「許可」しただけ。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171117/20171117125152.png?1510890760

これだけで、クリック率が伸びて関連コンテンツが解放された。

解禁された時の状況はこんな状況。

 

ブログ運営:5ヶ月

記事数:120〜130記事

およそPV:250PV/日、8000PV/月

およそクリック単価:30円

およそクリック率:1%

収益:2000円/月

 

これで終わりじゃない関連コンテンツユニット広告

関連コンテンツユニットが解禁されると、こんな感じになる。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171117/20171117132035.png?1510892450

実は、関連コンテンツユニット広告には段階が「2つ」ある。

1段階目の時は、コードを貼っても関連記事だけ表示されて、広告は貼られない

2段階目の時に、コードを貼ると関連記事の間に広告が表示されるのだ。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171117/20171117132156.png?1510892543

右真ん中にある「広告で収益化」というところを「オン」にする事ができるようになるので、これでバッチリだ。

 

1段階目〜2段階目の期間は、ほとんどの人が「2ヶ月〜6ヶ月」と答えているが、なっさんは「2〜3週間」だった。

 

解禁されてから広告が表示されなくてもコードを貼っていたのだが、数日で外した。

で、気がついたら3段階目になっていたので、またコードを貼ったのだ。

 

クリック率をある程度維持したからなのかもしれない。

クリックされないようなサイトに解禁するとは思えないし。

なので、ここが一番のポイントなのだろう。

 

関連コンテンツユニット広告解禁にはポリシー違反は関係ない?

実は、なっさんはアドセンスの審査が降りた日の3日後に30日間の利用停止を受けているww

 

収益が発生したら嬉しくなって、つい何回も押しちゃったwww

 

それでも関連コンテンツユニット解禁したので、ポリシー違反は関係なさそうだw

以上。