背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【ブログ】元販売員が語るウォーターサーバー活用術体験談。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171013/20171013162519.jpg?1507879538

元ウォーターサーバーの販売員が活用術体験談を順番にまとめていく。

 

昔一人暮らししてた時の話しなのだが、なかなかお金が貯まらず困っていた。

一般的な給料しかもらってないのにも関わらず、次の条件を全て満たしていたのだ。

 

  • 車持ち
  • 自炊しない
  • タバコを吸う
  • 酒を飲む
  • コーヒーを買う

 

これじゃお金なんて貯まらない(><)

いくつか項目を消していかないといけない。

 

そうは言っても、なっさんみたいな人は外部圧力をかけないと堕落していくので、そもそも外部圧力をかけてくれる親がいない一人暮らしは元々向いていない。

 

まぁ、親元に戻る気はなかったのだが(><;)

 

元々一人暮らしをした理由というのが、毒親から受けた傷を癒やすため、そしてそれに伴い、自分の人格、性格、思考を改善させるためなので、戻る気はなかったのだ。

 

今はもう毒親に一方的に縁切りされたので戻れないのだがヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

ただ、どうにかしてお金を貯めるべく、自炊とコーヒーの面で節約しようとしたのだが、前回の記事で話したハードル」。

 

これが邪魔してなかなか思うようにいかなかった(><)

 

ハードル記事が気になる人は読むといいだろう。

www.himawari0511.com

が、しかし、ハードルをものともせず、節約する事に成功したのだ。

 

どういう風にしたかというと、当時の自分の勤務先である携帯ショップで扱っていたウォーターサーバーを自宅に導入したのだ。

 

目次

【ウォーターサーバー活用術体験談】ウォーターサーバーで節約

大きな病院には必ず置いてあるウォーターサーバーだが、近年、家庭に置く人も増えている。

という事は、ウォーターサーバーの水は体にいいという事だ。

 

実際に自宅で使っていたウォーターサーバーだ。

背が低めのショートタイプで、フレシャスのサイフォンという機種だ。

 

一般的には節約というより、体にいいという理由で導入する人がほとんどだ。

ほとんどの人は、ウォーターサーバーを導入する事で節約はできない。

 

しかし、一部の人は節約が可能なのだ。

 

では、どういう人がウォーターサーバーを導入する事で節約ができるのかというと、コーヒーや紅茶をコンビニや自販機でよく買う人だ。

 

こういう人はウォーターサーバーの導入をオススメする。

 

【ウォーターサーバー活用術体験談】ウォーターサーバーの便利な機能

なぜ、ウォーターサーバーを導入する事でハードルが下がり節約になるかというと、ウォーターサーバーはボタン一つでお湯が出るので、お湯を沸かさなくていいのだ。

 

という事は、コーヒーや紅茶だけではなく、カップラーメンもすぐに作れる。

 

お湯の温度も少しなら調整が可能なので、購入した缶コーヒーなどと近い温度にする事も可能なのが嬉しいところだ。

 

調整は2段階あって、70℃前後85℃前後だ。

ちなみに、水の温度は4℃〜8℃で固定だ。

 

温度で言われてもわかりにくいと思うが、かなり冷たいだ。

冷蔵庫でキンキンに冷やしたのと同じくらいだ。

 

この冷たい水がボタン一つで出てくる。

これもハードルが低くて楽なのだ。

 

冷蔵庫を開けて水を取り出してキャップを外してまたしまう作業がなくなるからだ。

夜、喉が乾いて起きた時や、酔っ払って帰ってきた時には超便利なのだ。

 

という事で、缶コーヒーや缶紅茶を購入する代わりに、ウォーターサーバーのお湯を使ってコーヒーや紅茶を作る事で節約ができるという事だ。

 

ポットを買って、水道水を沸騰させてコーヒーなどを作る方が節約にはなるが、コレ、意外とハードルが高くて持続しなかった><)

 

ポットの中を洗わないといけないのがハードルが高い。。

ウォーターサーバーは洗わなくていいから楽だ。

 

当然ウォーターサーバーの中に水を入れないといけないのだが、水道水を直接入れるのではなく、専用の水が入ったパックやボトルをセットするようになる。

 

なので、水がなくなったら、洗わずにパックやボトルを交換するだけだ。

交換時間は30秒あれば十分できるのでカンタンな作業なのだ。

 

しかも、その水は月一回自宅に届けてくれるので買いにいく必要がなく、楽だ。

その中でもパックタイプはそこまで重たくないので、女性でもカンタンだ。

 

しかし、ガロン(ボトル)タイプは重いので注意が必要だ(><)

 

こういったタイプはメーカーや機種によって決まってるので、導入時に検討しないといけない。

 

営業の言われるがまま導入すると勿体無い。

 

 

【ウォーターサーバー活用術体験談】ウォーターサーバーのデメリット

当然、携帯を買いにきた人やプランの変更をしにきた人に提案して販売していくのだが、なかなか売れないし、結構な無茶振りでしょうw

 

で、提案をしている時によく言われた事があって、それが、置く場所がない料金が高いという事だ。

 

ウォーターサーバーって、意外と大きく感じるのだが、置くスペースとしてはA3(通常のノート2冊分)のスペースと同じスペースだ。

 

そのスペースだけあれば問題ないのだ。

 

で、料金が高いという事ですが、ハイ、高いですw

 

メーカーや機種によって多少変わるが、なっさんが使ってたものは、サーバーレンタル量0円、バナジウム天然水約30㍑/月で約4700円、電気代少々なので、約5000円/月だ。

 

1日あたり1㍑の水分をとる人にはちょうどいい量だ。

 

500㎖あたり80円ほどなので、コンビニで買うよりは安いので、やっぱりよくコンビニで買い物をすると思われる一人暮らしの人には向いている。

 

なので、普段使ってる水をいい水に変えるためにお金を払うか、なっさんのように月5000円のウォーターサーバーを導入しても節約になるような状況にするかの二択になると思う。

 

体にいい水を飲む事ができて、なおかつ節約になったら一番いい(*´∀`*)

 

【ウォーターサーバー活用術体験談】関連記事

ウォーターサーバー導入の時には水の知識が欠かせない。

そこで、水についてまとめた記事があるので、参考にするといいだろう。

www.himawari0511.com

以上。