背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【証明】禁煙運動は陰謀?タバコが体に悪く害なのは「嘘」。

タバコを喫煙すると肺がんになるということについての話し。

 

ご存知の通り、タバコを喫煙するとガンになりやすいと言われている。

それで禁煙・嫌煙ブームになっていると思うが、それはおかしいんじゃないかと思っていた。

 

なぜかというと、この世の中の流れとして、健康に悪いものを無くしていくという親切な運動が勝手に進むのはありえないと思ったからだ。

 

 

なぜなら、

 

 

世の中の動きや歴史の動き=金の動き

 

 

だからだ。

 

そういう情報操作をし始めた人間たちに金銭的メリットがないと、世の中は動かない。

そして、金のためなら嘘の情報をも平気で流す。

戦争が始まる時もこういうプロバガンダ(嘘の情報操作)が使われる。

 

世の中のそういうプロバガンダで有名なものを、いくつか挙げてみよう。

  • 牛乳は健康にいい
  • 大麻は健康に悪い
  • 病気は早期発見した方が治りやすいので、すぐ病院へ行った方がいい
  • ガンは抗がん剤で治す
  • 1日3食きちんと食べた方がいい
  • 朝ごはんを食べた方がいい

など、これらは全部ウソ、もしくは誇大情報だ。

 

目次

病院の一番の儲けは「ガンビジネス」

タバコの喫煙と肺がんの話しをする前に、少し脱線する。

 

病院は患者を助ける機関というよりは、「ビジネス」だ。

なので、病院側が儲かるように、病院の元締め(アメリカ)が情報操作をしている。

病人を量産していかないと病院が儲からないので、病気をなかなか治さない。

 

ガンの当事者やそのご家族には申し訳ないが、

 

 

病院にとって特にガン患者は一番の「金ヅル」なのだ。

 

 

ガンをより確実に治す方法があり、実際アメリカでは当たり前のように実施されている方法があるのに、日本では稀にしか治すことのできない抗がん剤治療が行われている。

 

そのため、アメリカのガン患者は明るい。

治る病気だからだ。

 

抗がん剤は使用禁止の劇薬

アメリカで開発された抗がん剤は、危険なためアメリカでの使用は法律により禁止されている。

 

抗がん剤には、ベトナム戦争での枯葉剤作戦でも使われた、枯葉剤の成分の一種でもある「マスタードガス」が入っている。

 

その危険な抗がん剤の在庫処分を日本がしているのだが、敗戦国だからそのように利用されていると言ってもいいかもしれない。

 

99%以上の医者は、ガンになったら抗がん剤は使用しないと公言している。

医者も抗がん剤はガンには効かないと知っていて、患者に使うようだ。

 

詳細の動画はコチラ(画像ではなく文字をクリックすると見れます)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224121836.jpg?1514085525

【拡散希望】271人の医師に「自分に抗がん剤を打つか」と質問したら、270人がNOと回答

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224122533.jpg?1514085943

【必見!驚愕の真実】日本で抗がん剤を使う理由 (拡散希望) - YouTube

 

知らないというのは犯罪と同意義だ

なぜ、そんな抗がん剤を患者に使うのか。

 

1つの要因として、大衆が知ろうとしないという理由があるだろう。

大衆が求めるから、需要と供給が成立してしまうのだ。

 

洗脳をする方もどうかと思うが、洗脳される方もどうかと思う。

世の中、知らないでは済まされない。

交通ルールでも法律でも仕事でもそうだろう。

 

 

知らないというのは犯罪と同意義なのだ。

 

 

今の時代、インターネットというとてつもなく便利なものがあるんだから、それを駆使して情報を拾おうとしないと、圧倒的に不利になる。

 

じゃないと、搾取されて知らず知らずのうちにトラブルに巻き込まれるか、死ぬ事にも繋がるだろう。

 

明治維新も操作されたもの?

明治維新ですらも操作されたものだと言われている。

革命を起こすときには、たいてい武器(銃器)が大量に必要になる。

20歳そこそこの坂本龍馬が、どうやって何億円相当もの武器を用意したのか。

 

影で操った黒幕がいないと困難だろう。

そして、なぜ黒幕がそんな高額なものを与えたのか。

儲かるからという理由以外には思いつかない。

 

という事で、世の中は漫画ワン◯ースに登場するドレスローザの街の住人のように、金持ちによって情報操作をされている。

 

動きや流れの元を追っていかないとなかなか気づけない事なので、気づいていない人がほとんどだろう。

 

もっとも、100年以上も前の事なので、どれが真実なのかを解き明かすのは困難だが。

 

タバコを喫煙すると肺がんになるのは嘘

という事で、世の中の情報、特に国や政府が流した情報は真実とはほど遠い情報が多いという事が説明できた。

 

なので、ここから本旨である、タバコを喫煙すると肺がんになるのは嘘というところの話しをしていこう。

 

さっきまでの話しを踏まえた上で考えていただきたいのだが、もしタバコが本当に健康を害するものでガンになりやすいものだとしたら、病人を量産させるそんなおいしいツールを病院側が禁止にするだろうか?

 

(ここでいう病院側というのは、医師の事ではなく病院の元締めの方だ)

(医師ですらも間違った情報によって洗脳されている事もある)

 

病院側も禁煙推進を認めているのは、タバコは体にはそんなに害はない、もしくはタバコは健康にいいと言っているようなもんだ。

 

実際、タバコはそこまで害はないとか、むしろ健康にいいという情報もある。

 

ここから先は、タバコを喫煙すると肺がんになるのは嘘だと思う、いろんな引用情報。

 

【引用】タバコを喫煙すると肺がんになるのは嘘だと思う引用情報

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224181250.jpg?1514106815

  1.  タバコの害は継続的に20年ぐらい吸った人が、さらに20年ぐらい後に肺がんになる(そのために1985年以後の喫煙率のデータは使えません。1985年の20年後は2005年になり、それ以後はデータがまだ無いからです)

  2. ガンは年齢と共に増えるので、粗死亡率(その年に肺がんで死んだ人の数)ではなく、それを年齢調整した死亡率をとる。

    この結果からデータ処理(連立方程式を解く方法)をしてみると、実に驚くべきことが判ります。
    それは「タバコを吸わない人に対して、タバコを吸うと肺がんの死亡率は10倍以上減る」

    引用元はコチラ

嫌煙ブームを完膚なきまでに叩きのめす!!タバコを吸っても肺ガンにならないし、受動喫煙なんて真っ赤なウソ!! - 愛詩tel by shig

 

【引用】非喫煙者にも肺が真っ黒な人はたくさんいる

「タバコを吸おうと吸うまいと、肺がんに関しては大差ない」

『バカの壁』の大ベストセラーを持つ解剖学者・養老孟司さんの喫煙についての発言が話題となっています。

上記は、週刊朝日における林真理子さんとの対談で飛び出した言葉ですが、養老さんはこれまで解剖した人の肺は「みんな真っ黒だった」とも語っています。

多くの人が持つ「タバコを吸うと肺が真っ黒になる」というイメージからすると、これも衝撃的な発言ですね。

養老さんの言葉によれば、肺が黒くなるのは「消化できないゴミが入って、細胞が食ってためてるから」とのこと。

現在78歳の愛煙家・養老孟司さんがお元気で活動を続けているところを見ると、タバコと肺がんには本当に関係がないのでしょうか?

 

日本たばこ産業(JT)による「全国たばこ喫煙者率調査」によると、2014年の時点における成人男性の平均喫煙率は30.3%。

1965年以降でピークとされる1966年の男性の平均喫煙率が83.7%ですから、少なくとも男性の喫煙者はこの50年ほどの間に半分以下に減少していることになります(女性の平均喫煙率も近年はゆるやかに減少)。

一方、厚生労働省が2007年に発表した「人口動態統計」を見てみると、がん死亡者数にみる肺がん(気管、気管支のがんを含む)による死亡者の数は、1950年から2007年までずっと増加を続けており、1999年にはそれまで死亡者数がもっとも多かった胃がんを抜いてトップに。

最新の2014年発表の「人口動態統計」でも2013年の死亡数は、依然肺がんがトップのままです。こうした統計を見ると、たしかに「タバコ=肺がん」と決めつけるのは難しくなりそうですね。

 

引用元はコチラ

タバコは肺がんと関係ない?喫煙率とがん死亡率“反比例”のワケ - まぐまぐニュース!

 

【引用】喫煙者のうちの肺がん死率は0.1%

国内で禁煙運動が始まった’90年頃の男性について見ると、喫煙者の数は約3000万人。

一方、肺がん死の数は5万人にも満たない。喫煙者のうちの肺がん死率は0.1%程度なのです。

 長期的な喫煙と肺がんの関係性を示すには本来、喫煙者全体で見なければいけません。

しかし、タバコ有害論者たちは、0.1%の肺がん死した喫煙者にばかり注目し、肺がん死していない大半の喫煙者は無視しています。

 また、現在の喫煙者率は20%程度ですが、肺がん死の割合は7~8%。つまり約8万人へと増加しています。

さらに女性については、喫煙率が10%台と大きく変動していないのに、肺がんはここ40年で5倍に増えています。

 つまり、喫煙が肺がんの原因だとはいえないのです。

喫煙によって肺がんになることを証明したデータは存在しません。

逆に、喫煙者のほうが非喫煙者より自殺者が少ないというデータや、喫煙者のほうが風邪をひきにくいという統計データがあるほど。

私の調査では、喫煙者のほうが非喫煙者よりも「やや長寿」とさえいえます。

 

引用元はコチラ

「タバコを吸うと肺がんになる」論のからくりを明かす | 日刊SPA!

 

【引用】肺がんが少なかった時代のタバコはもっと健康に悪かった

今まで、肺がんの犯人はタバコだと私は思ってきましたが、どうも違うようです。

最近、タバコのことを調べていてそのことに気づきました。

よく考えてみれば、タバコのタールやニコチンの量は30年前頃に比べれば1/10~1/20くらいに減っています。

私が20代の頃、タバコにフィルターが付き始めました。

それ以前のタバコにはフィルターは付いていませんでした。

しかし、肺がんに罹っている人は 少なく、亡くなったということもあまり聞きませんでした。

このことは乳がんと非常に似ていま す。

肺がんや乳がんが急激に増えてきたのはここ10年くらいです。

昭和40年頃、成人男性の喫煙率は 8割を越えていました。

ニコチンやタールが現在よりも10倍以上多く、その上フィルターの付いてい なかったタバコを吸っていた時代に肺がんが少ないのに対し、ニコチンやタールの含有量が昔に比べ 減り、喫煙人口が3割を切った現在の方が肺がんが多いのはどう考えてもおかしいのではないでしょ うか。

 

成人の約8割が吸っていた昔のタバコは、フィルターもなく、タールやニコチンの含有量も現在よ り多いのにもかかわらず肺がんで亡くなる方が少なかったという事実からもタバコが肺がんの直接的な原因物質ではないと思います。

がんは先進国に多いということを考慮すると、がんはストレスの増加に運動不足、動・植物性脂肪の摂取、睡眠不足など便利さがつくり出す不便 (ふびん=かわいそうなこと)なのかも知れません。

ストレスや運動不足、食事の変化などにダイオキシンや車の排気ガスなど便利が生み出したものが相乗的に加わると肺がんは発症するので はないかと思います。
タバコだけを肺がんの犯人にするにはちょっと短絡的で無理があります。

 

引用元はコチラ

肺がんの原因物質はタバコではなく牛乳とストレスかも

 

【引用】質の高い情報を持っている世界のセレブはタバコを喫煙する 

喫煙率が年々ここまで下がっているのに肺がんが急増しているのを考えれば、タバコを肺がんの原因とするのは間違いだ。

喫煙者の医療費と非喫煙者の医療費を比較しても明らかに喫煙者の医療費が少ない(本誌2012年4月2日号)

 

世界の潮流はむしろ喫煙者を大事にする方向で進んでいる。

例えば、タバコを吸うヤツは時代遅れと言われていたが、最近の海外映画では喫煙シーンが増えてきた。

某大統領をはじめとしてタバコを吸うセレブも多い。

それは海外での超一流ホテルに泊まってみてもわかることだ。

かなりの頻度で海外に出張する私の経験では、高級ホテルで喫煙フロアが禁煙フロアよりも高い階層にあるのが8~9割。

禁煙フロアが上にあるのは米国のワシントンを中心とする一部地域だけだ。ニューヨークは国連もあるせいか“国際基準”で禁煙フロアは優遇されていない。

ヨーロッパでもアラブでも中国でもアフリカでも、私が会ったセレブはみんなタバコを吸っていた。

航空機も一般旅客機では喫煙不可能だが、プライベートジェットでは吸える。

いまだに「禁煙、禁煙!」と騒いでいるのは、日本人と一部の中途半端なアメリカ人だけだ。世界は禁煙ファシズムの怪しさに気づき始めた。

 

引用元はコチラ

世界のセレブはなぜ、タバコを吸うか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

 

【引用】ガンの直接的原因はタバコではなく食べ物や環境

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224185235.jpg?1514109167

医療(政府)の上司は、巨大企業なのです。

本当の病気の原因は、大企業が売りまくる医薬品や抗がん剤、スーパーの99%の添加物食品などの化学物質類の摂取であることが濃厚です。

抗がん剤は、最強の発ガン物質です。つまり酸化物です。

ガンの大好きな酸化環境を作っています。

これじゃ、放置よりずっと早く死にます。

医療界は、大企業(製薬系企業)の利益のために、治らない薬、癌が成長する抗がん剤を、売らないといけないのです。

売るのが第一の目的で、第二、第三は無くて、売るために患者をいかに騙すかが彼らの手腕です。。

 

引用元はコチラ

肺ガンが増えた驚愕の理由! | 強健ラボ 

 

【引用】イギリス112歳の男性愛煙家

英国東部リンカーンシャーの空軍基地で6日、欧州最高齢の男性が112回目の誕生日を祝った。

 この男性は英国空軍の退役軍人で、第1次世界大戦で戦った経歴を持つ。基地では、第2次世界大戦で使用された戦闘機による低空飛行などでもてなされた。

 長寿の秘訣を問われると、「タバコとウイスキー、そして『激しい女性』だよ」と答えたという。

 

引用元はコチラ

欧州最高齢の英国人男性、長寿の秘訣は? 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

 

【引用】イギリス100歳の女性愛煙家

タバコは百害あって一利なし!とよく言われ、禁煙を実行している人や、いずれはやめないといけないと思っている人は多いだろう。

そんな愛煙家にとって、少し心強い存在になりそうな「46万本のタバコを吸っても元気な100歳のおばあちゃん」が登場し話題になっているのだ。

 

100歳の誕生日を迎えたイギリス在住の女性が、喫煙を始めたのは16歳の時。

それ以来84年間、毎日タバコを15本ずつ吸い続け、その数はとうとう46万本に達した。

20年前に夫を亡くして以来、一人暮らしを続けるこの女性は特に問題もなく快適に暮らしている。誕生日には友人と近所のパブへ出かけ、お酒で乾杯しお祝いしたそうだ。

 

タバコだけでなくウィスキーも大好きなおばあちゃんは、「私はタバコとウィスキーに健康を託して、それが長生きの秘訣だと思っているの。お医者さんにも、私はタバコとウィスキーなしじゃ生きていけないだろうって言われたわ」と語った。

 

引用元はコチラ

「生涯吸ったタバコの数は46万本!」それでも元気な100歳のおばあちゃんが話題 | ロケットニュース24

 

【引用】煙は腐敗から守るもの

タバコはタバコという植物の葉を乾燥させたものの煙を吸っているわけすがこれはほとんど害はないのです。

特に無農薬のタバコの葉は喘息や気管支炎の治療に中国では用いられていくるらいです。

魚や肉を煙で燻製にして保存食にするように煙で燻したものはなかなか腐らないようになるのです。
囲炉裏のある家は材木が腐らず長持ちいたします。

もぐさやお香など煙で治療する方法もあるのです。
同じようにタバコの煙を吸うと体内が腐敗しにくい状態となり、炎症を鎮める作用があり、虫歯にもなりにくくなります。

色々な効用があるはずですが有害説の方に打ち消されて世の中に情報が出されていないのです。

植物の葉を燃やしてどれだけの害が出ると思いますか。

樹木を燻した煙の中から取った木酢液の精製したものは万病を治す薬にもなります。

体に有効な200種以上の成分を含んでいると言われているのです。
たき火やキャンプファイヤーで樹木を燃やしている時その煙や臭いで体が癒されることがあるものです。

煙というのはそういう不思議な性質を持っているのです。

ロシアコーカサスなどの世界の長寿民族の人達はほとんど生涯たばこを吸っているのです。

そして病気にもならず100歳を超えても元気で働いるのです。
東洋医学の食養を教える先生方はタバコを吸っている方が多くいます。

彼らもたばこは肺ガンや病気の原因ではないとはっきりと断言しているのです。
昔の人はタバコを吸っていても肺ガンになる人は殆どいなかったのす。

 

引用元はコチラ

美しい地球を守る地球再生計画|株式会社グローバルクリーン

 

ここから先は、動画紹介。(画像ではなく文字をクリックすると見れます)

 

【動画】喫煙者は自殺しない!ボケない!ガンにならない!

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224191213.jpg?1514110344

【大衝撃!】タバコは体に悪いは、嘘だった!喫煙者は自殺しない!ボケない! ガンにならない!…喫煙者バッシングは時代遅れだった!?…でも、臭いが…と、健康問題は別問題だった!! - YouTube

 

【動画】タバコを喫煙する5つのメリット

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224191551.jpg?1514110559

愛煙家に朗報!タバコを吸う5大メリット(゚∀゚)yー~ - YouTube

 

【動画】タバコは体に悪いというのは陰謀論

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171224/20171224191852.jpg?1514110748

「タバコ=体に悪い」は陰謀による嘘だった!? - YouTube 

 

世界の社会問題や歴史の記事一覧紹介

世界の社会問題や歴史の記事一覧はコチラ。

www.himawari0511.com

以上、

タバコを喫煙すると肺がんになるということについての話し、でした〜。