背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

ベトナムの物価は安くない?!写真付き。日本より安い物・変わらない物・高い物。

ベトナムホーチミン移住から3日くらい経つが、ここでようやく、ベトナム通貨が手に入った。

 

嫁のお父さんに円をベトナムドンに両替しに行ってもらって、ようやく買い物ができるようになったのだ。

 

ベトナムドンは硬貨がなく、紙幣のみ。

 

100ドン札、200ドン札、500ドン札、

1000ドン札、2000ドン札、5000ドン札、

10000ドン札、20000ドン札、50000ドン札、

100000ドン札、200000ドン札、500000ドン札

 

の12種類。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004051601.jpg?1507061776

ベトナムドンは200で割ると円に計算し直す事ができるので、日本円に換算すると、0.5円札〜2500円札までの紙幣があるという事になる。

 

そして、全部の紙幣にホーチミンの顔が入ってるので、見分けが難しい。

 

価値の小さい札ほどサイズが小さくなっていき、デザインも大きく変わる。

 

そのため、大きいものと小さいものの違いはすぐにわかるが、特に暗い場所では10000ドン札以上は見分けがつきにくい。

 

で、ベトナムドン紙幣を手にした瞬間に、昔から感じていた、とある謎が解けた。

 

その謎とは、よく映画で海外紙幣が出てくると思うが、なんか丸まってる紙幣が多すぎない?という謎である。

 

この謎の答えは、

 

海外紙幣は薄いから

 

だと思う。

 

ベトナムドンを一番最初に手にした瞬間の、第一感想だ。

 

ホーチミンを歩いてる時に、紙幣を扱う人の紙幣の状態を観察したが、日本円みたいに綺麗な状態の紙幣を見た事がない。

 

ポケットの中にくしゃくしゃにして入れてるか、レジの中(ただの引き出し)の中も紙幣がくしゃくしゃに入ってある。

 

その都度札の種類を確認をして、お釣りを返すような感じだ。

 

なので、形状も色合いも綺麗な札は日本ほどなく、大体の札がなんとなく小汚い印象。

 

財布を持ち歩く人が少ないのも一つの要因だろう。

 

元々、財布を持って歩かないのか、スリやひったくりが多いせいなのかはわからないが、なっさんも外出する時は、必要な金額だけを裸でポケットに入れた上で、手もポケットに入れている。

 

こうする事でスリやひったくりから守っているのだが、そこまでして初めて、嫁からのオッケーサインが出た。

 

あまり想像がつかないが、それだけスリやひったくりが多いのだろう。

 

ベトナム人は来月の10000円より明日の1000円を優先させるみたいに言われる。

 

目先の金を追いかけるような行動の一つが、スリやひったくりやぼったくりだろう。

 

嫁が金銭管理ができないのも、これで少々うなづける。

 

という事は、ベトナムだったらなおさら、不労所得を得る仕組みを作れば、富裕層まっしぐらというわけだ。

 

目次

【ベトナムの物価】ベトナム人のお金の使い方と日本より安いもの

ベトナムは貧富の差が激しい。

物価の差も激しい。

 

ベトナム人の平均月収は2〜3万/月と言われている。

 

ホーチミンでの飲食店のアルバイトも時給90円ほどらしい。

 

頑張ればなんとか、家賃、携帯代、食費くらいはなんとかなりそうだ。

 

ホーチミンでは家賃は万単位で発生する事も多いそうだが、それから考えると、他の地域ならおそらく数千円といったところだろうか。

 

携帯電話は本体と月々の料金(SIM代)は別。

 

販売してる店も基本は別。

 

ここは日本とは全然違う。

 

携帯本体の料金は日本と変わらない。

 

物にもよるが、高いもので10万超くらい。

 

そんな金額でもベトナム人はiPhoneを持つ人が多い。

 

裕福なのではなく、我慢してお金を貯めるそうだ。

 

そしてSIMの料金は、18Gで600円/月とか、4G/月で1500円一回ポッキリとか、電話かけ放題で400円/月とか、とにかく安い。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004104808.jpg?1507081694?changed=1507081694 

食費は、食材の料金が数十円。

 

街中で販売してるジュースが20〜150円くらい、ビールが50円くらい。

 

食費はとにかく安い。

 

ついでにタバコは50円〜150円くらい。

 

【ベトナムの物価】値段が日本と変わらないor日本より値段が高いもの 

だがしかし、日本と変わらないくらいの金額のものもあるので、そういったものは手に入れる事は難しい。

 

例えば、日本製品や日本の100均でも扱ってるような小物、雑貨。

 

ちなみにベトナムにも100均はあるそうだが、実態は200均らしい。

 

それはベトナムでは高い。

 

こちらの日本でもおなじみの化粧品。

 

近所のスーパーで撮った写真なのだが、値段は141300VDN、日本円に換算するのに200で割ると、およそ700円だ。

 

平均月収2〜3万の人には買えないものだ。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004105153.jpg?1507081942

こちらの化粧品もおよそ600円と、高い。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004105148.jpg?1507082149

こちらも日本の薬局でよく見るものだ。

 

値段は少し見にくいが、295000VDN、およそ1500円

高い!

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004105157.jpg?1507082206

こちらも日本語が書いてある、トイレ掃除ブラシ。

日本円換算で220円

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004105144.jpg?1507082228

こちらは台所用スポンジ。

日本製のものが240円、ベトナム製だと思われるものが170円

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171004/20171004105140.jpg?1507082243 

ご覧の通り、日本なら100均で手に入るものが、ベトナムではそれ以上の金額になるものもある。

 

なので、結論、安いものは安いが高いものは高い。

 

まとめると、

 

【日本より安いもの】食料品、SIMカード、家賃、ペット、服、タバコ、酒、

タクシー代、有料駐車場、ガソリン

 

【日本より高いか同じくらいのもの】雑貨日用品、車

 

【日本と同じくらいの金額だが、貯金してでも手に入れるもの】iPhone、バイク

 

という事だ。

以上。