【考察】戦争の法律、憲法9条改正!歴史と政治との関係

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20170920/20170920124607.jpg?1505879177

 

憲法9条を守れとかよく言われているが、

そういう人は現在の日本の法律ができた経緯を知らないだろう。

憲法9条とは武器を持たない、戦争をしないという法律だ。

 

 

憲法9条を含め、今の一部の日本の法律ができたのは、第2次世界大戦後だ。

この戦争において日本は敗戦国になっている。

厳密には政治的には負けたが、経済的には勝ったといったところだろう。

 

 

どういう事かというと、この戦争が終わるまでは

イギリスやフランスなどの欧米諸国が強かった。

戦争に強いかどうかの一つの基準は「金」だ。

 

 

基本的には、金持ちの国ほど戦争にも強い。

そしてそういう国は戦争をしたがるものだ。

理由は、戦争をすると儲かるからだ。

 

関連動画

 

そして、欧米諸国が金持ちだった理由の一つは植民地にある。

植民地といえば聞こえはいいが、要は他の国を侵略して、

その国や現地の人たちから金を奪うのが、植民地にする理由だ。

 

 

第2次世界大戦までは主にほとんどの東南アジアの国々は欧米諸国の植民地だった。

金や自由を奪われ、その奪ったもので自国の強化をしていたのだ。

 

 

ところが、第2次世界大戦で結果的に、

日本は東南アジアの各国々の植民地を解放したのだ。

世界に親日国が多い理由の一つがコレだ。

 

 

日本は以前から奴隷制に対してずっと反対していたそうだ。

しかし、欧米諸国の国々は自分たちが甘い汁を吸っていたいがために反対していた。

当然、日本は少しずつ目をつけられるようになるのだが。

 

 

そして日中戦争が始まり、日本の勢力が強くなっていくと、当時の石油の輸入国で

あったアメリカが、日本の勢力をこれ以上強くさせないために、

石油を止めると言い出したのだ。

 

 

石油の確保を輸入に頼っていた日本は、それでは身動きが取れなくって困るのだ。

なので、その資源を求めるために東南アジアに進出したと言われている。

 

 

そこでアメリカが怒り、ハルノートを突きつけた。

ハルノートとは簡単に説明すると、民族の誇りのために戦って死ぬか、

黙って奴隷になるかを選べというもの。

 

 

当然、誇り高き日本民族は戦う事を決意し、アメリカとも戦争になる。

これが大東亜戦争(太平洋戦争)だ。

そして当時、同時に起こっていたいろんな戦争の総称が第2次世界大戦なのだ。

 

目次

【戦争の法律、憲法9条】日本は敗戦した

 

知っての通り、日本は敗戦したのだ。

という事は国を取られたという事だ。

今は国は戻っているが、当時はアメリカが日本を動かしていた。

 

 

なので、その時にアメリカが日本の法律を作ったのだ。

日本はアメリカにとっては脅威だった。

勝ち目もないのにひたすら立ち向かってくる。

 

 

そんな日本を弱体化させるために、武器を持ってはいけない法律にしたのだ。

その状態をほとんどの日本人は平和だと言っている。

 

 

しかし、よく考えたらわかるのだが、武器を持たずしてどうやって国を守る?

アメリカが守ってくれる?

 

 

政治の世界は、いかに相手を嘘で言いくるめるかを問われるような世界だ。

だから、あなたの国を守ると約束したので守りますよ〜というのはありえない。

 

 

もしその約束が法律による約束(条例)だったとしても、都合が悪くなってきたら、

条例自体を破棄してしまえばいい事なのだから。

それに、どの国も自分の国が第一なのにずっと守ってくれる保証はない。

 

【戦争の法律、憲法9条】日本国民は真実を知らない

 

だから、日本も武器を持って自分の国を守らないといけないが、難しいだろう。

なぜなら、日本国民を都合のいいように洗脳するためにメディアが使われてるからだ。

 

 

こういう真実を知らせない、政治に興味が向かないような政治活動をしている、

世界の悲惨な状況を知らせない、日本のメディアはそういう事を

知らせないようにしている。

 

知られると都合が悪いからだ。

 

関連動画


★フランス国営テレビの「お笑い日本の実態! 」総集編

 

ではなぜ、日本人の国である日本のメディアが、国民に対して

都合のいいように洗脳させる為の使い方ができるのか。

 

 

これもアメリカの差し金だ。

アメリカは日本を内側から弱体化させるように罠を張った。

強いものを解体するには内側から攻めるのが効果的だ。

 

【戦争の法律、憲法9条】獅子身中の虫

 

獅子身中の虫という言葉がある。

百獣の王ライオンでも体内に入った虫には勝てないという意味だ。

という事で、日本にも「虫」に当たるものをすでに仕込んでいる。

 

【戦争の法律、憲法9条】朝鮮人の実態は嘘

 

それが、朝鮮人だ。

敗戦後、アメリカは日本の主導権を、朝鮮半島から連れてきた朝鮮人に渡した。

 

 

見た目が日本人によく似ている朝鮮人が日本にいてもあまり違和感はない。

そして、朝鮮半島に住む人たちの気質は日本人とはかけ離れている。

朝鮮半島にある国とその人たちの実態は「嘘」だと言われている。

 

 

これは地政学的に考えて、朝鮮半島というのは中国大陸から攻めてこられやすく、

逃げ場がない半島人は、生き延びるためには嘘をつくしかなかったからだ

と言われている。

 

 

  • 朝鮮にある金日成の銅像はハリボテだと言われている、つまり嘘だ。

 

  • 韓国の民族衣装のチマチョゴリはカラフルだが、数十年前元々は白一色だった。
    朝鮮半島には色を染める技術がなかったために、位が高い人以外の人が着ている
    チマチョゴリはみんな白一色だった、つまり嘘だ。

 

  • 韓国は整形大国だ。
    元々中国に侵略されていて、若くて綺麗な顔立ちの女性たちをずっと中国に
    献上してきたので、遺伝子上美男美女は生まれにくいと言われている。
    だから整形によって自分の顔を変えるようになった、つまり嘘だ。

 

  • 韓流ドラマはいい感じに仕上がっているが、
    本当は男尊女卑の国だそうだ、つまり嘘だ。

 

 

という事で、朝鮮半島の実態は「嘘」という事になる。

 

【戦争の法律、憲法9条】朝鮮半島人の衛生観念

 

そして、女性不足に陥った朝鮮半島の人たちは、子孫を残すために数世紀に渡って

近親相姦をしてきたと言われている。

 

 

そのため、世界の人たちの中でも、朝鮮半島に住む人たちは、

DNAが均一になっているという調査結果も出ている。

 

 

韓国には試し腹(ためしばら)という習慣があったそうだ。

自分の娘を嫁に送る時は、妊娠できる事を証明するために、父親が自分の娘を

妊娠させて送りだすということ。

 

今は禁止になっているそうだが、父親が娘を強姦するという事件はあるそうだ。

 

 

そのせいもあってか、彼らは衛生観念が低い。

強姦、糞尿の未処理など当たり前で、数十年前の朝鮮半島はとにかく臭かったそうだ。

 

 

 

地下鉄サリン事件で有名になった麻原彰晃は、獄中で面会に来た娘の前で

自慰行為をしたという記事を読んだが、やはり彼も朝鮮人だった。

 

 

そして、戦後の日本は朝鮮人による殺人や日本人女性への強姦が多数あったそうだ。

 

 

日本には日本語を流暢に話す在日朝鮮人が多いという事を頭に入れておけば、

顔つきを見るだけで朝鮮人かどうかはなんとなくわかってくる。

 

 

 

真面目で堅い民族である日本人が住む日本は、元々下ネタなどご法度だったと思うが、

今では下ネタを口にだすことなど当たり前。

これは個人的には在日朝鮮人の影響だと考えているくらいだ。

 

 

というわけで、日本人と朝鮮人の気質はかけ離れている。

 

 

【戦争の法律、憲法9条】日本は事実上すでに解体されている

 

そして、そんな気質がかけ離れた在日朝鮮人が牛耳っているのが日本だ。

政界や芸能界は朝鮮人というだけで優遇され、朝鮮人である事を隠し、

日本名だけを公表している。

 

 

電通で出世するためには韓国語の習得が必須であり、

日本人の新入社員は奴隷のように扱われる。

女性新入社員の電通社員が自殺した事件は記憶に新しいと思うが、要はそういう事だ。

 

 

テレビび出ている半数以上の人たちは在日朝鮮人ではないかと思う。

噂ではSM◯PメンバーやA◯B48のメンバーは

全員在日朝鮮人ではないかと言われている。

 

 

それは噂段階だが、朝鮮人である事が事実だろうと言われているものとしては、

先ほどの電通社員の中間管理職以上の人たちと、創価学会の上層部の人たちと、

安倍首相と小泉元首相だ。

 

 

日本のトップは在日朝鮮人。

検索すれば情報はいくらでも出てくる。

政治家の人の多くは山口県田布施町という所の出身だ。

 

 

小さな町から政界人が多数排出されている。

しかも、そこは朝鮮人部落がある町なのだ。

 

 

こういった事から、田布施町出身の在日朝鮮人が政界に入れるシステムは、

田布施システムと呼ばれている。

 

 

そして、電通というのはテレビ放送する内容を決定する権利を持っているので、

嫌われたら仕事がなくなる。

なので、基本的に彼らにとって都合のいいものしか放送されない。

 

 

という事は、事実上、すでに日本は解体されているという事になる。

 

 

これが獅子身中の虫の恐ろしさだ。

 

【戦争の法律、憲法9条】真実とは

 

日本は法律を奪われ、主導権を奪われ、何も知らない日本国民を洗脳している。

その洗脳に気づかなければ、いつまでも憲法9条反対と言い続けるだろう。

 

 

いつの時代も、真実とは国民の想像域をはるかに超えているものだろうと思う。