背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

【ネタバレ】全部無料で読めた!漫画「火葬場のない町に鐘がなる時」(和夏弘雨/碧海景)レビュー。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171115/20171115190538.png?1510740351

【ネタバレ】全部無料で読めた!漫画「火葬場のない町に鐘がなる時」レビュー。

 

久しぶりに時間を忘れて没頭できるような「漫画」に出会ったので、「レビュー」を書いていく、「ネタバレ注意」

 

漫画のタイトルは「火葬場のない町に鐘がなる時」、和夏弘雨/碧海 景、作品。

「ヤングマガジン」に掲載されている漫画。

 

この漫画は、表紙の「絵面」を見て「ビビッ」ときたので読んで見たのだが、まぁ面白かった!

 

死者が復活して、得体の知れない存在となって襲いかかってきて、「地獄絵図」のような場面も出てくる。

家族や友人が殺されてしまう事もある。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171115/20171115201822.png?1510744717

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171115/20171115201816.png?1510744735

生態も戦い方もストーリー的にも謎が多く、その謎が気になるので続きが気になってついつい読んでしまう。

 

そういうところだけを考えれば、「進撃の巨人」に近いのかも知れない。

 

2017年11月の時点で「10巻」まで出ているが、まだ終わる気配がないので、続きが楽しみだ。

 

目次

【ネタバレ】「火葬場のない町に鐘がなる時」の概要

主人公の「卯月勇人」とその父親と母親が10年ぶりに「みとず町」という町に帰ってきて、幼馴染の空手少女「豊橋咲」と再開するところから物語が始まる。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171115/20171115195756.png?1510743486

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171115/20171115195751.png?1510743502

しかし、「みとず町」は10年前とは1つだけ大きく変わっていた。

夕方6時以降になると、「冥奴様」という存在が悪い子を食べるから外にでちゃいけないという「迷信」が実現していたのだ。

 

夕方6時以降外に出ると「冥奴様」に襲われるので、家の中に隠れておかないといけないのだが、帰ってこない父親を探しに外に出ていく。

 

最初は得体の知れないゾンビのような一見無敵の「冥奴様」から逃げるだけなのだが、少しづつ生態がわかり始め、なんとか戦略を立てられるようになっていく。

 

主人公の「卯月勇人」は道中に出会ういろんな人に助けてもらいながら父親を探すのだが、卯月勇人の体にはとある「秘密」がある事がわかってくる。

 

その体の「秘密」と向き合った結果、仲間たちと一緒に「みとず町」を出る事にするのだが・・・

 

今公開されているのはここまでだ。

 

無料漫画サイトと紹介元の紹介

無料漫画サイトと紹介元の紹介。

 

コチラのサイトから「火葬場のない町に鐘がなる時」を含め、「ほぼ全ての漫画」が無料で読める。

漫画村 -まんがまとめ・無料コミック漫画・ネタバレ-

 

コチラの方のこの記事で知った。

ん〜、感謝ッス。

manngadou.hatenablog.com

以上。