背水の「靭」!!

昔からいつもだいたい「背水の陣」。 だが、諦めず強くしぶとく前向きに生きる、「靭なヤツ」の雑記ブログ。

先進国日本の晩婚化で出生率が下がる理由や原因は女性社会進出と高学歴化と教育費だった

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171019/20171019144103.jpg?1508391673

日本は少子化が進んで問題とされている。

しかし、少子化問題を抱えているのは日本だけではない。

 

これは「先進国」が抱える問題なのだ。

実は、日本を含めた先進国は少子化による人口減少が起きている。

 

一番少子化による人口減少が進んでいる国は韓国だ。

 

その韓国を筆頭に、移民問題が社会問題になっているドイツやイギリスなどのヨーロッパも少子化は進んでいる。

 

そして、少子化が進むと、人口減少を防ぐために政府は移民を受け入れ始める。

 

日本のニュースでは報道されていないので、知ってる人は少ないと思うが、ヨーロッパは数年前から移民を受け入れ始め、移民による犯罪が増えている。

 

日本でも在日中国人や韓国人による犯罪は多いがそれ以上に犯罪が起きているだろう。

 

その数々の映像の一部がコレらだ。

 

ノルウェーでの移民によるレイプ犯罪


ノルウェーで増えるレイプ犯罪 移民問題

ドイツでの移民による強盗傷害犯罪

www.youtube.com

スウェーデンでの移民による殺人事件

www.youtube.com

イギリスと日本でのデモ

www.youtube.com

少子化が起きなければ、移民による犯罪も起きない。

では、なぜ少子化は起きるのだろうか。

 

その前に、少子化とはどういうものかというところから順番にまとめる。

 

目次

少子化と出生率

少子化とは大人の数よりも、子供の数の方が少なくなる減少をいう。

 

それには「出生率」というものが関係してくる。

出生率とは父親と母親、2人の親から何人の子供が生まれたかというものだ。

 

その両親の元に子供が1人生まれたら、出生率は「1」になる。

そして、出生率の基準は「2」だ。(厳密には2,07~2,08だが)

 

父親と母親2人の間に2人の子供が生まれれば、人口は変化しない。

当然、これは国全体の平均で出すようになる。

 

生涯子供を作らない人もいれば、3人や4人作る人もいる。

なので、国全体で出生率が「2」になればいいのだ。

 

しかし、2017年現在での、日本の出生率は1,44。

底辺だった2005年の1,26に比べると上がったが、まだ低い。

 

下記の厚生労働省の情報を見てもらったらわかるが、赤ちゃんの死亡数も増えている。

厚生労働省は2日、2016年の人口動態統計(速報値)を公表した。1人の女性が生涯に産む子どもの推計人数「合計特殊出生率」は1.44となり、前年から0.01ポイント低下。出生数が97万6979人と初めて100万人を割る一方死亡数は戦後最多の130万7765人に上った。自然減は33万人余りで、人口減少の加速化が浮き彫りになった。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/uver-growup0511/20171019/20171019174418.png?1508402714

なので、出生率は「2」ではダメだろう。

 

少子化は年々深刻になってきて、移民を受け入れざるを得ないのかもしれない。

 

少子化の原因や理由 

少子化の原因や理由は、社会の発展による結婚率の低下や晩婚化だ。

未婚で子供を産む人もいるが、未婚で2人以上子供を産むのは収入的に難しいだろう。

 

そして、晩婚化すると産める子供の数に限界がでてくる。

 

産んでも、先天性の障害を持って産まれてくる可能性が高まるため、短命になりやすい。

 

では、なぜ社会の発展により結婚率が低下したり晩婚化するのだろうか。

これには直接的な原因があるというよりも、いくつもの要因がある。

 

 

社会の発展による結婚率の低下と晩婚化の要因

社会の発展による結婚率の低下と晩婚化の要因をあげてみよう。

 

  • 女性の社会進出により、経済面を男性に依存しなくてもよくなった

  • 親の貯蓄や社会保険制度により働かなくても餓死しないのでニート男性が増えた

  • 高学歴化のため、社会進出をする年齢が上がり晩婚化になった

  • 高学歴化に伴う、教育費の増加により子供を多く産まなくなった

  • 精神病患者の増加による親子間の負の連鎖により、結婚願望が下がる

 

以上が結婚率の低下と晩婚化の要因になるだろう。

 

日本が高度経済成長したからこそ、社会が発展し少子化になったわけだが、日本がなぜ高度経済成長をしたかについてはこちらの記事を参考にしてほしい。

 

そこを説明しようとすると、明治維新まで遡るようになる。

www.himawari0511.com

 

少子化による人口減少に対する所感 

国が発展して先進国になると、少子化による人口減少はどうしても避ける事ができないのかもしれない。

 

対策はほとんど国レベルでしていかないと、どうにもならないように感じる。

個人でできる事は、街コンや合コンを増やしていくくらいしか思いつかない。

 

先進国では少子化が進んでいるが、アフリカ大陸では人口爆発が起きている。

なので、地球全体で見ると人口は激増してきている。

 

これはこれで、食料などの問題が出てくる。

 

そうなると、どうにかして人を減らす政策、人類淘汰が始まるかもしれない。

 

医療機関を利用した政策か、戦争か、ウィルス関係か、食品関係か。。。

 

いずれにせよ、地球全体が何やらよろしくない方向に向かっている気がする。

以上。