アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラムアスペルガー症候群の2E。元カウンセラーで元mensa会員。ここだけの超専門的な特徴や対処法などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。高IQ者ならではの高度な視点からの具体的で超専門的な内容が満載。きっと役に立つだろう。そして同じような人と繋がっていきたいので多くのコメントやメッセージを寄せてほしい。

 

 

Select Langage

 

発達障害アスペルガー(ASD)種類。積極奇異型の特徴(恋愛,迷惑,ストーカー)

アスペルガー症候群は、発達障害の中の自閉症スペクトラムの中に分類され、

さらに、5つの種類に分類される。20180119224731

そんな発達障害のアスペルガー症候群の「積極奇異型」は、唯一の外交型で、よく「感情型」と言われる。

 

アスペルガーの実態は、「感覚が特殊」であるために自他の感情に気づきにくい。

そこに「積極的」な性格が加わると、積極奇異型特有の特徴・特性が出てくる。

 

アスペルガーの積極奇異型は、積極的に人に接して愛着が強いという特徴をもつことから「愛着型」とも呼ばれているが、それは人によって賛否両論あるようだ。

 

目次

発達障害アスペルガーの種類変化

アスペルガーの種類は、成長過程において変化する事があるという特徴がある。

病院にもよるが、成長過程における種類の変化も診断基準にしている病院もあるくらいだ。

 

なっさんの場合は幼少期の頃は「積極奇異型」だったが、途中で「受動型」に変化した。

経験上言える事は、アスペルガーの実態は変化せずに性格が変化すると、種類が変化するという事だ。

 

元々積極的だったのだが、お調子者のような一面があり、ちょっとした事でも傷つきやすかった。

そして、傷ついた経験から臆病性が出てくると、自粛するようになる。

 

これが積極奇異型から受動型への変化だ。

種類が変化すると、全面に出てくる特徴が変わる。

 

発達障害アスペルガー積極奇異型の特徴

積極奇異型の特徴や他の種類よりも目立つ特徴をまとめてみた。

 

  • どことなく子供っぽく見える人が多い

  • 人に対して積極的に接する

  • 人との物理的・心理的距離感がわからない事が多く、特に積極奇異男性は女性から近い近い!と言われる事も多い

  • このタイプは感情型のせいか、思考による気づきが一番少ないように感じる

  • 相手の人が自分の話しに興味があるかどうかがわからないことが多く、一方的に話し続けてしまう

  • 自分に興味のある話し限定でコミュニケーションをとるのが好き

  • 人が困っていたり悲しんでいたりなど 、表情や雰囲気から感情が読めない

  • 体の一部が人に触れるようなボディタッチが多い

  • トラブルになることが多いが、自分が悪いという認識がない

  • ストーカーになることがある

  • コミュニケーションにおいて、相槌が極端に少なく、「キャッチボール」というよりも「バッティング」のようなコミュニケーションになる

  • どのタイプよりも比較的恋愛に発展しやすい

  • 知り合って間もないのにプライベートな事を話す