アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害のアスペルガー症候群(ASD)の2E。元カウンセラー、元mensa会員。ここだけの超専門的な情報や知識などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。

 

 

Select Langage

 

発達障害アスペルガーの子供の対応方法・接し方

今回も質問を頂いたのでお答えしていきます。

今回の質問はこちら。

 

こんばんは。

先日は質問のご回答をありがとうございました。

ブログを少し、興味深く拝読しました。

なっさんは授業期から既に不安が強かったように思われますが、家族、特

にお母様にはどのように振る舞って欲しかったですか。

望んでいたことは何ですか?

また、されて嫌なことはどのようなことがありましたか?

 

母親からどのように振る舞って欲しかったですか?

望んでいたことは何ですか?

されて嫌なことはどのようなことがありましたか?

ということですね。

 

発達障害アスペルガーの子供の対応方法・接し方

そうですね。

母親からは決めつけで頭ごなしに接してこられて、関西人特有の相手の心に土足で踏み

込むような接し方をされてきたので、それを止めて欲しかったです。

 

色々質問するなど、理解しようとする接し方をして欲しかったですね。

あとは愛情などと言いながらビンタするという虐待もやってはいけないと思いますし、

個性や人格の否定もやってはいけないと思います。

 

就職活動の時には、大きな会社に勤めて絶対やめてはいけないということを刷り込もう

ともしてきました。

 

老害毒親の周囲の人の声

世間一般では親の気持ちも考えろとか親が心配しているとかそういう風に言うと思うん

ですけど、それが理由で価値観の押し付けや精神的な支配ってしちゃダメでしょって思

うんですよ。

 

子供は親の所有物じゃない、そういう根本的なことが分かっていない親が多すぎますよ

ね。

 

親には色々言ってきたし、それなりのサインを出してきたんですけど、分かってくれな

かったですね。

 

人間歳をとるたびに価値観が固まっていくものだとは思います。

でも時代は変化するので、その時代に合わせるように自分も変えていかないと結局弱者

になると思うんですよ。

 

それが攻撃性として出ると、それはもはや老害だと思うんです。

それで、そういうことをする親のことを毒親とも言うと思います。

 

そういう人は時代の変化に適応するということと、人との接し方という基本的なことを

まず覚えた方がいいと思います。

 

情報元はこちら

www.youtube.com