アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラム(ASD)アスペルガー症候群の2E。元カウンセラーで元mensa会員。ここだけの超専門的な特徴や対処法などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。

 

 

Select Langage

 

アスペルガー尊大型の顔つき目つきの特徴を持つ有名人芸能人

アスペルガー症候群は発達障害の自閉症スペクトラムの一種だ。

さらに、アスペルガー症候群は5つのタイプに分類される。

  • 孤立型
  • 受動型
  • 積極奇異型
  • 尊大型
  • 大仰型

20180119224731

そんな発達障害アスペルガー症候群には「尊大型」と呼ばれるタイプがある。

 

身近なところにアスペルガー尊大型の人がいる人はピンとくると思うが、

このタイプは頭が良く特定の才能はある。

 

しかし、

  • なんでも人のせいにする
  • 正論をよく言う
  • 怒りやすい
  • 自分のことしか考えていない

という特徴を持つので、アスペルガーの中でも一番嫌われやすいタイプだ。

 

アスペルガー症候群の男性の妻が、うつとよく似た症状になる「カサンドラ症候群」になってしまうのも、

 

実は夫が

  • アスペルガーだからではなく
  • アスペルガー尊大型だから

ということが多い。

 

このブログの筆者であるなっさんは、元尊大型で妻をカサンドラ症候群に追い込んでしまいそうになったことがあって、尊大型の要素を抜いていったのでよくわかる。

 

そして、そんなアスペルガー尊大型と職場や街中で接する事になると、被害を被る事もあるかもしれない。

 

人のせいにして正論を言うだけでなく、気難しいという特徴も併せ持つ。

こだわりが半端じゃないのだ。

 

一時期流行したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の男性主人公(アスペルガー孤立型)に、

  • 人のせいにする要素
  • 怒りやすい要素

を加えたようなタイプだ。

 

目次

アスペルガー尊大型の顔つき目つきの特徴

そんなアスペルガー尊大型には外見や容姿の特徴の傾向がある。

この特徴を踏まえておけば、尊大型を外見だけで判断できるかもしれない。

 

では、アスペルガー尊大型の外見や容姿にはどんな特徴があるのか。

 

全員ではないが、特に「悪化した尊大型」は目の奥が笑わないという特徴がある。

印象としては、目が逝っちゃってる印象を感じる。

 

そして、目の奥が笑わないということは、

  • 心が冷めている
  • 共感できない

という心理が隠れている。

 

 

「あなたの気持ちなんてわからないよ。

そんな事よりどう解決させるかの方が大事じゃね?」

 

 

という本音を持っている。

 

中には

  • 論理性に乏しく
  • ただ理不尽に怒って
  • 相手のせいにする

積極奇異型の派生タイプの尊大型もいるが、

 

尊大型の多くは、

  • 感情より理論が優先して働くので
  • 度々相手への感情的配慮を無視し
  • 合理的または理論的に言い負かしてくる

孤立型の派生タイプだ。

 

アスペルガー尊大型の顔つき目つきの特徴を持つ有名人芸能人

アスペルガー尊大型の「目つき」の具体例として、実際に人物を挙げていこう。

なっさんから見て、アスペルガー尊大型だと思う有名人芸能人は二人いる。

  • 漫画家の通称えびっさんこと、蛭子能収
  • お笑いコンビのウーマンラッシュアワーのクズこと、村本

の二人だ。

 

おそらく二人とも未診断かつアスペルガーの自覚がない「サイレントアスペルガー」だろう。

 

アスペルガー症候群は、尊大型に限らず自覚がないと悪化しやすい。

 

この二人がどんなエピソードを持ってるかを知りたい人は、Youtubeで検索するといいだろう。

 

アスペルガー尊大型の顔つき目つきの特徴を持つ有名人芸能人、最後に

アスペルガーに限らずなんでもそうだが、「アスペルガー」という大きいくくりで見て、「アスペルガー=嫌われ者」と判断するのはやめてほしい。

 

 

なんでも細分化することが重要なのだ。

 

 

上記のように嫌われやすいタイプのアスペルガーもいるが、

多くのアスペルガーの人は

  • 真面目
  • 素直
  • 正直

な特徴が前面にでている人が多い。

 

「アスペルガー=嫌われ者」というレッテルを貼る人がネットを中心に増えている。

そして、これはちょっとした社会現象になっている。

 

繰り返すようだが、アスペルガーに限らずなんでも細分化して見てほしい。

そうすることで、「情報の実態」が見えやすくなる。

 

ということは、嘘に溢れたネット情報に騙されにくくなるということだ。