アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害のアスペルガー症候群(ASD)の2E。元カウンセラー、元mensa会員。ここだけの超専門的な情報や知識などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。

 

 

Select Langage

 

アスペルガー症候群のタイプや種類の変化、ストレスについて

今回も質問をいただいたんでお答えしていきます。

今回の質問はこちら。

 

質問させていただきます。

現在大学院生をしている者です。

幼少期より周りの子供に馴染めず、自分の感情や考えを周囲の大人に伝え

ようとしても理解されず、孤独感を感じながら生きてきました。

人付き合いはそこそこうまくやっていきながら大学まで進学したのです

が、そこで体調を崩し双極Ⅱ型障害の診断を受けました。

それより5年ほど寛解を目指し服薬を続けながら暮らしていたのですが、

最近新しい主治医にアスペルガーとの診断を受けました。

アスペルガーについて調べていくうちに、こちらのブログを見つけ拝読し

五つの型の記事にとても納得がいきました。

振り返ると僕は、受動型→積極奇異型→尊大型→大仰型→孤立型と変化し

ていったように思います(最近になって人と折り合おうと努めることに疲

れてしまったのだと思います)。

ですが余裕がなくなった時など、ふとした拍子に昔の型に戻る時があり、

特に尊大型のようになって周囲の人を詰問してしまうと、後になって非常

に後悔します。

自分としては孤立型を保ちたいのですが、どのようにすれば型を安定させ

ることができるのでしょうか?

長文になりましたがよろしくお願いいたします。

 

アスペルガー症候群のタイプや種類の変化

余裕がなくなった時など、ふとした拍子に昔の尊大型のようになって、周囲の人を詰問

してしまうと、後になって非常に後悔します。

自分としては孤立型を保ちたいのですが、どのようにすれば型を安定させることができ

るのでしょうか?

ということですね。

 

そうですね。

僕もストレスが蓄積したり精神状態が悪い時は尊大型のようになってしまいます。

 

そうならないようにするためには自分の機嫌を取ること、つまりストレスによる精神衛

生面の管理をするようになります。

 

相対評価と絶対評価

具体的にどうすればいいかというと、思考の工夫します。

ストレスというのは大抵、人間関係によってもたらされると思いますが、その人間関係

の中でも「比較してしまう」ということにあると思います。

 

比較をするような「相対評価」ではなく、比較をしないような「絶対評価」をする思考

の癖を身につけるといいと思います。

 

相対評価をすると、悪いことが浮き彫りになりやすく悪いことに意識が向いてしまいま

す。

それでは自分の精神状態が下がってしまいます。

 

なので、自分や周囲の人と比べて、あの人はなんでこうなんだろうという相対評価では

なく、この人のいいところはここ、この人の悪いところはここというような絶対評価を

癖つけるといいと思います。

 

相手の悪いところを見つけても、自分や他人と比較をしない限りはストレスになりにく

いです。

 

だから絶対評価を癖づけるのは有効だと思います。

 

情報元はこちら

www.youtube.com