アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害のアスペルガー症候群(ASD)の2E。元カウンセラー、元mensa会員。ここだけの超専門的な情報や知識などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。

 

 

Select Langage

 

アスペルガー症候群とは(特徴・症状・孤立型・受動型・積極奇異型・尊大型・大仰型)

アスペルガー症候群とは、先天性の脳機能障害のことで発達障害の中の自閉症スペクトラムの中に分類される。

 

さらに、アスペルガー症候群は5つのタイプに分類される。

  • 孤立型
  • 受動型
  • 積極奇異型
  • 尊大型
  • 大仰型

20180119224731

そんなアスペルガー症候群だが、本質としては感情把握機能の低下と考えていいだろう。

だから自分の感情にも気づきにくい。

そのため他人の感情もわかりにくいのだ。

 

例えば、ストレスや嫌な感情に気づきにくいタイプはストイックや努力家であることが多い。

気づきにくいだけでその感情は備わっている。

だから過剰にしすぎるとストレスにより体調を崩す。

 

そして、普通の人が持つ特徴を極端にしたような状態でもある。

例えば、誰でも得意不得意はあると思うが、アスペルガー症候群の人は極端だ。

 

さらに、アスペルガー症候群の人は「納得」という言葉がキーワードになる。

物事への理解や感覚過敏によるストレスなど、納得すれば話しが早い。

 

アスペルガー症候群の人は納得がいかないことはしないと思うが、納得いかないことにストレスを感じるからだ。

 

聴覚過敏を持っていて大きな音にストレスを感じる人でも、自分が出した大きな音にはストレスを感じないはずだ。

 

さらに、「今から大きな音を出すよ」と事前に宣告してあれば、大きな音に対する音によるストレスも軽減されるはずだ。

 

これは、納得しているかどうかが大きく関係している。

 

そういう本質があるために様々な特徴が出てくるようになる。

アスペルガー症候群と言っても、タイプによって特徴がまるで違う。

 

  • 積極奇異型は感情型
  • 受動型は中間型
  • 孤立型は思考型

というのが大まかな特徴になる。

 

さらにアスペルガー症候群のタイプは年齢や環境によって変化することも珍しくない。

幼少期は活発だったが、思春期には大人しくなったという話しも珍しくない。

 

このブログの筆者であるなっさんも、大仰型以外の4つのタイプを経験している。

今は孤立型よりのミックスタイプだ。

 

アスペルガー症候群にはどんな症状や特徴があるのか、また、タイプによってどんな違いがあるのかをまとめていこう。

 

アスペルガー症候群の症状とは

アスペルガー症候群の症状は三つある。

  • コミュニケーションの障害
  • 対人関係の障害
  • 特定の物事にこだわり・興味・関心が偏る

 

アスペルガー症候群の特徴とは

アスペルガー症候群の特徴はタイプによって違いがあるが各タイプ共通の特徴もある。

  • 曖昧な表現がわかりづらい
  • 白か黒、0か1か考える白黒思考
  • 得意不得意、興味の有無が激しい
  • 興味のないことはかなり理解しづらい
  • 視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚など何かしらの感覚過敏を持つ
  • 普通の人とコミュニケーションがずれる
  • 冗談が通じにくく言葉を額面通りに受け取る
  • 暗黙の了解や言葉の意図がわかりづらく空気が読めない
  • 本質は真面目で素直で正直

などだ。

 

では、タイプ別にはどういう違いがあるのか。

 

孤立型の特徴とは

孤立型とは内向型と呼ばれ、アスペルガー症候群の中でも

  • こだわりの強さが前面に出るタイプで
  • 感情よりも思考優位のタイプで
  • いろいろよく考えるタイプ

だ。

 

頭がいい。

難しいことを考え難しいことをよく言う。

 

だから普通の人とコミュニケーションがよくずれる。

さらに自分ルールが強いので、人付き合いを避けるようになる。

 

頭も良く自分ルールも強くて好みも激しいので、好きなことを追求させると能力を発揮できるようになる。

その環境がなければ引きこもりやすくなる。

 

すぐわかる特徴としては、無表情で声の抑揚がなく目がキリッとしていて細め。

 

孤立型の人物の例をあげるとするなら、個人的な見解だが一時期流行ったドラマ「逃げはじ」の男性主人公が該当すると思う。

少し大仰型も入ってるかもしれないが。

 

受動型の特徴とは

受動型とは内向型と呼ばれ、アスペルガー症候群の中でも

  • 自分の感情がわからないという特徴が前面に出るタイプで
  • 一番自己主張が一番少ないタイプ

だ。

 

だから、そもそもわからないことがわかっていない。

 

受動型の人は自分のことを話すのが一番苦手だ。

自分のパーソナリティの部分の質問をされたら「う〜ん」と言って話しが進まない。

自分の状態が大丈夫なのか大丈夫でないのかもわかっていない。

 

そして、曖昧な表現もわかりづらく「あれ」「あそこ」と言われてもピンとこない。

さらに、人に流されやすく押しにも弱く優柔不断に見られる。

 

アスペルガーの各タイプの中でも性格が優しく人から一番好かれやすいタイプだ。

 

受動型の人物の例をあげるとするなら、個人的な見解だがダイヤモンドユカイさんが該当すると思う。

 

積極奇異型の特徴とは

積極奇異型とは外向型とか愛着型と呼ばれ、アスペルガー症候群の中でも

  • 人間関係において積極性が一番高いタイプで
  • 人との心理的距離感や物理的距離感がわからない特徴が前面に出るタイプで
  • 思考より感情が優位なタイプ

だ。

 

だから、アスペルガー症候群の中でも恋愛には発展しやすいタイプだ。

 

積極奇異型の人は普通の人と接していても、話す時の距離や体の一部が触れる、声が大きいなど物理的距離感がわかっていない。

 

そして、初めて会った人にプライベートな話しをしたりストーカーをしてしまったりなど、心理的距離感もわかっていない。

 

さらに、自分にとって興味のある話しをし続けるため、相手が困惑する。

会話ではキャッチボールというよりバッティングをよくする。

相槌など、相手が言ったことに反応がなく、そのまま自分の意見を返すような感じだ。

 

積極奇異型は感情優位なタイプなので、そういうところにも気づきにくい。

だから、アスペルガー症候群の中でも尊大型と並んで一番嫌われやすいタイプだ。

 

積極奇異型の人物の例をあげるとするなら、個人的な見解だがパンサーの尾形さんが該当すると思う。

 

尊大型の特徴とは

尊大型とは、孤立型の派生タイプでアスペルガー症候群の中でも

  • 感情より思考優位なタイプで
  • なんでも人のせいにするタイプで
  • 一番ストレスが大きいタイプ

だ。

 

尊大型は元々孤立型だ。

孤立型の時に親や周囲の人たちから否定され続けて承認欲求が爆発したタイプだ。

 

だから、自分のことを認めて欲しいという願望が根底にあり、自分とは違うタイプや理解できないタイプを攻撃する。

 

そして、思考型なので感情面や人情や共感などは理解できずに価値の低いものだと解釈し、論理性や合理性を重視する。

 

尊大型の人と長く一緒の空間にいる人は鬱のような症状が出てくることがある。

これはカサンドラ症候群と言われるものだ。

 

だから、嫌われやすいアスペルガー症候群の中でも積極奇異型と並んで人から一番嫌われやすいタイプだ。

 

尊大型の人物の例をあげるとするなら、個人的な見解だが

  • 蛭子能収さん
  • ウーマンラッシュアワーの村本さん

が該当すると思う。

 

そしてよくアニメや漫画のボスキャラで、人を憎んで自分の歪んだ世界を築こうとして悪事を働いているキャラがいると思うが、こういうキャラは尊大型キャラだと感じる。

 

大仰型の特徴とは

大仰型とは、孤立型の派生で社会に適応するためにパターン化したタイプ。

 

アスペルガー症候群の中でも

  • 感情より思考優位なタイプで
  • 真面目すぎるを通りこして堅いタイプ

だ。

 

大仰型は元々は孤立型なのだが、真面目すぎるために社会に適応しなければならないと感じて、無理やり適応させるために自分の中でパターンを作っていると考えられる。

 

そのため誰に対しても不自然なほど過剰な丁寧語を使い、動きもゆっくりだ。

まるで修行僧を連想してしまう。

 

大仰型の人物の例をあげるとするなら、漫画「おぼっちゃまくん」に登場する折目正(おりめただし)くんが該当すると思う。