アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラム(ASD)アスペルガー症候群の2E。元カウンセラーで元mensa会員。ここだけの超専門的な特徴や対処法などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。

 

 

Select Langage

 

高IQなギフテッドと発達障害アスペルガーの特徴と違い

「アスペルガー症候群」「ギフテッド」というものは混同されやすい。

 

アスペルガー症候群は、発達障害の中の自閉症スペクトラムの中に分類されていて、

ギフテッドは「才能」と言われている。

 

ギフテッドもアスペルガーと同じ先天性のもので同じような特徴があるが、ギフテッドは障害ではない。

 

ギフテッドである事で困っている人が少ない、もしくは困る程度がそこまで高くないために障害に認定されていない。

 

アスペルガーとギフテッドは似ているところも多いが、どういう違いがあるのだろうか。

 

まとめてみた。

 

発達障害アスペルガー症候群の症状

アスペルガーは3つの特徴がある。

  • コミュニケーションの障害
  • 対人関係の障害
  • 特定の物事へのこだわり

の3つだ。

 

自分や相手の感情が感覚で感じ取りにくく感覚過敏という特徴を持つため、特定の物事へ過集中してしまう。

だから、上記の3つの障害が現れるのだ。

 

発達障害アスペルガーの特徴

アスペルガーの一般的な特徴は以下の通り。

  • 自分の感情や相手の感情がわかりにくい
  • 得意なものと苦手なものの差が激しい
  • 一般的に平均IQはそんなに高くない
  • 運動能力が低い
  • 同時に多くのことをできない
  • 完璧主義
  • 自分ルールやこだわりが強い
  • 感覚過敏があり、過集中を起こす
  • 感覚過敏があり、たくさんの音の中では目の前の人の話し声が聞き取れない
  • 素直で純粋
  • 恐怖心が強い
  • ルーチンワークが向いている

 

ギフテッドの特徴

では、ギフテッドの特徴はどうだろうか。

ギフテッドの一般的特徴は以下の通り。

  • 得意なものでは群を抜いている
  • 他の人の事を思いやる事ができる
  • 過集中する
  • 運動能力が高い
  • 記憶力が優れている
  • 完璧主義で自分や周りの人が完全でない事にフラストレーションを感じる
  • 集中力が高い
  • 直感力が強く物事の判断が早い
  • 素直で純粋
  • 行動力がある
  • エネルギーがあり余っている
  • 年齢の割に語彙力が高くよく喋る
  • 平均的IQが高い
  • 物事を学ぶのが早い
  • 好奇心や探究心が旺盛
  • 正義感が強い
  • 深い話しが好き
  • 既存のIQテストではバラツキがあるが抽象化思考ができるため、本質的にIQが高い
  • 過度激動(OE)がある

 

wikipediaより一部抜粋

一般的にギフテッドは同年の人間より速く、深く、広く学ぶ。

しかしこれは個人差がある。

ギフテッドの子供は幼いうちから話したり文字を読んだりするが、必ずしもこれが全てのギフテッドの幼少期にあてはまる特徴というわけではない。

ずいぶん年上の子供と同レベルで学習することもある。

高い論証能力、独創性、好奇心、想像力、洞察力、芸術性、共感的理解、豊富な語彙、優れた記憶力を持つ傾向にある。

わずかの反復で全体概念を修得しやすい傾向がみられるが、個人差がある。

 

肉体的、精神的に繊細で敏感であったりする。

幼少時から優れた論法や推論力を示し、文章または口頭で豊富な語彙を用いることができ、使う語彙に対して鋭敏である。

おしゃべりまたは早口であったり、並外れた集中力、幅広い関心、創造性豊かで限りない知識欲、深い分析力、優れた記憶力を持ち、知的好奇心や独創性に富み、鋭い質問をしたり、一風変わった考えを持つこともある。

深く速く理解し、短期間の復習で課題を修得でき、その内容を詳細に理解しており、原理や概念を示すことができる

 

コミュニケーション能力に優れ、道徳心、責任感、高い洞察力、共感的理解、問題解決能力などの高いリーダーシップ力を潜在能力の特徴として指摘されている

 

過度激動とは刺激に対する高い反応能力のこと を指しており、 生まれながらの「激しさ」 のことである。

 過度激動は創造的な人々やギフテッドの人々により強く表れる。

  1. 精神運動性OE:一般的に「落ち着きがなく頭の回転が速い」印象を与えるもので、身体的多動だけでなく、話すスピードが速い、話が一気に飛躍する、頭が働いて眠れない、という精神的多動を示す。

  2. 知覚性OE:「神経質」という言葉で表される性質で、増長した知覚意識を持ち、まぶしい光、大きい音、匂い、触感など感覚器官に与えられた刺激に過剰に反応する。
    靴下の縫い目や服のラベルが気持ち悪かったり、隣室の時計の時を刻む音が気になって集中できない、などの例がある。
    鋭い感性は、幼少の頃から絶景に息を呑み、名曲に涙を流すといった美的感覚にも通ずる。

  3. 想像性OE:隠喩などの詩的表現に優れる。
    「注意力散漫」と見られ、「おとぎの国の住人」と揶揄されるほどの強い想像力をもつ。
    白昼夢を楽しみ、前夜見た夢にも過剰に反応する。
    いわゆる英語圏で言うところの、"think out of the box"(枠にとらわれない独創的な考え方)あるいは"think different"ができる能力として賞賛される資質である。

  4. 知性OE:一般に広く知られているギフテッドの特徴。
    知識とロジック、新しい意味を渇望し、疑問を追求し、理論的な分析や真実の探求を愛する。
    そのため高度な科学・ドキュメンタリー番組を好んで見たり、頭脳パズル、知覚・論理ゲームを好む。

  5. 感情性OE:感情の種類と幅が大きく「ドラマチック」な反応を示す。
    より楽しみ、より悲しみ、より腹立ち、より驚き、より恐れ、より共感する。
    深く感情移入し、愛着心、責任感、自省意識も非常に強い。
    ある程度の人生経験を持つギフテッドには、相手の気持ちを鏡のようにリアルタイムで読取り、共感する人もいる。
    ギフテッド - Wikipedia

 

発達障害アスペルガーとギフテッドの特徴の共通点

そんなよく似たアスペルガーとギフテッドなので、特徴の共通点がある。

アスペルガーとギフテッドの特徴の共通点は以下の通り。

  • 過集中する
  • 完璧主義
  • 素直で純粋
  • 集中力が高い
  • 感覚過敏(一部)
  • 論理的な思考が強い(一部)

 

発達障害アスペルガーとギフテッドとの明確な違い

では、そんなよく似たアスペルガーとギフテッドだが、明確な違いはなんだろうか。

明確な違いは以下の通り。

 

一般的なアスペルガー特有の特徴

  • リーダーには向いていない
  • 想像力に欠ける
  • ルーチンワークが向いている
  • 冗談が苦手
  • 人の感情を読むのが苦手
  • 運動能力が低い
  • 全般的に平均IQがやや低め

 

一般的なギフテッド特有の特徴

  • 結果と原因の関係に興味をもつ
  • 規則や法則性の理由を知りたがる
  • 色々な可能性をみる
  • リーダーシップを発揮する
  • 想像力が豊か
  • ルーチンワークを嫌う
  • ユーモアのセンスがある
  • 神・愛・正義・平等などの抽象的概念について話すのが好き
  • 人を思いやることができる
  • 直感力が強い
  • エネルギーがあり余っていて行動力が高い
  • 語彙力が高い
  • 物事の吸収・上達が早い
  • 運動能力が高い
  • 深い話しが好き
  • IQテストでは高い点数が出ない事もあるが、本質的にIQが高い

 

以下は優秀な子供とギフテッドの子供の行動の違いだ。

 

wikipediaより一部抜粋

優秀な子供(Bright Child) ギフテッド(Gifted Child)[26][27]
答えを知ってる 質問する
反復6-8回で修得する  反復1-2回で修得する
質問に答える 詳細を討論する、話をそこから展開できる / 質問に疑問をもつ
成績はトップグループ グループ枠を超えた成績
アイディアを理解できる 抽象化思考ができる
興味を示す 非常に好奇心が強い
一生懸命に努力する  遊びながら、集中力に欠けたり、でもよい成績をとる 
同学年の生徒といるのを好む  大人や年上の生徒といるのを好む
よい暗記力  よい推測力
よいアイディア  常識外れたアイディア(とっぴな、ばかげたアイディアに見える)
簡単に学ぶ  退屈、すでに答えを知ってる
学校が好き 学ぶことが好き(でも学校は好きではない)
受容的  真剣、情熱的
自己満足する(正解した時) 厳しい自己評価(完璧主義)
精巧に真似ができる 新しいデザインを創造する
興味を持って聞く 強い情感と意見を表す
単純で順序立てたやり方を好む ゴールを明確に設定し、そこから逆算する。複雑さを求めているような誤解を受ける 
注意深い  心身ともに熱中、没頭する

ギフテッド - Wikipedia