アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラム(ASD)アスペルガー症候群の2E。元カウンセラーで元mensa会員。ここだけの超専門的な特徴や対処法などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。そして同じような人と繋がっていきたいので多くのコメントやメッセージを寄せてほしい。

 

 

Select Langage

 

IQや知能指数が高い天才発達障害アスペルガーは生き辛い

アスペルガー症候群は、発達障害の中の自閉症スペクトラムの中に分類され、

さらに、タイプが5つに分類されている。20180119224731

そんな発達障害アスペルガー症候群は、

  • 独特のコミュニケーション
  • 特定の物事へのこだわり
  • 人間関係の構築が苦手

という特徴が目立ち、社会の中で孤立したポジションについてしまいやすいが、実はアスペルガー症候群の人は定型発達の人に比べたら、比較的IQや知能指数が高い人が多い。

 

その中でも、「孤立型」「大仰型」「尊大型」の人がIQや知能指数が高い人が多い。

 

積極奇異型➡︎受動型➡︎孤立型(大仰型・尊大型)という流れと、

感情型➡︎思考型という流れはほぼ比例していると言っていいだろう。

 

人と関わりたくないアスペルガーほど、IQや知能指数が高いタイプが多い「傾向」にあり、人と積極的に関わろうとするアスペルガーほどIQや知能指数が低い「傾向」にある。

 

そして、IQや知能指数が高いアスペルガーの人は「IQの高低幅」が広いので、IQの高い瞬間とIQの低い瞬間の差が激しい。

 

目次

IQや知能指数が高い発達障害アスペルガーは超マイノリティ

アスペルガー特有の特徴・特性と高IQ特有の思考パターンを併せ持つので、「超マイノリティ(超少数派)」になり周囲から浮く。

 

そして承認欲求がたまり、プライドの高いタイプは「他責」し、プライドの低いタイプは「自責」する。

 

この「高IQの他責するアスペルガー」「尊大型」と言われる、アスペルガーの中でも一番厄介なタイプだ。

 

IQや知能指数について

IQやあ知能指数が高いといいように思われやすいが、結局は「隣の芝生は青く見える」だけだ。

いつだって少数派は認められないし、淘汰されやすい。

 

なぜなら普通の人は「理解」できないからだ。

定型発達の人が、アスペルガーや自閉症の人の事を理解できないのと同じなのだ。

 

仮に、天才的な名医がいたとして、普通の人から見たらその天才は「バカ」にしか見えないだろう。

 

普通の「モノサシ」で測ると、明らかにおかしい事を言っているからだ。

普通の人は天才的な名医のことを「ヤブ医者」と判断するのだ。

 

しかし、天才から天才を見たときは天才だと評価できるが、その評価を普通の人に噛み砕いて説明しても理解できないので、バカが2人いるようにしか見えないだろう。

 

多くの人が普通の人なので、普通の人が支持する対象は、あくまでも普通より少しすごいくらいのものだ。

 

したがって、「本物の天才たち」が世に出ていない事も十分に考えられる。

 

結果さえ出せば理解できるだろうと思うかもしれないが、「すごい結果」を目の当たりにしても、それがすごいかどうかがわからない人も多い。

 

IQや知能指数が高い天才発達障害アスペルガーは生き辛い、まとめ

  • 積極奇異型➡︎受動型➡︎孤立型 = 感情型➡︎思考型
  • 孤立型ほど高IQ「傾向」にあり、積極奇異型ほど低IQ「傾向」にある
  • IQの高いアスペルガーの人は「IQの高低幅」が広いので、IQの高い瞬間とIQの低い瞬間の差が激しい
  • 承認欲求とプライドの高いタイプは「他責」し、プライドの低いタイプは「自責」する
  • 「高IQの他責するアスペルガー」は一番厄介なタイプ「尊大型」
  • IQが高いのは少数派だから認められないし、淘汰されやすい

  • 普通の人は天才的な名医が「バカ」にしか見えない