アスペルGUY

高IQギフテッドと発達障害自閉症スペクトラム(ASD)アスペルガー症候群の2E。元カウンセラーで元mensa会員。ここだけの超専門的な特徴や対処法などを書いている当事者ブログ。他にも精神障害・ADHD・IQや知能指数・mensaの事なども書いている。幼少期からの重度の不眠症や自律神経失調症を独学と分析により完全克服した経験がある。そして同じような人と繋がっていきたいので多くのコメントやメッセージを寄せてほしい。

 

 

Select Langage

 

精神病の薬は飲むべき?飲まない方がいい?

そういえば、昔ね、講演会をしたことがあったなぁって最近思い出して、その時の話をしようかなと思います。

 

発達障害やアスペルガーの講演会に集まった人たち

どんな講演会かって言うと、

僕が発達障害とかアスペルガーの当事者で話をします的な、適当に集まってくださいみたいなそんな感じやったんですけど、来てくれた人はね、当事者じゃないんですよね。

 

臨床心理士やってますとか、医者になりたいですそのために学校行ってます、的な人が集まったんですよ。

そういう肩書きを持ってる人たちね。

 

その人たちの前で僕が話をするって何か変な奇妙な感じになったんですけど、その時に医者目指してますっていう人に質問されたことがあって、

どうしても聞きたいことがあるということで、なんかなーと思って聞いてたら、不眠症とか自律神経失調症とか精神状態がよくないときに飲む薬ってあるじゃないですか。

あれって、飲んでも治らないんだったら飲まない方がいいんじゃないすか?

なんで飲むんですか?みたいな。

 

そういう質問されて、必要ですか?とか言われて、

んで、それに対して自分なりの答えを出したんですよ。

 

で、その答えっていうのが、結論から言うと飲んだ方がいいですって言ったんですよ。

 

問題を解決させるための考え方

なんでかって言うと、何でもそうなんですけど、問題解決する時は表面的な対策、ま、ごまかしような対策と根本的な対策両方を同時に打っていくと効率よく治すことじゃないわ効率よく問題を解決させることができるっていう流れがある。

 

例えば鬱の人とか不眠症の人とか薬を飲まずに治すこともできなくはないけど難しくなる。

 

なんでかって言うと体調が悪いから思考力も落ちるし元気もないしそんな状態でそんな状態の時だったら治すエネルギーがないからあんまり行動とかできないんですよね。

 

だからごまかしでもいいし一瞬でもいいしなんでもいいからとりあえず体調を良くして治すためのエネルギーを戻さないといけないと思うんですよ。

 

それが薬を飲んで一時的に体調を良くするっていう。

ごまかしの対策ですよね。

 

これをやっていきつつ根本的にも治す、生活習慣の見直しとかもそうやけどまぁそういう根本的な対策も打っていくんですよね。

 

そうすると効率よく治せますと。

もちろん薬だけ飲んでも当然治らないですよね。

根本的な問題が治ってないんで。

 

さっきも言ったように根本的な対策だけを打とうと思ってもまぁなかなかしんどいんで、両方の対策があったら効率よく治すことができる解決することができると思いますみたいなこと言ったら、あーなるほどみたいな腑に落ちたような感じでした。